Java 3D グラフィック完全解説

概 要

JavaでCMや映画、ゲームで使用されている3D CGのプログラムを作ってみたくはありませんか? Java3Dは、少し工夫すれば高価な3Dソフトと同じくらいの性能を発揮します。本書は統合開発環境Eclipseを使ってJava3Dの世界を初歩から優しく解説しました。

著者 安井健治郎
価格 本体2680円(税別)
ISBN 4-7980-0707-2
発売日 2004/02/28
判型 B5変
色数 1色
ページ数 368
CD/DVD Windows
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 Javaの概要

1-1 インターネット時代のプログラミング言語

1-2 Javaの特長

アーキテクチャーに依存しない

分散処理が可能

オブジェクト指向

マルチスレッドのサポート

1-3 Java 2 SDKを理解しよう

1-4 Java 3Dの特徴と機能

シーングラフをベースにした3D

3DサウンドAPIを持っている

衝突判定を標準サポートしている

複数のビューモデルをサポートしている

ジオメトリ圧縮を標準でサポートしている

入力デバイスへのインターフェイスを持っている

1-5 Java 3Dプログラムのモデル表示の基本手順

第2章 オープンプラットフォームの統合開発環境「Eclipse」

2-1 Eclipseプロジェクトから生まれた統合開発環境

Eclipseが選ばれる理由

2-2 Eclipseのインストール

Eclipseのダウンロード

Java 2 SDKのインストール

環境変数の設定

Eclipseのインストール

Eclipseで日本語を表示する

Eclipseのウィンドウで使用するフォントの設定

2-3 Eclipseの基本操作

ワークベンチ

パースペクティブ

エディタ

ビュー

2-4 Java3Dのインストール

2-5 EclipseでJavaアプリケーションを作成する

Javaパースペクティブに切り替える

プロジェクトを作成する

クラスを作成する

Javaコードを記述して実行する

2-6 サンプルの準備

サンプルのコピー

サンプルの読み込み

第3章 Javaプログラミングの基本

3-1 Javaプログラミングの基本構造

クラス

クラスを定義する

クラスを継承する

3-2 メソッド

メソッドを記述する

コンストラクタ

メインメソッド

3-3 Javaの基本文法 その1

変数

スコープ

配列

3-4 算術演算子

算術演算子

比較演算子

条件演算子

演算子の優先順位

3-5 Javaの基本文法 その2

分岐処理

繰り返し処理

第4章 3Dグラフィックスの基礎知識

4-1 3DCG作成環境の変遷

4-2 基本的な座標について知っておこう

ワールド座標系

ローカル座標系

視点座標系

スクリーン座標系

4-3 数学の基礎知識

行列計算の基礎知識

 加算

 減算

 乗算

ベクトルの基礎知識

内積の基礎知識

外積の基礎知識

4-4 物体の移動

平行移動

回転移動

 X軸周りの回転

 Y軸周りの回転

 Z軸周りの回転

 任意の軸周りの回転

スケーリング

対称移動

透視投影変換

第5章 モデリング

5-1 モデリングとは

5-2 主な三次元モデル

ワイヤーフレームモデル

サーフェースモデル

ソリッドモデル

5-3 モデリングを行ってみよう

三角面を作成しよう

プリミティブを利用しよう

3Dモデルの色付き表示

ワイヤーフレーム表示

他のモデラーで作成したモデルの読み込み

シーングラフをVRML形式で保存する

第6章 テクスチャマッピング

6-1 テクスチャマッピングの種類

バンプマッピング

環境マッピング

リフラクションマッピング

その他のマッピング技法

6-2 Java 3Dを利用したテクスチャマッピング

テクスチャマッピングを利用するための処理手順

テクスチャマッピングを行ってみよう

6-3 環境マッピングを使ってみよう

6-4 バンプマッピング

6-5 背景にテクスチャを貼り付ける

第7章 レンダリング

7-1 レンダリングの種類

7-2 光源の種類

平行光源

点光源

環境光源

スポットライト

光源による違いの比較

7-3 3Dモデルの表面の性質を使い分けよう

拡散反射

環境光による反射

鏡面反射

輝度

自己発光

霧(Fog)

任意方向に向いた法線ベクトルを設定する

第8章 アニメーションを作成してみよう

8-1 自動的に動作するアニメーションを創る

3Dモデルを回転させる

3Dモデルの位置を変える

3Dモデルの縮尺を変える

3Dモデルの色を変える

3Dモデルの透明度を変える

8-2 マウスで3Dモデルを操作する

8-3 キーボードで3Dモデルを操作する

PR

秀和システム