Windows Server ネットワーク管理ガイド

概 要

本書はネットワーク構築を解説した既刊「Windows 2000 Serverネットワーク構築ガイド」と「Windows Server 2003ネットワーク構築ガイド」の続編にあたり、ネットワーク構築後の管理・運用に重点を置いた解説書です。Windows Server 2000とWindows 2003 Serverに対応しており、サーバ管理の労力を軽減が多数盛り込まれています。サーバ管理者なら是非一冊手元に置いてください。

著者 井上孝司
価格 本体3400円(税別)
ISBN 4-7980-0699-8
発売日 2004/01/31
判型 B5変
色数 1色
ページ数 560
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

Chapter 1 後で苦労しない設定・運用術

1.1 サーバ導入を計画する際の注意点

1.2 サーバの省エネルギー対策を考える

1.3 Active Directoryドメインを設計する際の注意点

1.4 古いOSからのアップグレード術

1.5 サーバのパフォーマンス管理とチューニング

1.6 ディスクの管理とソフトウェアRAIDの利用

1.7 データのバックアップと復元

1.8 困ったときの情報源いろいろ

Chapter 2 サーバの活用・運用に関するノウハウいろいろ

2.1 Active DirectoryとBINDを組み合わせる

2.2 WindowsとMacOS Xの相互乗り入れ

2.3 うっかり削除にボリューム シャドウ コピー

2.4 Windowsサーバでルータを構成する

2.5 インターネット向けサーバのネットワーク設定

2.6 インターネット向けDNSサーバの構築

2.7 インターネット向けWebサーバの構築

2.8 SharePointサービスを使った企業内ポータル構築

Chapter 3 サーバ管理者の仕事を減らす、管理・運用術

3.1 Active Directoryの障害復旧手順

3.2 サーバやドメインのリモート管理と、管理ツールのセットアップ

3.3 レジストリのリモート編集とリモート シャットダウン

3.4 DNSサーバとWINSサーバの維持管理

3.5 ユーザー アカウントの設定に関するヒント

3.6 コマンドによるActive Directoryの管理

3.7 ドメイン情報のエクスポートとインポート

3.8 リモート インストール サービス(RIS)を利用する

Chapter 4 Windowsサーバの安全性を高める

4.1 セットアップ時の注意点

4.2 修正プログラムの自動更新を行なう

4.3 修正プログラムの適用状況を確認するツールいろいろ

4.4 AdministratorとGuestの名前を変更する

4.5 ディレクトリ サービス復元モードのパスワードを忘れずに

4.6 不要なサービスを停止させる

4.7 DNSサーバのセキュリティ対策

4.8 DHCPサーバのセキュリティ対策

4.9 ファイル システムやレジストリのセキュリティ対策

4.1 デフォルト共有(管理共有)を削除する

Chapter 5 グループポリシーを上手に活用する

5.1 グループポリシーとは

5.2 グループポリシーの設定/編集方法

5.3 ポリシーの適用に関するルール

5.4 ポリシー適用のタイミングと、ポリシー適用の高速化

5.5 管理用テンプレートの追加と削除

5.6 GPMCで、効率的にポリシー設定を管理する

Chapter 6 VPNや暗号化の利用で、安全性の高い通信を実現する

6.1 VPNとは何をするものか

6.2 VPNで使用されるプロトコル

6.3 PPTPを使ったリモートアクセスVPNを構築する

6.4 リモートアクセスVPN用にPPTPクライアントを設定する

6.5 PPTPでLAN間接続VPNを構成する

6.6 ユーザー認証用にRADIUSサーバを設置する

6.7 IPsecの概要

6.8 Active Directory環境でIPsecを使用する

6.9 LAN間接続VPN用にIPsecを設定する

6.1 IPsecの動作状況を確認する

6.11 L2TPとIPsecの組み合わせについて

付録 グループポリシー項目一覧

PR

秀和システム