Office2003パーフェクトマスター

概 要

本書は、Microsoft Office 2003に含まれる「Word2003」「Excel2003」「PowerPoint2003」「Access2003」「Outlook2003」「Publisher2003」の六つの主要アプリケーションと「OneNote2003」「HomeStyle+」という二つのアプリケーション全般の操作手順とテクニックを一手順ずつできるかぎり丁寧に解説したガイドブックです。

著者 野田ユウキ、アンカー・プロ
価格 本体2800円(税別)
ISBN 4-7980-0638-6
発売日 2004/02/18
判型 B5変
色数 4色
ページ数 848
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ パーフェクトマスター
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 Officeの概略

1.1 ●Office 2003の概要

1.1.1 Officeアプリケーション

Office 2003 Editionの種類

1.1.2 Office 2003アプリケーション単体

コラム Office 97との相違点

1.2 ●Office System

1.2.1 プログラム

1.2.2 サーバー

1.2.3 サービス

1.2.4 ソリューション

コラム Officeを修復セットアップするには

1.3 ●Office 2003の導入

1.3.1 システム要件

1.3.2 セットアップの手順

セットアップウィザード

1.3.3 ライセンス認証を行う

インターネットでライセンス認証を完了する

コラム Office 2003の実行ファイル

1.4 ●Office 2003をアップデートする

1.4.1 Officeアプリケーションを更新する

更新のチェックでアップデートを行う

Chapter 2 Officeツール

2.1 ●原稿をスキャンする

2.1.1 MODSでテキスト原稿をスキャンする

スキャナに原稿をセットしスキャンを実行する

コラム Officeドキュメントに保存されるメタデータ

2.2 ●画像からテキストを抽出する

2.2.1 画像からテキストを抽出してWordで開く

OCR機能でテキストを抽出する

2.3 ●Officeアプリケーションを回復させる

2.3.1 異常が発生したアプリケーションを回復する

Officeアプリケーションの回復を使う

2.4 ●クリップオーガナイザを使う

2.4.1 クリップオーガナイザからクリップをコピーする

クリップオーガナイザからクリップを選択する

2.5 ●Accessレポートを簡単に表示する

2.5.1 Accessのレポートをスナップショット形式でエクスポートする

レポートスナップショットを作成する

レポートをAccess Snapshot Viewerで開く

2.6 ●個人用設定を保存する

2.6.1 Officeの個人用設定を保存する

個人用設定を保存する

2.6.2 Officeの個人用設定を復元する

設定を復元する

Chapter 3 Word基礎・基本操作

3.1 ●Wordのウィンドウ

3.2 ●Wordの作業環境を設定する

3.2.1 作業ウィンドウを非表示にする

オプションダイアログで作業環境を設定する

3.2.2 グリッド線を表示する

表示メニューでグリッド線を表示する

コラム フォントサイズの単位「ポイント」

3.2.3 ツールバーを選択する

ツールバーを表示して固定する

3.2.4 文書ウィンドウを100%表示にする

文書ウィンドウを拡大する

コラム プロポーショナルフォントと等幅フォント

3.3 ●字体や文字の大きさを変更する

3.3.1 フォントを変更する

ツールバーを使ってフォントを変更する

コラム Office 2003のバージョンを確認する方法

3.4 ●文字の色を変更する

3.4.1 文字色を変更する

ツールバーで文字色を変更する

3.5 ●文字列を右揃えにする

3.5.1 文字列を右側に配置する

段落を右揃えにする

コラム 文字揃えのショートカットキー

3.6 ●書式を自動的に適用して入力を始める

3.6.1 クリックアンドタイプで中央揃えの文字を入力する

中央揃えを設定して文字を入力する

コラム フォントの色ボタンを直接クリック

3.7 ●特殊な記号を入力する

3.7.1 記号や特殊記号を入力する

ダイアログを使って特殊文字を入力する

コラム

3.8 ●カナや全角英数字を入力する

3.8.1 読みをカタカナやアルファベットに変換する

ファンクションキーでカタカナを入力する

コラム 自動的に半角文字を全角文字に変換する

ファンクションキーでアルファベットを入力する

コラム 語句が2行に分割されないようにする

3.9 ●文字列のコピーと貼り付け

3.9.1 キーボードを使ってコピー&ペーストする

キーボードでコピー&ペーストする

3.10 ●書式をコピー&ペーストする

3.10.1 蛍光ペンを適用する

蛍光ペンで文字にマーキングする

コラム 状況に応じて変わるポインタ

3.10.2 書式のコピー/貼り付けを実行する

書式を複製する

3.11 ●特定の文字を検索し別の文字に置き換える

3.11.1 文字を検索する

検索機能を使う

コラム 傍点を付けるには

コラム クリップボード活用法

3.11.2 文字を置換する

置換機能を使う

コラム 全角モードで半角文字を入力したい

Chapter 4 Word実践・実務文章作成

4.1 ●箇条書きに番号を付ける

4.1.1 段落番号を付ける

段落を選択する

段落番号を付ける

コラム 行頭文字を変更する

4.1.2 インデントを設定する

段落をインデントで下げる

コラム Webページをコピーするには

4.1.3 箇条書きの行頭文字を記号や図で表示する

先頭の記号に「●」を挿入する

4.1.4 行頭文字を絵文字で表示する

箇条書きの先頭の記号に絵文字を使う

4.2 ●段落にスタイルを適用する

4.2.1 スタイルを適用する

見出しスタイルを適用する

見出しスタイル

4.2.2 スタイルをカスタマイズする

スタイルをカスタマイズする

コラム 番号付き箇条書きの書式を変更する

4.3 ●ドロップキャップを設定する

4.3.1 ドロップキャップを設定する

ドロップキャップを設定する

4.4 ●タブとリーダーで価格リストを作成する

4.4.1 右揃えタブを設定する

複数の行に右揃えタブを設定する

コラム 特殊記号は文字化けに注意

4.4.2 リーダーを挿入する

リーダーでタブを埋める

コラム Wordでタブリーダーを設定する

タブマーカーの種類

コラム MDIとSDI

4.5 ●行間隔を変更する

4.5.1 行間隔を設定する

段落の行間隔を設定する

コラム Wordドキュメントの行間設定

コラム 記号や特殊文字にショートカットキーを割り当てる

4.6 ●段落のインデントを調節する

4.6.1 インデントを調整する

インデントで段落を調整する

4.7 ●段落を罫線で囲む

4.7.1 罫線で段落を囲む

特定の段落を罫線で囲む

罫線による囲みの種類

4.8 ●アウトライン表示で構造的な文書を作成する

4.8.1 アウトライン表示モードに切り替える

表示モードを切り替える

文書の表示モードの種類

コラム 特殊な記号を入力するには

4.8.2 文書のレベルを変更する

段落のレベルを上げ下げする

アウトライン記号の種類

コラム ユーロ通貨記号を入力する

4.9 ●文書に画像を挿入する

4.9.1 図を挿入する

画像を挿入する

4.9.2 図のレイアウトを整える

画像のサイズと配置を変更する

コラム 図形の調節メニュー

テキストの折り返しの種類

4.10 ●段組にする

4.10.1 文書を段組にする

2段組にする

4.11 ●リンクしたテキストボックスで段組みを設定する

4.11.1 テキストボックスを配置する

テキストボックスを挿入する

4.11.2 テキストボックスをリンクする

テキストボックスのリンクを設定する

4.12 ●縦書きの文書を作成する

4.12.1 文字方向を縦に変更する

文字方向を変更する

4.12.2 寝ている英数文字を縦にする

文字列を再変換する

4.13 ●罫線機能を使って表を作成する

4.13.1 罫線を引く

罫線で表を作る

4.14 ●作表機能で表を作成する

4.14.1 表を挿入する

作表機能を使って表を挿入する

4.14.2 表のセルを調節する

セルの幅や高さを調節する

4.14.3 表のプロパティ

表タブ

コラム ページごとに表の列見出しを付ける

行タブ

コラム 語句の順序を入れ替える

列タブ

コラム 表に斜線を引く

セルタブ

コラム リサーチの翻訳機能を起動する

4.15 ●既存の文書の複製文書を開く

4.15.1 既存の文書の複製を開く

既存の文書から新規作成する

4.15.2 名前を付けて保存する

別の名前で保存する

能率よく保存する機能

4.16 ●テンプレートから原稿用紙を作成する

4.16.1 原稿用紙ウィザードを開く

原稿用紙のテンプレートを読み込む

コラム テンプレート間でスタイルをコピーする

コラム テンプレートフォルダ

コラム ウィザード型のテンプレート

4.17 ●定型句を入力する

4.17.1 定型句を登録する

新しく定型句を追加する

4.17.2 オートコレクトを使って定型句を入力する

定型句を入力する

コラム 簡単に日付を入力するには

4.18 ●特定の2ページを1枚の紙面に印刷する

4.18.1 特定のページだけ印刷する

印刷範囲を設定した2ページを1枚の紙に印刷する

コラム 開いている文書をすべて同時に保存する

コラム 拡大/縮小印刷に役立つTips

4.19 ●ヘッダーに日付を、フッターに作者名を挿入する

4.19.1 ヘッダーに日付を挿入する

ヘッダーを設定する

4.19.2 フッターに作者名を挿入する

フッターを設定する

4.20 ●印刷プレビューで印刷イメージを確認する

4.20.1 印刷イメージをプレビューする

印刷プレビューを起動する

プレビューをズームする

4.21 ●年賀状の文面を作成する

4.21.1 はがき文面印刷ウィザードで年賀状を作成する

はがきの文面を作成する

コラム 複数のファイルをまとめて開く

4.22 ●Excelのデータで宛名の差し込み印刷をする

4.22.1 住所録ファイルを選択する

はがき宛名印刷ウィザードを設定する

コラム レターヘッドを付けるには

4.22.2 宛名差込印刷をする

差し込み印刷をする

4.23 ●文書ファイルをWebページとして保存する

4.23.1 ハイパーリンクを設定する

リンクを設定する

4.23.2 Webページとして保存する

Word文書をHTML文書に変換する

コラム 改行をしないスペース

Chapter 5 Excel基礎・基本操作

5.1 ●Excel 2003の特徴

5.2 ●Excel 2003の画面構成と各部の名前

5.3 ●セルを選択してデータを入力する

5.3.1 セルにデータを入力する

文字データと数値データを入力する

コラム Excelの日付と時刻の関数

5.4 ●セル内のデータをクリアする

5.4.1 セル内をクリアする

キーボードを使ってセルのデータをクリアする

セルの書式だけをクリアする

セルを削除する

コラム Excelの論理関数

5.5 ●セル内の文字や数式の一部を修正する

5.5.1 データの一部を変更する

セル内のデータの一部を変更する

5.6 ●セルの内容をコピーしたり移動したりする

5.6.1 セル内容をコピーする

ショートカットキーでセルのコピー&ペーストする

5.7 ●セルを新しく挿入する

5.7.1 セルを挿入する

空白のセルを挿入する

コラム 編集を破棄するには

コラム 前回入力した文字を簡単に入力する方法

5.8 ●計算式を入力する

5.8.1 セルに計算式を入力する

計算の結果をセルに表示する

コラム 数式バーを使って数式を入力する

5.9 ●合計と平均を計算する

5.9.1 合計値を計算する

オートSUMを使って合計を算出する

平均値を計算する

コラム 長文をセルの中に収める方法

5.10 ●グラフウィザードでグラフを作成する

5.10.1 グラフウィザードでグラフを作る

グラフウィザードのオプションのタイトルとラベルタブ

グラフウィザードのオプションの凡例タブ

5.11 ●シートを挿入して順番を変更する

5.11.1 シートを挿入する

挿入メニューでシートを追加する

コラム ワークシートを削除するときは気をつけよう

シートを移動する

コラム シートに名前を付ける

5.12 ●空白のブックを追加して切り替える

5.12.1 新規のブックを追加する

空白のブックを追加する

5.12.2 ブックを切り替える

ウィンドウメニューでブックを切り替える

5.13 ●シートを印刷する

5.13.1 印刷プレビューを表示して印刷する

印刷プレビューで確認してプリンタの設定をする

改ページ境界線を調整する

印刷する

5.14 ●連続したデータを簡単に入力する

5.14.1 連続した月データを入力する

「1月」を起点とした連続データを入力する

5.14.2 連続した数値データを入力する

オートフィルで連続した数値を入力する

コラム 連続データをカスタマイズする

5.15 ●セル内のフォントとサイズを変更する

5.15.1 セルのフォントを変更する

セル内のフォントを変更する

5.16 ●表見出しを表の上の中央に表示する

5.16.1 表見出しを中央に表示する

セルを結合してその中央にタイトルを表示する

コラム 「P」はプロポーショナルフォントの「P」

5.17 ●数値データに「¥」と「$」を付ける

5.17.1 「¥」を付ける

ツールバーのボタンを使って通貨表示する

コラム オートコンプリート機能をオフにする

5.17.2 「$」を付ける

セルの書式設定で通貨表示を設定する

5.18 ●セルに着色しデータの色を変える

5.18.1 セルを黄色で塗りつぶす

セルを塗りつぶす

コラム 列幅の調整

5.18.2 文字色を緑色に変更する

文字データを緑色にする

5.19 ●文字列を検索して別の文字列に変換する

5.19.1 セルデータを検索する

シートから特定の文字のあるセルを検索する

5.19.2 データを置換する

特定文字データを別のデータに置換する

コラム シートを非表示にする

5.20 ●英単語のスペルをチェックする

5.20.1 スペルをチェックする

英文字のデータのスペルチェックをする

5.21 ●シートの背景に壁紙として画像を貼る

5.21.1 画像をシートに貼り込む

シートの背景に画像を貼る

5.21.2 ExcelファイルをWebファイルに変換する

Webページとして保存する

コラム 標準フォントを変更するには

コラム Excelの財務関数

コラム Excelの財務関数と数学/三角関数

コラム Excelの数学/三角関数

Chapter 6 Excel実践・関数とグラフ

6.1 ●財務関数(PMT)を使って家のローンを計算する

6.1.1 ローンを計算する

PMTを設定する

コラム 表示形式のショートカットキー

6.2 ●年月日を入力して元号式で表示する

6.2.1 年月日を入力する

NOW関数を設定する

6.2.2 日付の表示を変更する

日時表示を元号表示に変更する

コラム モノクロで出力するときは

6.3 ●セルの値を判定して結果を表示する

6.3.1 IF関数を使う

IF関数を設定する

6.4 ●連続して同様の計算をする

6.4.1 計算式を連続コピーする

フィルハンドルで計算式をコピーする

6.4.2 計算の参照セルを確認する

計算式に使われているセルを確認する

コラム オートフィルオプションボタン(スマートタグ)

6.5 ●同じセルを参照して計算する

6.5.1 絶対参照で計算する

特定のセルを参照して計算する

コラム 絶対参照の入力

6.6 ●グラフやグラフ要素のサイズや位置を変更する

6.6.1 グラフのサイズを変更する

グラフエリアとプロットエリアを拡大する

コラム ツールバーに電卓を追加する

6.6.2 グラフの色を変更する

棒グラフの色を変更する

6.6.3 凡例を変更する

凡例の表示を変更する

コラム アクセシビリティ

6.7 ●グラフエリアの背景を変更する

6.7.1 グラフエリアの背景を変更する

グラフの背景をグラデーションにする

6.8 ●シートを使ってリストを作成する

6.8.1 住所録を作成する

Excelで住所録リストを作る

6.9 ●列見出しを常に表示してデータを入力する

6.9.1 ウィンドウ枠を固定する

列見出しを固定する

コラム データ入力後に右に移動するには

6.10 ●データフォームを使ってリストを追加、削除する

6.10.1 データフォーム機能を使ってリストを追加する

データフォームから新しいリストを追加する

6.10.2 データを検索する

データフォームでデータを検索する

6.11 ●リストのレコードを並べ替える

6.11.1 レコードを並べ替える

ツールバーで並べ替えをする

キーを2つにして並べ替える

コラム 曜日順に並び替えるには

6.12 ●リストから条件に合致したレコードだけ表示する

6.12.1 オートフィルタを使う

オートフィルタでデータを抽出する

コラム フィルタを複数回実行し絞り込む

Chapter 7 PowerPoint基礎・基本操作

7.1 ●インスタントウィザードでプレゼンテーションを作成する

7.1.1 インスタントウィザードを起動する

作業ウィンドウからインスタントウィザードを起動する

7.1.2 プレゼンテーションのひな形を作成する

インスタントウィザードで作成する

コラム プレゼンテーションのファイル名に不要な拡張子が付いてしまう

7.1.3 インスタントウィザードのテンプレート

7.2 ●デザインテンプレートでスライドを作成する

7.2.1 デザインテンプレートを適用する

プレゼンテーションのデザインを変更する

7.3 ●タイトルスライドを作成する

7.3.1 タイトルスライドに文字を入力する

プレゼンテーションのタイトルスライドを作成する

7.4 ●新しいスライドを追加する/削除する

7.4.1 スライドを追加したり削除したりする

新しいスライドを挿入したり削除したりする

7.5 ●スライドのレイアウトを変更する

7.5.1 スライドのレイアウトを変更する

作業ウィンドウでレイアウトを変更する

7.5.2 画像を挿入する

スライドに画像を挿入する

7.5.3 プレースホルダを変更する

画像などのサイズや位置を変更する

コラム Windows XPをロックする

7.6 ●プレゼンテーションを実行する

7.6.1 スライドショーを実行する

スライドショーを始める

コラム 以前のバージョンのOfficeを共存させる

7.6.2 スライドショーの制御

7.6.3 ペン機能で説明する

プレゼンテーションにフェルトペンを使う

7.7 ●プレゼンテーションのパッケージ化とCDへのコピー

7.7.1 プレゼンテーションを CD にパッケージ化する

プレゼンテーションパックを使う

Chapter 8 PowerPoint実践・スライドの仕上げ

8.1 ●テキストの色やサイズ、書体を変更する

8.1.1 テキストの色を変更する

フォントの色ボタンでテキスト色を変更する

8.1.2 テキストのサイズを変更する

テキストのサイズを拡大する

8.1.3 テキストを太字/斜体/下線付き文字にする

ツールバーで太字/斜体/下線付き文字にする

8.1.4 テキストのフォントを変更する

フォントボックスで書体を選択する

8.1.5 段落を左揃え/中央揃え/右揃え/均等割り付けにする

タイトルを中央揃えにする

8.2 ●テキストのオートフォーマットを設定する

8.2.1 オートコレクトダイアログを設定する

入力オートフォーマットを設定する

8.2.2 オートフォーマットを確認する

オートコレクトのオプションボタンを操作する

8.3 ●スライドに描画する

8.3.1 スライドに線を描く

描画ツールバーから線を選択

8.3.2 図形描画ツールバー

コラム 開いているドキュメントを一括して閉じる

8.3.3 線の色や太さなどのスタイルを変更する

線の色ボタンで色を変更する

コラム グリッドとガイドの設定をする

8.4 ●スライドにグラフを挿入する

8.4.1 グラフを挿入する

PowerPointでグラフを描く

8.5 ●スライドに画像を挿入する

8.5.1 画像ファイルを挿入する

図形描画ツールバーを使って図を挿入する

8.5.2 PowerPointで扱える画像ファイルの形式

コラム 文書の保存先とドライブ番号

8.6 ●スライドに表を作成する

8.6.1 表を作成する

ツールバーの表の挿入ボタンで表を作成する

8.6.2 データを入力する

セルにデータを入力する

コラム オプションボックスから画像を挿入

8.6.3 セルを塗りつぶす

ショートカットメニューから罫線と塗りつぶしを実行する

8.7 ●オブジェクトにアニメーションを設定する

8.7.1 アニメーションを追加する

アニメーションの設定作業ウィンドウで効果を追加する

コラム ストレートクオート( ’’)とスマートクオート(‘ ’)

8.8 ●テキストのアニメーションを一括設定する

8.8.1 アニメーションを一括設定する

作業ウィンドウでアニメーションを一括設定する

8.9 ●スライド切り替えに効果を適用する

8.9.1 画面切り替え効果を適用する

作業ウィンドウで画面切り替え効果を設定する

8.9.2 画面の切り替え効果

コラム 自動日本語文章校正機能のオン/オフを切り替える

8.10 ●文章校正して検索/置換する

8.10.1 スペルチェックと文章校正を実行する

ツールメニューからスペルチェック機能と校正機能を起動する

8.10.2 文字列を検索する

編集メニューから検索を実行する

8.10.3 文字列を置換する

編集メニューから置換を実行する

8.11 ●目的別スライドショーを作成する

8.11.1 目的別スライドショーを作成する

スライドショーメニューから目的別スライドショーを起動する

8.12 ●目次スライドを作成しリンクを設定する

8.12.1 目次スライドを作成する

スライド一覧表示で目次スライドを作成する

8.12.2 ほかのスライドへのハイパーリンクを設定する

目次にハイパーリンクを設定する

8.13 ●配付資料の印刷とWebページへの保存

8.13.1 配付資料を印刷する

プレゼンテーション資料を印刷する

8.13.2 プレゼンテーションをWebページとして保存する

Webページに書き出す

Chapter 9 Outlook基礎・メール操作の基本

9.1 ●Outlook 2003の特徴

9.1.1 Outlook 2003の新機能

電子メールの要約

メッセージの検索

Windows Messengerとの統合

コラム Outlook 2003のデータで差し込み印刷できない

9.2 ●Outlookを設定する

電子メールアカウント

9.2.1 電子メールアカウントを設定する

ウィザードで電子メールアカウントを設定する

コラム Windowsの起動と同時にOutlookを起動させる

コラム セキュリティを上げる一般的な方法

9.2.2 オプションを設定する

オプションの各タブを設定する

初期設定タブの設定

メールセットアップタブの設定

メール形式タブの設定

スペルチェックタブの設定

セキュリティタブの設定

その他タブの設定

コラム Webビーコンをシャットアウト

9.3 ●電子メールで使う署名を作成する

署名

9.3.1 署名を作る

オプションダイアログで署名を設定する

コラム ウィルスチェックプログラムでOfficeが遅くなる

コラム vCardのフォーマット

9.3.2 vCardを署名に追加する

vCardにエクスポートした署名を追加する

コラム 開いているウィンドウを同時に表示する

9.4 ●Outlookで電子メールを受信する

9.4.1 電子メールを受信する

一括して電子メールを受信する

9.4.2 サーバーを選択して受信する

選択したサーバーから電子メールを受信する

9.4.3 添付ファイルを開く/保存する

電子メールに添付されているファイルを開く

9.5 ●Outlookで電子メールを送信する

9.5.1 送信メールのファイル形式

9.5.2 編集ソフトをWordにする

メール作成エディタにWordを指定する

9.5.3 電子メールを新規作成する

新規メッセージを作成する

コラム デマウィルス情報

9.5.4 電子メールにファイルを添付する

圧縮したファイルを添付する

9.5.5 電子メールを返信する

受信した電子メールを返信する

9.6 ●ひな形を指定してメッセージを作成する

9.6.1 ひな形を設定する

メッセージ既定のひな形を適用する

9.6.2 メッセージごとにひな形を設定する

アクションメニューでひな形を設定する

ひな形

Chapter 10 Outlook実践・仕訳やアドレス管理

10.1 ●フィルタで電子メールを仕訳する

10.1.1 電子メールを分けて保存する

ウィザードのテンプレートで仕訳ルールを設定する

10.1.2 受信フォルダの電子メールを仕訳する

保存されている電子メールを仕訳する

10.1.3 電子メールの仕訳ルール

コラム 連絡先を検索する

10.2 ●特定の送信メールに処理を行う

10.2.1 新しい仕訳ルールを作成する

新しく送信メール用の仕訳ルールを作成する

コラム ファイルをドライブにコピーする

メッセージのフラグ

10.3 ●検索フォルダで電子メールを仕訳する

10.3.1 検索フォルダを設定する

新しく検索フォルダを作成する

10.3.2 検索フォルダをカスタマイズする

カスタム検索フォルダを作成する

コラム 検索フォルダ

10.4 ●連絡先を作成する

10.4.1 連絡先を作成する

連絡先にユーザー情報を入力する

10.4.2 アドレス帳

10.4.3 配布リストを作成する

配布リストにメンバを登録する

10.5 ●アドレス帳をインポート /エクスポートする

10.5.1 Outlook Expressのアドレス帳をインポートする

ウィザードでアドレスデータをインポートする

10.5.2 CSVファイルにエクスポートする

アドレスデータをCSVファイルにエクスポートする

10.6 ●連絡先アイテムを管理する

10.6.1 連絡先のビューを切り替える

ビューを切り替える

連絡先のビュー

連絡先

10.6.2 ビューで連絡先を編集する

連絡先のデータを編集する

10.6.3 連絡先を複製する

新しいフォルダに連絡先データをコピーする

コラム メールボックスの整理

10.7 ●フラグを使って電子メールを管理する

10.7.1 受信トレイのメッセージにフラグを設定する

電子メールにフラグを付けて管理する

10.7.2 フラグを付けたメッセージを送信する

メッセージにフラグを付ける

10.7.3 フラグ

コラム Outlookのフォルダ内のアイテム数を表示する

10.8 ●迷惑メールをゴミ箱に移す

10.8.1 迷惑メールを設定する

受信拒否の設定をする

10.9 ●大きな電子メールはヘッダーのみを受信する

10.9.1 受信する電子メールのサイズを制限する

大きなサイズの電子メールを制限する

コラム スパイウェア

10.10 ●予定表に予定を入力する

10.10.1 予定を設定する

予定を新規作成する

10.10.2 予定を変更する

設定されている予定を変更する

コラム 予定表に2つのタイムゾーン

コラム Outlookのカレンダーで連続していない日付を表示するには

10.11 ●仕事を設定する

10.11.1 仕事を設定する

新規に仕事を設定する

仕事を保存する

10.12 ●メモを作成する

10.12.1 メモを作成する

色の付いたメモを作成する

コラム 予定表の日数を連続して表示するショートカットキー

Chapter 11 Home Style+

11.1 ●Home Style+

11.1.1 Home Style+ガイドからアドインを起動する

Home Style+ガイドを起動する

11.2 ●電子メールに似顔絵を挿入する

似顔絵に使う写真の注意点

11.2.1 似顔絵を作成する

似顔絵と絵文字ダイアログで似顔絵を作成する。

11.2.2 電子メールに似顔絵を挿入する

似顔絵を挿入した電子メールを作成する

コラム 似顔絵のパーツ

コラム ファイルにパスワードを設定する

11.3 ●電子メールに絵文字を挿入する

11.3.1 絵文字を挿入した電子メールを作成する

似顔絵と絵文字ダイアログを開き、絵文字を入力する

11.4 ●ビデオメッセージを送信する

USBカメラを接続する

11.4.1 ムービーを撮影する

ビデオチャットメールでムービーを撮影する

11.4.2 ビデオメールを送信する

Outlook 2003でムービーを送信する

11.5 ●ケータイとOutlookの予定や連絡先を同期させる

11.5.1 ケータイとパソコンの電話番号とメールアドレスデータを同期する

ケータイ連携を使ってケータイとパソコンのデータを同期させる

コラム オートシェイプにテキストを入力する

11.6 ●グリーティングメールをケータイに送信する

11.6.1 イラスト付きのグリーティングメールをiモードに送信する

グリーティングメールウィザードでメールを作成する

11.6.2 ケータイでグリーティングメールを見る

iモードでグリーティングメールを読む

11.7 ●写真やビデオ付きメールを送信する

11.7.1 写真を挿入したクリスマスカードを作成する

グリーティングメールウィザードで

写真を挿入したクリスマスカードを作成する

コラム アドイン(路線と駅の情報スマートタグ)

コラム 「目的別!カンタン関数」の項目

11.8 ●カンタン関数ウィザードを使う

11.8.1 アドインをインストールする

ツールメニューからアドインを追加する

11.8.2 カンタン関数ウィザードを使って関数を入力する

カンタン関数ウィザードで関数を入力

11.9 ●おまかせ!スピーチ原稿ウィザードを使う

11.9.1 おまかせ!スピーチ原稿ウィザードで結婚式のスピーチ原稿を作る

おまかせ!スピーチ原稿ウィザードでスピーチ原稿を作成する

コラム マウスの性能を調節するには

Chapter 12 Access基礎・テーブルとフォーム

12.1 ●Accessのウィンドウ構成

12.2 ●データベースの基礎

12.3 ●テンプレートの「顧客管理」を作成する

12.3.1 テンプレートからデータベースを作成する

テンプレートから顧客管理を作成する

コラム Accessのデータベーステンプレート

12.4 ●入力フォームでデータを入力する

12.4.1 データベースファイルを開く

ファイルメニューからデータベースファイルを開く

12.4.2 入力フォームを使ってデータを入力する

入力フォームからデータを入力する

コラム データベースファイル

12.5 ●レポートを印刷する

12.5.1 レポートを印刷する

レポートを使ってデータを印刷する

コラム Accessデータベースの仕様

12.6 ●新規にデータベースを作成する

12.6.1 テーブルの数と種類を決める

テーブルをデザインする順序

12.6.2 顧客管理データベースの3つのテーブル

作成する3つのテーブル

12.6.3 空のデータベースを作成する

空のデータベースを新規作成する

12.6.4 テーブルウィザードでテーブルを新規作成する

顧客マスターテーブルを作成する

12.6.5 テーブルにフィールドを追加しデータ型を設定する

デザインビューでフィールドを設定する

12.6.6 商品マスターのフィールドとデータ型

コラム Accessで扱うデータ型

12.7 ●テーブルに入力規則を設定する

12.7.1 数値入力の入力規則を設定する

デザインビューで入力規則を設定する

12.8 ●ふりがなが自動で入力されるようにする

12.8.1 IMEモードを設定する

フィールドプロパティでIMEを設定する

12.8.2 ふりがなを自動入力する

ふりがなウィザードでふりがな入力を設定する

12.9 ●郵便番号の入力で自動的に「-」を挿入する

12.9.1 郵便番号の定型入力を設定する

郵便番号入力の支援を設定する

12.9.2 定型入力の構文

定型入力の設定

12.10 ●郵便番号の入力から自動的に住所を入力する

12.10.1 郵便番号を入力すると住所が自動入力されるようにする

郵便番号から住所を入力するように設定する

コラム XMLデータのインポートについて

12.11 ●日付が自動入力されるように設定する

12.11.1 式ビルダで関数を設定する

日付が自動入力される関数を設定する

12.11.2 書式を変更する

日付の表示形式を変更する

12.12 ●オートフォーム機能でフォームを作成する

12.12.1 作成するフォーム

12.12.2 オートフォームでフォームを作成する

オートフォームで表形式のフォームを作る

12.13 ●フォームウィザードでフォームを作成する

12.13.1 フォームウィザードを使ってフォームを作成する

単価形式のフォームを作る

12.13.2 コントロールの位置やサイズや種類をカスタマイズする

フォームのコントロールを調整する

12.13.3 フォームにフィールドを追加する

フィールドを追加する

12.14 ●表紙フォームを作成する

12.14.1 フォームを使ってデータベースの表紙を作る

デザインビューでフォームを作る

12.14.2 表紙フォームにラベルを配置する

表紙にタイトルを入れる

12.14.3 コマンドボタンをフォームに配置する

コマンドボタンウィザードを使う

コラム カスタマイズしたツールバーを元に戻す

12.14.4 ツールボックスの機能

コラム Access 97データベースを移行するときの注意

12.15 ●フォームにその日の日時を表示する

12.15.1 表紙フォームにその日の日時を表示する

テキストボックスに関数を設定する

コラム Accessのフォームおよびレポートの仕様

12.16 ●フォームに演算結果を表示する

12.16.1 フォームのフッターにフィールドの合計値を表示する

テキストボックスに関数を設定する

12.17 ●フォームを使用してデータの検索をする

12.17.1 作成したフォームを操作する

データを検索する

コラム Accessのクエリの仕様

12.18 ●リレーショナル

12.19 ●ルックアップを設定する

12.19.1 ルックアップウィザードでルックアップを設定する

テーブルにルックアップを設定する

コラム データベースの種類

12.20 ●リレーションシップを設定する

12.20.1 リレーションシップを設定する

ダイアログを使ってリレーションシップを設定する

Chapte 13 Access実践・クエリとレポート

13.1 ●クエリ

13.2 ●条件に合うレコードをクエリで抽出する

13.2.1 選択クエリを作成する

ウィザードで選択クエリを作成する

コラム Microsoftのへぇ~その1

13.2.2 クエリに選択の条件を設定する

デザインビューでクエリを設定する

13.3 ●パラメータを設定して抽出するクエリを作成する

13.3.1 毎回異なる条件でデータの抽出を行うためのクエリを作成する

抽出条件に条件を入力させる

コラム Microsoftのへぇ~その2

13.4 ●デザインビューでクエリを作成する

13.4.1 選択クエリを作成し並び替えを行う

結果を昇順に並べるクエリを作る

コラム Microsoftのへぇ~その3

13.5 ●クエリ結果を新規テーブルとして保存する

13.5.1 クエリによって抽出されたレコードで新規テーブルを作成する

クエリからテーブルを作成する

コラム Microsoftのへぇ~その4

13.6 ●クエリで抽出したデータを削除する

13.6.1 アクションクエリの種類

13.6.2 抽出したデータをまとめて削除する

削除クエリでデータを削除する

13.7 ●ウィザードでレポートを作成する

13.7.1 ウィザードを利用して簡単にレポートを作成する

レポートウィザードでレポートを作る

コラム Accessのテーブルの仕様

13.8 ●はがきの宛名を作成する

13.8.1 はがきウィザードで宛名印刷用のレポートを作成する

ウィザードで宛名を印刷する

コラム レコードの重複データを

PR

秀和システム