図解入門 よくわかる構造力学の基本

概 要

構造力学の基本的な計算方法を、豊富な図や例題とともにやさしく丁寧に解説! 構造力学をこれから学ぼうと思っている人や苦手意識を持っている人を対象にしたやさしい入門書です。本書で構造力学の基礎をしっかりと固めてください。

著者 松本慎也
価格 本体2000円(税別)
ISBN 4-7980-0649-1
発売日 2003/11/11
判型 A5
色数 2色
ページ数 240
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 構造力学の基礎

1-1 構造力学とは何をするものか

構造物と荷重

主な荷重の種類とその表記方法

その他の荷重

分布荷重の集中荷重への置き換え

1-2 力について

力の単位と表記方法

力のモーメント

偶力

力の合成と分解

演習問題【合力の問題】

力のつり合い条件

1-3 構造物の節点と支点

節点

支点

接合部

1-4 構造物の分類(安定・不安定と静定・不静定)

安定か不安定か、静定か不静定か

1-5 構造物の呼び方

ラーメン構造

トラス構造

アーチ構造

シェル構造

1-6 はりの呼び名

代表的な静定ばりの呼び名

第2章 静定構造物

2-1 構造物の反力

静定構造物の反力の求め方

演習問題【はりの反力の問題】

演習問題【ラーメンの反力の問題】

2-2 はりの応力図

部材内の力の図示方法

N図(軸方向力図)の描き方

Q図(せん断力図)の描き方

M図(曲げモーメント図)の描き方

演習問題【集中荷重を受けるはりの応力図の問題】

演習問題【分布荷重を受けるはりの応力図の問題】

2-3 ラーメン構造の応力図

静定ラーメン構造の分類

単純ばり型ラーメンの解法

片持ちばり型ラーメン構造の応力計算

スリーヒンジラーメン構造の応力計算

その他のラーメン構造の計算方法

分布荷重を受けるラーメン構造の計算方法

2-4 図式解法

図式解法

2-5 トラス構造とは

トラス構造の基本

トラスの種類

トラス部材に生じる力の表記方法

トラスに生じる力の特性

軸方向力ゼロ部材の見つけ方

トラス引張材・圧縮材の特性

トラスの解法

2-6 合成骨組

軸方向力のみが生ずる部材が混在している骨組構造

2-7 静定構造物の変形

静定構造物の変形を求める3つの方法

はりの変形について

コラム 変形に関する読み方の難しい漢字

2-8 仮想仕事法

仕事とは

仮想仕事の原理

仮想仕事法による変形の計算手順

コラム ギリシャ文字と読み方

コラム 代表的なはりの変形の公式

第3章 断面の性質と応力

3-1 断面の性質

断面の形状と性質

断面の図心と重心

断面の図心の求め方

コラム 断面内のいろいろな点(図心とせん断中心)

演習問題【断面定数を求める問題】

3-2 はりの曲げ剛性

はりの曲がりにくさは何で決まるのか

断面二次モーメントとは

断面二次モーメントの計算定理

3-3 はりの曲げに対する強さ

弾性と塑性

曲げ応力度の分布

断面係数とは

断面の主軸とは

断面二次半径とは

コラム 断面の核とは

3-4 応力度とは

応力度

垂直応力度(引張応力度と圧縮応力度)

縁応力度

3-5 曲げモーメントと軸方向力の組み合わせ応力度

組み合わせ応力度

3-6 ひずみ度

ひずみ度とポアソン比

コラム 代表的な断面形の諸定数

第4章 不静定構造物

4-1 たわみ角法-その1- 節点移動のない場合

たわみ角法の計算の流れ

たわみ角法の基本式の導出

剛度と剛比

たわみ角法で構造物を解くときのポイント

演習問題【不静定ラーメン(節点移動のない問題)の解法】

4-2 たわみ角法-その2- 節点が移動する場合

多層ラーメン構造の場合

演習問題【不静定ラーメン(節点移動のある問題)の解法】

4-3 たわみ角法-その3-

異形ラーメン構造

直角変位図の意味

異形ラーメンの解法の手順

コラム 多層ラーメン構造の水平力のつり合いの特性

4-4 固定法

固定法の原理

固定法の手順

分配率について

コラム 曲げ変形とせん断変形

コラム 様々な部材断面形状の分類と呼び名

第5章 様々な構造力学の問題

5-1 座屈問題

座屈とは

座屈荷重の基礎式

座屈荷重と有効座屈長さ

座屈応力と座屈に対する部材の特性

5-2 振動問題

構造物のモデル化

物体の運動

5-3 骨組の塑性解析

崩壊荷重

材料特性のモデル化

全塑性モーメントと塑性断面係数

崩壊機構

崩壊荷重の計算法

演習問題【崩壊荷重を求める問題】

PR

秀和システム