UNIX/Linuxシェルプログラミング チュートリアルブック

概 要

本書は、Linuxで標準的に使われているbashシェルを題材にした、シェルプログラミングの入門書です。シェルプログラミングは、Linux系のシステム管理者やネットワーク管理者、あるいはそれらを目指すユーザにとって、是非ともマスターしておきたいスキルです。本書は、シェルプログラミングの基本からUNIX/Linuxの便利な使いこなし方まで、UNIX/Linuxをもっと活用したいと考えている方に最適の1冊です。

著者 金光雅夫
価格 本体1900円(税別)
ISBN 4-7980-0515-0
発売日 2003/03/27
判型 A5
色数 2色
ページ数 256
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

Chapter 1 bashの世界─シェルの基本操作

1-1 シェルとは何か 18

1-1-1 シェルはインターフェイス部分

1-1-2 コマンドベースのユーザーインターフェイス

1-2 ストリーム

1-3 標準入出力とリダイレクト

1-4 様々なコマンド

1-4-1 ファイル操作

1-5 環境変数とシェル変数

1-5-1 変数

1-5-2 環境

1-6 コマンドの検索パス

1-7 ジョブ制御

1-8 ヒストリー

1-9 補完機能

1-10 パターンマッチ

1-10-1 *(アスタリスク)

1-10-2 ?(クエスチョン)

1-10-3 文字セット

1-10-4 サブシェル

1-10-5 pushdとpopd

1-10-6 .bashrc

1-10-7 bash_profile

1-10-8 .bash_logout

1-10-9 .bash_history

1-10-10 プロンプト文の定義

Chapter 2 シェルプログラミングの基本

2-1 /etc/bashrc

2-1-1 if文

2-1-2 if文のネスト

2-1-3 case文

2-1-4 for文

2-2 その他の構文

2-2-1 while文

2-2-2 関数(サブルーチン)

2-2-3 ヒアドキュメント

2-2-4 引数(位置パラメータ)

2-2-5 関数のローカル変数

2-2-6 変数構文

2-2-7 条件判断

2-2-8 シェルコマンド

2-3 シェルプログラムの便利な使い方

Chapter 3 実践的なシェルプログラミング

3-1 メイルを一括送信する

3-2 シェルをスケジューリングする(cronの利用)

3-3 古いファイルを見つけて、一時保管場所へ移動する

3-4 ユーザーを一括登録する

3-5 /etc/rc

3-6 /etc/rc.sysinit

Chapter 4 UnixのToolBoxを使ってみよう

4-1 ログイン環境

4-1-1 現在使っている端末名が知りたい

4-1-2 端末のデバイスをテストしたい

4-1-3 おかしくなった回線を復帰させたい

4-1-4 バックグラウンドジョブからの出力をどうするか決めたい

4-1-5 ユーザーの個人情報を知りたい

4-1-6 パスワードを変更したい

4-2 ファイル操作

4-2-1 基本的な表示方法

4-2-2 ディレクトリを消去したい

4-2-3 現在どのディレクトリにいるか知りたい

4-2-4 ファイルをコピーしたい

4-2-5 ディレクトリごと全部コピーしたい

4-2-6 ファイルに別名を付けたい(ファイルのハードリンク)

4-2-7 シンボリックリンクを張りたい

4-2-8 ファイルの内容を見たい

4-2-9 ファイルの一部を切り出したい

4-2-10 行の一部を切り出したい

4-2-11 指定したパターンを検索したい

4-2-12 内容をソートしたい

4-2-13 重複行をなくしたい

4-2-14 ファイルを分割したい

4-2-15 タブをスペースにしたい

4-2-16 行幅を変更したい

4-2-17 1文字ごとの文字変換

4-2-18 文字列を置き換えたい

4-2-19 特定のフィールドを抜き出したい

4-2-20 抜き出したフィールドを指定のフォーマットで表示させたい

4-2-21 行数/単語数/文字数を知りたい

4-2-22 ふたつのファイルの内容の相違点を表示させたい

4-2-23 内容が異なるかどうかだけを素早く知りたい

4-2-24 ふたつのファイルの違いを抜き出したい

4-2-25 素早く探したい

4-2-26 じっくり探したい

4-2-27 自分のプロセスの状態が知りたい

4-3 コミュニケーション

4-3-1 ログインしているtaroさんにメッセージを送りたい

4-3-2 hanakoさんとチャットしたい

4-3-3 他人からのwriteやtalkを制限したい

4-3-4 システムの利用者全員にメッセージを送りたい

4-3-5 カレンダーが見たい

4-3-6 スケジュールを管理したい

4-3-7 手軽に計算したい

4-3-8 操作記録を残したい

4-3-9 コマンドを繰り返して実行したい

4-3-10 コマンドの実行時間を表示させたい

4-3-11 コマンドを指定時刻に実行したい

4-3-12 オンラインマニュアルを見たい

4-3-13 綴り間違いを検出したい

4-3-14 英単語を検索したい

4-4 ネットワークの活用

4-4-1 リモートホストにログインしたい

4-4-2 リモートホストにファイルを転送したい

4-4-3 パスワードチェックをフリーパスしたい

4-4-4 他のマシンでコマンドを実行したい

4-4-5 ホスト名が知りたい

4-4-6 自分のマシンのIPアドレスが知りたい

4-4-7 ユーザーの情報を得たい

4-4-8 IPアドレスを設定したい

4-4-9 ネットワークをテストしたい

4-5 システム管理

4-5-1 マシンを再起動したい

4-5-2 日付と時刻を設定したい

4-5-3 誰がどれぐらいログインしていたか知りたい

4-5-4 コマンド(プロセス)の優先度を調節する

4-5-5 実行中のコマンド(プロセス)の優先度を変更したい

4-5-6 システム利用者の情報を表示させたい

4-5-7 現在、誰がどんなコマンドを実行しているか知りたい

4-5-8 システムの利用負荷を知りたい

4-5-9 カーネルが管理している状態について詳しく知りたい

4-5-10 ファイルの所有者を変更したい

4-5-11 ファイルの所有者を変えずに別のディレクトリにコピーしたい

4-5-12 自分が属しているグループを知りたい

4-5-13 マウント情報を見たい

4-5-14 システムの全ディスクの容量を知りたい

4-5-15 パーティションの容量を知りたい

4-5-16 ファイルの容量を知りたい

4-5-17 /etc/rcの内容を読む

4-5-18 おわりに

Chapter 5 一歩進んでRubyを使ってみよう

5-1 Rubyをインストールしよう

5-1-1 Rubyとは

5-1-2 Rubyのインストール

5-1-3 Rubyスクリプトの利点

5-2 Rubyスクリプトの作り方

5-3 Rubyプログラミング ─文法編─

5-3-1 RAA(Ruby Application Archive)

5-3-2 if文

5-3-3 case文

5-3-4 for文

5-3-5 while文

5-3-6 関数(メソッド)

5-3-7 ヒアドキュメント

5-3-8 変数

5-3-9 配列

5-3-10 文字列の比較

5-3-11 ファイル属性

5-3-12 シェルコマンド

5-4 Rubyプログラミング ─実践編─

5-4-1 つっこみ日記

5-4-2 伝言板

5-4-3 シミュレーション

5-4-4 オブジェクト指向データベース

5-4-5 おわりに

Appendix 1 viエディタのショートチュートリアル

A1-1 vi(vim)

A1-1-1 viの起動

A1-1-2 入力

A1-1-3 カーソル移動

A1-1-4 削除

その他の削除コマンド

A1-1-5 置き換え

A1-1-6 復旧

A1-1-7 ファイルの読み書き

A1-1-8 Unixコマンドの実行

A1-1-9 終了

A1-2 Bashのオプション

A1-3 Bashの組み込みコマンド

A1-4 Bashから利用可能な環境変数

A1-5 Bashの入出力リダイレクション

A1-5-1 引数(位置パラメータ)

A1-5-2 関数のローカル変数

A1-5-3 変数構文

A1-5-4 条件判断

A1-5-5 シェルコマンド

Appendix 2 アポロでグラフィックス

A2-1 昔はTkとGDしかなかった

A2-2 Apollo版mandel

A2-3 拡張ライブラリのコンパイル

A2-4 Makefileの用意

A2-5 Exerbプロジェクト

A2-5-1 ExerbHlp

A2-5-2 アポロでの注意

A2-6 最終版

A2-7 dRuby化について

Index(索引)

PR

秀和システム