JBuilderではじめるJavaプログラミング入門 8&7 Personal対応

概 要

本書は、「JBuilderではじめるJavaプログラミング入門」(2001.12既刊)の改訂新版です。最新のJBuilder7、JDK1.4、MacOS Xに対応しました。また、ファイル処理、スレッド、ネットワークなどの項目を増補しています。添付CD-ROMには、「JBuilder7 Personal Edition」(Windows/Linux/Solaris/MacOS X用)を収録。

著者 掌田津耶乃
価格 本体3200円(税別)
ISBN 4-7980-0539-8
発売日 2003/05/28
判型 B5変
色数 2色
ページ数 440
CD/DVD Windows,Macintosh,Linux/UNIX
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

Chapter1 JBuilderの基本的な使い方

1.1 JBuilderをインストールする

1.1.1 Javaと開発環境について

1.1.2 JBuilder Personalについて

1.1.3 使用許諾コードと動作環境

1.1.4 JBuilderをインストールする

1.2 JBuilderの基本的使い方

1.2.1 Welcomeプロジェクトについて

1.2.2 内容ペインの機能

1.2.3 HTMLのソースコードを開く

1.2.4 Javaのソースコードを開く

1.2.5 「設計」タブでUIデザイナを呼び出す

1.2.6 プログラムを実行する

1.3 JBuilderの設定について

1.3.1 「表示」メニューについて

1.3.2 ブラウザのルック&フィールを変更する

1.3.3 プロジェクトのプロパティを設定する

1.3.4 コードエディタの設定

1.3.5 ヘルプについて

1.4 プロジェクトを作る

1.4.1 プロジェクト作成の手順

1.4.2 アプレットを表示する

1.4.3 「Hello Java !」と表示させる

1.4.4 コンパイルについて

1.4.5 ボタンをクリックして実行させる

1.4.6 作成されたファイルを確認する

1.4.7 アプレットが動かなかったら?

Chapter2 Javaの基本文法

2.1 Javaの基本要素

2.1.1 変数と値の代入

2.1.2 文字列・キャラクタ・真偽値の代入

2.1.3 Javaにおける文の区切り

2.1.4 数字の演算と文字列の結合

2.1.5 if文について

2.1.6 条件式と比較演算子について

2.1.7 switch文について

2.1.8 for文について

2.1.9 while/do文について

2.1.10 無限ループとbreak

2.2 Javaソースコードの基本形

2.2.1 作成されたプロジェクトとソースコード

2.2.2 クラスとメソッドが全ての基本

2.2.3 クラスとメソッドの特徴

2.2.4 packageとimportについて

2.2.5 継承とextendsについて

2.2.6 publicについて

2.2.7 メソッドの定義について

2.2.8 変数のスコープについて

2.2.9 クラス作成の例

2.2.10 インスタンスの仕組み

Chapter3 Swingの基本操作

3.1 JAppletとコンポーネントの利用

3.1.1 ラベルだけのアプレットを作る

3.1.2 アプレットのソースコードを見る

3.1.3 インスタンスと参照変数について

3.1.4 フィールドとインスタンス変数について

3.1.5 アプレットの初期化とコンポーネントの初期化

3.1.6 コンテントペインの操作

3.1.7 その他のメソッドについて

3.1.8 メソッドのオーバーライドについて

3.2 イベント処理を組み込む

3.2.1 JButtonとactionPerformedイベント

3.2.2 メソッドの記述とCodeInsight機能

3.2.3 jbInitメソッドとイベントクラスの組み込み

3.2.4 リスナーによるデリゲーションモデル

3.2.5 addActionListenerの組み込みとactionPerformedメソッドの実装

3.2.6 その他のイベントリスナーの組み込み

3.3 様々な値を操作する

3.3.1 数値と文字列の変換

3.3.2 文字列の比較について

3.3.3 ランダムにテキストカラーを変える

3.3.4 フォントを変更する

3.3.5 コンポーネントを動かす

3.3.6 コンポーネントの大きさを変更する

Chapter4 グラフィックを描画する

4.1 アプレットへの直接描画

4.1.1 paintメソッドを組み込む

4.1.2 Graphicsの主な描画メソッド

4.1.3 多角形の描画と配列について

4.1.4 テキストを描画する

4.1.5 フォントの情報を得るためのFontMetrics

4.2 描画用パネルクラスの作成

4.2.1 描画用コンポーネントを作るには?

4.2.2 「MyPanel」の作成と組み込み

4.2.3 MyPanelに描画メソッドを組み込む

4.2.4 描画用メソッドの流れ

4.2.5 クリックして描画する

4.2.6 mouseListenerとアダプタクラス

4.3 イメージの利用

4.3.1 イメージファイル読み込みの問題について

4.3.2 MyPanelを修正する

4.3.3 アプレットへのイメージファイルの読み込み

4.3.4 クラスローダーを使ってイメージを読み出す

4.3.5 ImageIconを利用する

4.3.6 ImageIconからイメージを取り出す

4.3.7 オフスクリーンを使う

Chapter5 Swingのコンポーネント①

5.1 ボタンとテキストのコンポーネント

5.1.1 チェックボックスとトグルボタン

5.1.2 アイテムリスナーの組み込み

5.1.3 イベントが発生したオブジェクトを特定する

5.1.4 JRadioButtonとButtonGroupについて

5.1.5 ItemListenerでJRadioButtonを利用する

5.1.6 JSlider/JScrollBar/JProgressBarについて

5.1.7 数量関係コンポーネントの利用例

5.2 コンテナとテキストエリア

5.2.1 JScrollPaneとJTextArea

5.2.2 JScrollPaneにMyPanelを組み込む

5.2.3 JSplitPaneとJPanelについて

5.2.4 JSplitPaneへの組み込み

5.2.5 デバイダーを操作したときの処理は?

5.2.6 JTabbedPaneによるタブパネル

5.2.7 JTabbedPaneへの組み込みと切り替え

5.3 アラートウィンドウを利用する

5.3.1 JOptionPaneによるメッセージ表示

5.3.2 JOptionPaneでメッセージを表示する

5.3.3 showConfirmDialogによるボタン選択

5.3.4 showInputDialogでテキスト入力を行なう

5.3.5 選択項目をリスト表示する

5.3.6 選択ボタンを持ったダイアログ

Chapter6 Swingのコンポーネント②

6.1 JListとModel View Controlの基本

6.1.1 JListを作る

6.1.2 選択された項目を得る

6.1.3 複数項目選択時の処理

6.1.4 モデルとビューについて

6.1.5 デフォルトリストモデルを組み込む

6.1.6 項目を追加/削除する

6.1.7 セルレンダラーを作成する

6.1.8 セルレンダラーの仕組み

6.1.9 オリジナルな描画を行なうセルレンダラーの作成

6.1.10 ビューはどこへいった?

6.2 JComboBoxの基本

6.2.1 JComboBoxを使う

6.2.2 JComboBoxの項目の操作

6.2.3 オブジェクトを項目に持つJComboBoxを作る

6.2.4 Colorを項目に持つJComboBoxの仕組み

6.3 JTreeの基本

6.3.1 JTreeを使う

6.3.2 ツリーモデルとツリーノード

6.3.3 ノード操作の考え方

6.3.4 ツリーセルレンダラーを作成する

6.3.5 ノード選択・展開時のイベント処理

6.4 JTableの基本

6.4.1 JTableの基本操作

6.4.2 セルの値を操作する

6.4.3 選択されたセルの扱いと行列の新規作成

6.4.4 セルレンダラーで表示を修正する

6.4.5 セルエディタを組み込む

Chapter7 Swingアプリケーション

7.1 Swingアプリケーションの基本

7.1.1 アプリケーションプロジェクトを作る

7.1.2 mainメソッドとコンストラクタ

7.1.3 Frame1の基本処理

7.1.4 ウィンドウのイベント処理

7.1.5 メニューデザイナでメニューを編集する

7.1.6 メニュー選択時のイベント処理

7.1.7 ツールバーの仕組み

7.1.8 レイアウトマネージャについて

7.1.9 Javaアプリケーションの実行について

7.1.10 JavaアーカイブファイルとExecutable Javaアーカイブ

7.2 マルチドキュメントとルック&フィール

7.2.1 複数ウィンドウを開く

7.2.2 Applicationクラスでウィンドウを管理する

7.2.3 MDIと内部フレーム

7.2.4 JInternalFrameのイベント

7.2.5 ルック&フィールの考え方

7.2.6 ルック&フィール変更のメニューを実装する

Chapter8 その他の主なJava機能

8.1 ファイルアクセスについて

8.1.1 ファイルアクセスとストリーム

8.1.2 簡易バイナリエディタを作る

8.1.3 JFileChooserによるファイルダイアログ

8.1.4 ストリームからバイナリを読み書きする

8.1.5 トークナイザーとは?

8.1.6 テキストファイルを読み書きする

8.2 スレッドの利用

8.2.1 スレッドによる並行処理について

8.2.2 スレッドでテキストアニメーションする

8.3 日付/オブジェクト配列

8.3.1 カレンダーによる日付計算

8.3.2 日時計算と日付フォーマット

8.3.3 2つの日付の差を計算するには?

8.3.4 動的オブジェクト配列について

PR

秀和システム