BorlandDelphiリファレンスガイド ~6&7 Personal対応

概 要

本書は'98.4月に刊行され、ご好評いただいた「Borland Delphi3.1リファレンスガイド」の新バージョン対応改定版です。質問形式の見出しから各メソッドが引ける逆引きリファレンスを中心に、Delphi6入門の2部構成となっています。

著者 小出俊夫
価格 本体2400円(税別)
ISBN 4-7980-0462-6
発売日 2002/12/20
判型 A5
色数 2色
ページ数 456
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

Delphi入門

新規アプリケーションを作成するには

プロジェクトの保存

統合開発環境について

コンポーネントを配置するには

コンパイル・実行をするには

「プロパティ」とはなにか

「イベント」とはなにか

「メソッド」とはなにか

ファイル選択のウィンドウを表示させる

ユーザが選んだファイル名を取得する

まとめ

ヘルプで目的の情報を得るには

Delphi 6/7 Personal VCL階層図

Chapter1 コンポーネントの基礎

コンポーネントの位置とサイズを設定するには

コンポーネントのサイズを自動的に変えるには

コンポーネントを使用不可能にするには

ポップアップヒントを表示するには

コンポーネントを表示/非表示にするには

コンポーネントの再描画をするには

クリックやダブルクリックに反応するには

クリックに使ったボタンやクリックした位置などを知るには

マウスの移動を感知するには

多くのイベントを一括して処理するには

コンポーネントのドラッグ&ドロップをサポートするには

文字入力に反応するには

マウスカーソルの形を変えるには

サイズの変更に制約を持たせるには

背景色を変更するには

フォントを変更するには

集合型を扱うには

Chapter2 文字列の入力

一行の入力エリアを作るには

ラベル付きの入力エリアを作るには

入力できる文字列を制限するには

入力した文字列を大文字や小文字のみにするには

入力された文字列を別の文字で隠すには

複数行の入力エリアを作るには

スクロールバーを表示するには

クリップボードを扱うには

カーソル位置や選択文字列を扱うには

編集の取り消しをするには

文字列の変更をできないようにするには

内容の変更を知るには

入力できる文字列の長さを制限するには

TabキーやEnterキーの入力を受け付けるには

折り返し表示の設定をするには

センタリングや右寄せをするには

カーソルのある行を知るには

文字の書式を変更するには

文字列を検索するには

印刷をするには

書式付きテキストファイル(RTF)形式を扱うには

Chapter3 文字列の表示

文字列を表示させるには

アクセラレータ文字を設定するには

サイズを自動的に変更させないようにするには

右寄せやセンタリングをするには

複数行にわたって表示させるには

背景を透過して表示させるには

表示する文字列の上下方向の位置揃えを設定するには

マウスカーソルがLabel上にあることを知るには

文字列を四角で囲んで表示するには

ステータスバーに文字列を表示するには

ステータスバーに表示する文字列のスタイルを変更するには

Chapter4 ボタン

ボタンを作成するには

アクセラレータ文字を設定するには

EnterキーやEscキーに反応するボタンにするには

画像付きのボタンを作成するには

フォーカスを持たないボタンを作るには

スピードボタンをグループ化/選択状態にするには

ボタンの状態で画像を変えるには

画像やテキストの表示位置を変えるには

ツールバーを作るには

ツールボタンに表示するテキストやイメージを設定するには

ツールバーのボタンを2列以上にするには

ツールバーの境界線や余白を設定するには

ツールボタンをグループ化するには

Chapter5 数量の入力/表示

スクロールバーやトラックバーを使うには

スクロールバーやトラックバーの方向を設定するには

スクロールバーやトラックバーの移動量を設定するには

Position・Max・Minプロパティを同時に設定するには

ユーザのスクロール操作に細かく対応するには

トラックバーで選択範囲を表示/非表示にするには

トラックバーの目盛りに関する設定をするには

アップダウンボタンを使うには

アップダウンボタンに対する操作に反応するには

アップダウンボタンのスタイルを変更するには

処理の進行状況を表示するには

プログレスバーのスタイルを変更するには

Chapter6 選択肢の提供

メニューを作成するには

メニューデザイナの使い方

メニューにキーボードショートカットを設定する

特定のメニューを特定の条件で無効にするには

メニューにチェックマークを表示するには

メニューのアイテムを2列にするには

チェックボックスを作成するには

場合によって使用できないチェックボックスにする

チェックボックスを淡色表示の状態にする

ラジオボタンの作成

ラジオグループの利用

ラジオグループのボタンを複数列にする

カレンダーの作成

カレンダーで期間を選択するには

カレンダーのデザインを変更するには

時刻の選択を行うには

ショートカットキーを選択するには

キーのフックをするには

色をコンボボックスで選択するには

Chapter7 ダイアログボックス

ダイアログを表示するには

ファイルを選択するダイアログを表示するには

ファイル選択ダイアログの各種の設定をするには

複数のファイルを同時に選択するには

フォントを選択するダイアログを表示するには

フォント選択ダイアログの各種の設定をするには

どのデバイスからフォントを取り出すかを指定するには

色を指定するダイアログを表示するには

色選択ダイアログの各種の設定をするには

印刷関連のダイアログを表示するには

印刷ダイアログの各種の設定を行うには

ページ設定のダイアログを表示するには

文字列の検索/置換のダイアログ

Chapter8 リストの表示

リストボックスを作成するには

複数のアイテムを選択できるリストボックスにするには

リストボックスのアイテムを独自に描画するには

リストボックスにチェックボックスを付けるには

コンボボックスを作成するには

コンボボックスでアイテムの横にアイコンを表示するには

ツリービューを作成するには

ツリービューのノードにアクセスするには

ツリービューの外観を変えるには

複数のノードを選択するには

ノードをソートするには

座標によってツリービューの情報を取得するには

ツリーの展開と縮小を制御するには

ツリー構造の保存/読み込みをするには

ノードの追加、削除、移動を行うには

自ノードに関連するノードの取得

ノードをマウスのドラッグで移動させるには

リストビューを作成するには

リストビューのアイテムにアクセスするには

複数のアイテムを選択できるようにするには

アイテムの状態の変化に対応するには

アイテムの位置を変更するには

アイテムの追加と削除をするには

アイテムを検索するには

アイテムをソートするには

リストビューの詳細形式のデザインを設定するには

詳細形式のリストビューのヘッダのクリックに応答するには

グリッドを作成するには

グリッド上のユーザの操作に対して反応するには

セルに対して描画を行うには

セルで文字列を表示・編集するには

文字列リストを表形式で表現するには

文字列リストを扱うには

文字列リストを作成するには

Chapter9 グラフィック関連

立体的な枠や線を表示するには

グラフィックを独自に描画するには

画像を表示するには

簡単な図形を表示するには

アニメーションを表示するには

イメージリストを作成するには

MIDI・CD・ビデオなどを再生するには

グラフィックスを扱うには

Chapter10 コンテナ

基本総祖

ウィンドウを作成するには

フレームを作成するには

スクロールを制御するには

コンポーネントをグループ化するには

ツールバーなどの細長い領域をスクロールするには

1つのウィンドウで複数のページを表示するには

クールバーを作成するには

クールバーのバンドの設定をするには

取り外し可能なツールバーを作るには

ウィンドウを一部分のみ透明にするには

Chapter11 ShellControls

フォルダ内の変更に反応するには

エクスプローラのようにファイル一覧を表示するには

選択されているフォルダを知るには

1つ上のフォルダに移動するには

選択されているファイルの情報を得るには

自動的にリストを更新するには

自動的に実行するには

ファイルやフォルダの表示を制御するには

ファイル一覧の形式を変更するには

Chapter12 ソケット

TCP/IPクライアントを作るには

TCP/IPサーバを作るには

Chapter13 DDE

DDEを利用するには

アイテム名を指定した文字列の送受信を行うには

Chapter14 その他

イベントを周期的に発生させるには

アプリケーションに関するイベントを処理するには

簡単にクリップボードの機能を追加するには

新しくアクションを作るには

ドラッグできる境界線

OLEオブジェクトを挿入するには

ボタンやスクロールバーをWindows XPのテーマにあわせたスタイルにするには

PR

秀和システム