Excel2002パーフェクトマスター(WindowsXP版)

概 要

本書は、OfficeXPスイート中のExcel2002を題材に、好評のパーフェクトマスターシリーズとしてまとめたものです。日常の計算処理から、複雑で高度なシートの作成まで、ワークシートでの作業効率を向上させる様々な技法を、豊富な図版と共に詳細に解説しました。Excelの全機能バイブルとしてご利用ください。最新OSであるWindowsXPに対応しています。

著者 青空研究会Excelチーム
価格 本体2500円(税別)
ISBN 4-7980-0249-6
発売日 2002/01/31
判型 B5変
色数 4色
ページ数 816
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ パーフェクトマスター
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 Excel2002の概要

1.1 Excel2002の機能と概要

1.2 Excel2002に必要な環境

1.3 Excelの起動と終了

1.4 Excel2002の基本画面

1.5 ウィンドウの基本操作

1.6 メニューの使い方

1.7 ツールバーの使い方

1.8 わからない操作を調べる

第2章 データの入力操作

2.1 Excelで扱えるデータの種類

2.2 データを入力する

2.3 連続するデータを自動入力する

2.4 データを修正する

2.5 元に戻すコマンドで操作を取り消す

2.6 データを複写する

2.7 オートフィルでデータを複写する

2.8 クリップボードからデータを複写する

2.9 データを移動する

2.10 セルを挿入する

2.11 データをクリアする

2.12 セルを削除する

2.13 コメントを入力する

2.14 入力規則を設定する

第3章 数式の入力操作

3.1 Excelの数式の機能と特徴

3.2 数式を入力する

3.3 セル参照の概念を知る

3.4 セルを参照する数式を入力する

3.5 数式を編集する

3.6 数式のエラーを修正する

3.7 文字列を連結する

第4章 関数の基本操作

4.1 Excelの関数機能の概要

4.2 関数を入力する

4.3 関数を編集する

4.4 数学/三角関数を使う

4.5 統計関数を使う

4.6 日付/時刻関数を使う

4.7 文字列操作関数を使う

4.8 財務関数を使う

4.9 論理関数を使う

第5章 体裁を整える操作

5.1 文字のサイズとフォントを変更する

5.2 文字を装飾する

5.3 文字の配置を変更する

5.4 漢字にふりがなをふる

5.5 表示形式を変更する

5.6 列幅と行の高さを変更する

5.7 罫線

5.8 セルの色を変更する

5.9 セルにスタイルを利用する

第6章 グラフの基本操作

6.1 グラフの作成の基本

6.2 絵グラフの作成

6.3 複合グラフの作成

6.4 グラフエリアの操作

6.5 グラフの書式設定

6.6 グラフ情報の登録

第7章 図形・画像の基本操作

7.1 図形や画像の表示についての基礎知識

7.2 図形を描画する

7.3 図形の基本操作

7.4 図形の配置と取り扱い

7.5 図形を加工する

7.6 図形を立体的に表示する

7.7 ワードアートの挿入と編集

7.8 図や画像データを挿入する

7.9 組織図の作成と編集

第8章 データの加工機能

8.1 検索機能の活用

8.2 文字列の置換

8.3 ジャンプ機能による検索

8.4 データの並べ替え

8.5 表のアウトライン化

8.6 文字データを整える

8.7 データを含むセルの分割

8.8 リストとフォーム

第9章 データの分析機能

9.1 フィルタによるデータ抽出

9.2 Lookupウィザード

9.3 集計

9.4 ピボットテーブル

9.5 ワークシートの統合

9.6 シナリオの作成

9.7 ゴールシークの活用

9.8 ソルバーの利用

9.9 分析ツール

9.10 ワークシート分析

第10章 ワークシートの基本操作

10.1 ワークシートの基本操作

10.2 ワークシートの表示形式を変更する

10.3 複数のシートを効率よく扱う

10.4 ワークシートの保護

第11章 ファイルの基本操作

11.1 Excel2002が扱うファイル

11.2 ブックの操作

11.3 テンプレートの利用

11.4 作業状態の保存

11.5 ブックの保護

11.6 ファイルの検索

11.7 外部データの読み書き

第12章 印刷の基本操作

12.1 印刷の準備

12.2 印刷の実行

12.3 印刷範囲の指定

12.4 印刷レイアウトの設定

12.5 用紙サイズに合わせる設定

12.6 印刷プレビューの表示

12.7 改ページの位置の調整

12.8 高速印刷する

12.9 連続印刷する

12.10 印刷設定を登録する

第13章 カスタマイズの基本操作

13.1 ツールバーとメニューバーのカスタマイズ

13.2 画面表示のカスタマイズ

13.3 編集操作のカスタマイズ

13.4 ダイアログボックスのカスタマイズ

13.5 アドインツールのインストール

第14章 インターネット機能の活用

14.1 Excelのデータを電子メールで送信する

14.2 ワークシートにハイパーリンクを組み込む

14.3 Webページで保存する

14.4 Web上からデータを取り込む

14.5 オンライン会議に必要な環境を整える

14.6 オンライン会議を始める

第15章 マクロの基本操作

15.1 マクロとは

15.2 マクロの記録

15.3 マクロの登録

15.4 Subプロシージャの作成

15.5 ユーザー定義関数の作成

付録

関数一覧

Excel2002の仕様

索引

目的別総索引

用語索引

 コラム

ファイルを保存して終了するには

Excel画面のカスタマイズ

ウィンドウを画面全体に表示するには

ショートカットキー

ショートカットメニュー

不要なボタンを非表示にするには

ライセンス認証

ライセンス認証に関する注意

増分を指定して入力するには

数式バーからデータを修正するには

3つ前の操作段階に戻すには

貼り付けのオプションを指定するには

コピーを連続データに変更するには

切り取りコマンドでデータを移動するには

クリップボードのデータを消去するには

セルの挿入時に適用される書式

セルの書式を含めて削除するには

セルを削除する際の注意点

入力規則を削除するには

数式の長さの制限

セル参照を絶対参照に変更するには

文字列演算子の特徴

Excelのアドイン関数

自動設定されるセル範囲

Excelの日付データの計算方法

条件を反転するには

関数のネスト

セルの書式設定ダイアログボックスの表示方法

下線の種類

均等割り付けに下線を設定する際の注意点

文字列を任意の位置で改行するには

小数点表示桁上げ、桁下げボタン

表示される桁について

条件付き書式の設定を削除するには

行の標準の高さ

スタイルボックスの登録と利用法

ワークシートの枠線を非表示にするには

他のブックのスタイルをコピーするには

ワンタッチでグラフの種類を変更する方法

データ系列に貼り付けたイラストを削除するには

グラフシート

グラフの元データの変更方法

凡例の文字列を変更するには

項目軸と凡例の関係

塗りつぶし効果

ユーザー設定のグラフの保存先

テキストボックス

図形の選択と解除

線を描くコツ

回転ハンドルを使った回転

オートシェイプの規定値に設定

影の設定ツールバー

3-Dの設定

ワードアートツールバー

図表ツールバー

クリップの検索結果

図ツールバー

図の背景を透明にするには

ワイルドカードの使用法

置換で書式を変換するには

複数のセルを範囲指定した並べ替え

作成した並べ替え順序を適用するときの注意

データを集計する行や列がない表のアウトライン化

指定した文字を取り出す関数

文字列関数の弱点

分割後のセルのデータ形式を指定するには

リスト形式の表を作成するときの注意点

オートフィルタとユーザー設定のビュー

希望するデータだけを表示するには

ウィザード上でレイアウトを設定する

シナリオを保護する

ソルバーのオプション設定

分析ツールの削除

矛盾した数式

ウォッチウィンドウの情報を並べ替える

シート見出しを着色するメリット

マウスを使ってシートを他ブックに移動する

シートの最小化

全画面表示中に表示倍率を変更する

ビューの追加ダイアログボックスの設定

ウィンドウの整列ダイアログボックスの設定

作業ウィンドウの表示とウィンドウ化

セルのロックを解除する

ブックの保護ダイアログボックスの設定

ブックの保護と共有

名前を付けて保存ダイアログボックスの活用法

マイ プレースに登録されていないフォルダを選択する方法

最近使用したファイルの数を増やす方法

複数のブックを同時に表示する方法

Excel2002のブックをExcel97/2000で使う

複数のブックをコピー/移動する方法

テンプレート集の活用

作業状態ファイル

Excel95とブックを共有する方法

Excel2002の起動時に作業状態を復帰する方法

パソコンの作業状態を保存する方法

パスワードの付け方

自動保存されたブックの利用法

検索する場所や対象を限定する方法

CSVファイルの活用法

Macintosh版のExcelブックを開く方法

フロッピーディスクに保存したブックを扱う際の注意点

最新のプリンタドライバを入手するには

プリンタの印刷方式

部分的に印刷するには

ページ設定ダイアログボックスのボタン

用紙の中央に印刷する方法

ヘッダー/フッターに設定できる内容

プリンタのプロパティの活用

エラー値が印刷されないようにする方法

印刷プレビューで使えるボタン

改ページを挿入する方法

改ページプレビューの表示倍率を拡大する方法

グループごとに自動改ページする方法

コメントを印刷する方法

印刷プレビューの表示方法

すべてのページに行タイトルを印刷する方法

ワークシートの選択状態の解除法

ワンタッチで印刷設定を切り替える方法

ブックの連続印刷で複数のワークシートを印刷する方法

Word文書とExcelブックを連続印刷する方法

まだある連続印刷法

ツールバーオプションの位置

アクティブセル領域の意味

ツールバーにメニューを追加するメリット

ツールバー内のボタンを移動するには

保存したツールバーを利用するには

ツールバーとメニューバーの設定を切り替える方法

入力後に小数点以下2桁の数値にする方法

マイ プレースの設定変更方法

Microsoft Office Webページ

データを手動で更新するには

ハイパーリンクを削除するには

グラフを含む対話的なホームページを作成するには

自動再発行を設定する際の注意点

Passportを取得するには

オンライン会議ツールバーの機能

マクロの実行法

Visual Basicツールバーの活用法

マクロの記録ダイアログボックスの設定内容

絶対参照と相対参照の使い分け

マクロを含むブックを開く際のメッセージ

表示されたマクロの内容

VBAの命令の基本構造

マクロの警告を表示させない方法

ボタンのイメージを変更する方法

ボタンのイメージを編集する方法

ボタンの表示をテキストに変更する方法

MsgBox の活用法

飛び飛びの行を合計する仕組み

行数を計算する仕組み

間隔合計関数の活用

ユーザー定義関数を使う際の注意点

アドイン化のメリット

アドインに名前と解説文を付ける方法

個人用マクロブックを表示するには

まとめと応用

セルにわかりやすい名前を付けるには

計算のタイミング

コピーした数式と貼り付け先の値を演算するには

数式を計算結果の値で置き換えるには

数式が入力されているセルだけを選択するには

数式を入力した後で絶対参照と相対参照を切り替えるには

ある条件に一致するデータの合計値を計算するには

3つの商品の「単価」と「個数」から売上げの合計を一発で計算するには

度数分布表を作成するには

数ヶ月先までの売上げを予測するには

売上げが急上昇している場合の売上げを予測するには

日付を「01(金)」と表示させるには

数字の一部分に下線を付けるには

セルに入力された「0」を表示しないようにするには

複数のデータを結合するには

セルに入力した数値に「g、kg、t」の単位を付けて表示するには

マイナスデータがあるグラフで項目軸をグラフの下端に表示するには

グラフにデータ要素をあとから追加するには

浮動棒グラフを作成するには

日付のグループ化

フレームの図を重ねて背面の画像が見えるようにするには

ワードアートで手の矢印マークを表示するには

ワークシートに挿入した画像の容量を小さくするには

図形の等倍の拡大/縮小

カラーパレットの色の変更

Sheet1とSheet2についてのみ検索を行うには

「ユーザー」と「ユーザ」の表記を統一するには

数式が入力されているセルをすべて斜体にするには

グループ化された行や列を簡単に範囲指定するには

リスト範囲全体を簡単に範囲指定するには

オートフィルタでひとつのフィールドに3つの条件を設定して抽出するには

ピボットテーブルでアイテムのトップテンを表示するには

ピボットテーブルに独自の数式を入力して集計フィールドを追加するには

ピボットテーブルで特定のアイテムを簡単に範囲指定するには

セルに数式を表示させるには

画面上の様々な要素の表示/非表示を切り替えるには

インテリマウスからシートの表示倍率を変更するには

パソコンの起動時に特定のブックを自動的に開くには

Excel2002の起動時に特定のブックを開くには

最近使ったフォルダを開くには

他のソフトのファイルを素早く開くには

Access2002のデータをExcel2002に取り込むには

拡張子を表示するには

すべてのワークシートの印刷プレビューを連続して表示するには

列幅が異なる表を上下に並べて印刷するには

複数のワークシートを同じ印刷レイアウトにまとめて設定するには

印刷レイアウトをコピーするには

ヘッダー/フッターに「&」を表示するには

繰り返しコマンドの追加

特別な印刷ボタンの追加

Office XPソフトのカスタマイズした設定をまとめて保存するには

Excel2000のツールバーの設定をほかのパソコンに移すには

画像を挿入するボタンをツールバーに追加するには

メールを暗号化して送信するには

XML形式で保存するには

Webディスカッション機能の利用の条件

古いバージョンのInternet Explorerでも見られるWebページを作成するには

Webページの表示イメージを確認するには

Webページの内容をExcelに取り込むには

VBAの予約語を調べるには

マクロのショートカットキーを変更するには

記録したマクロの命令を既存のマクロに追加するには

ブックを開いたときにマクロを自動実行させるには

ユーザーにデータを入力してもらうマクロを作るには

PR

秀和システム