Cisco技術者認定 図解CCNA対策教本 スキルアップ問題集 640-801J対応

概 要

本書はネットワーク技術の基礎からCCNA(試験番号640-801J)合格に必須の知識を、実際の機器の設定例も交えながらわかりやすく、かつ詳細にまとめました。本書はCCNA試験対策の問題集としても使えますが、読み進むうちにネットワーク全体に対する理解が深められるようになっておりCCNAに合格した人も読む価値のあるネットワーク総合学習書になっています。

著者 松崎敬、安井久美子、池永智哉
価格 本体4500円(税別)
ISBN 4-7980-0711-0
発売日 2004/03/13
判型 B5変
色数 2色
ページ数 746
CD/DVD Windows
対象読者 中級
シリーズ 資格試験
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 01 ネットワーキングの基礎

Section 1 コンピュータネットワークの特徴

Section 2 LAN/WANとネットワークデバイス

Section 3 プロトコルとOSI参照モデル

Section 4 ジャンプ問題(1)

Section 5 OSI第1層 物理層

Section 6 ネットワークケーブルとコネクタ

Section 7 ハブとリピータ

Section 8 ジャンプ問題(2)

Section 9 OSI第2層 データリンク層

Section 10 スイッチとブリッジ

Section 11 OSI第3層 ネットワーク層

Section 12 ルータ

Section 13 ジャンプ問題(3)

Section 14 OSI第7層 アプリケーション層

Section 15 OSI第6層 プレゼンテーション層

Section 16 OSI第5層 セッション層

Section 17 ジャンプ問題(4)

Section 18 OSI第4層 トランスポート層

Section 19 カプセル化とカプセル化解除

Section 20 ジャンプ問題(5)

Section 21 ネットワークトポロジ

Section 22 ネットワークの通信形態

Section 23 新しいネットワーク技術

Section 24 ジャンプ問題(6)

Section 25 ブレークスルー問題

Chapter 02 TCP/IP

Section 26 TCP/IPの特徴

Section 27 TCPとUDPの「信頼性」

Section 28 TCPヘッダの構造

Section 29 ジャンプ問題(1)

Section 30 ポート番号

Section 31 3ウェイハンドシェイク

Section 32 シーケンス番号と確認応答

Section 33 ジャンプ問題(2)

Section 34 再送信のメカニズム

Section 35 ウィンドウ制御

Section 36 UDPヘッダの構造

Section 37 ジャンプ問題(3)

Section 38 IPヘッダの構造

Section 39 IPアドレスの表記方法

Section 40 ジャンプ問題(4)

Section 41 IPアドレスの構造とクラスの概念

Section 42 特別なIPアドレス

Section 43 サブネットマスク

Section 44 ジャンプ問題(5)

Section 45 ホスト数の算出方法

Section 46 サブネット化の考え方

Section 47 サブネットの算出方法

Section 48 IPブロードキャスト

Section 49 ジャンプ問題(6)

Section 50 ARP

Section 51 Proxy ARP

Section 52 RARPとDHCP

Section 53 ICMP

Section 54 ジャンプ問題(7)

Section 55 ブレークスルー問題

Chapter 03 Ciscoルータの基本設定

Section 56 Ciscoルータの特徴

Section 57 Ciscoルータのインタフェース

Section 58 CiscoルータとPCのコンソール接続

Section 59 Cisco IOSの特徴

Section 60 ジャンプ問題(1)

Section 61 Ciscoルータのメモリ

Section 62 コンフィグレーションレジスタとルータの起動

Section 63 Ciscoルータの起動プロセス

Section 64 ジャンプ問題(2)

Section 65 Ciscoルータの起動とSetupモード

Section 66 Ciscoルータへのログイン

Section 67 Ciscoルータの設定モード

Section 68 ジャンプ問題(3)

Section 69 コマンド入力サポート機能(1)

Section 70 コマンド入力サポート機能(2)

Section 71 エラーメッセージの解釈

Section 72 ジャンプ問題(4)

Section 73 running-configとstartup-config

Section 74 識別情報の設定

Section 75 パスワードの設定(1)

Section 76 パスワードの設定(2)

Section 77 ジャンプ問題(5)

Section 78 パスワードリカバリー

Section 79 show versionコマンド

Section 80 config-registerコマンド

Section 81 ジャンプ問題(6)

Section 82 インタフェースの設定(1)

Section 83 インタフェースの設定(2)

Section 84 インタフェースの起動/停止と確認

Section 85 ジャンプ問題(7) 176

Section 86 ラインコンフィグレーションモードコマンド

Section 87 boot systemコマンド

Section 88 ルータの初期化

Section 89 ジャンプ問題(8)

Section 90 ブレークスルー問題

Chapter 04 LANの基礎

Section 91 LANの種類

Section 92 Ethernetの特徴

Section 93 ジャンプ問題(1)

Section 94 Ethernetの物理層規格

Section 95 10BASE5と10BASE2

Section 96 2種類のツイストペアケーブル

Section 97 光ファイバーケーブルの特徴

Section 98 ジャンプ問題(2)

Section 99 CSMA/CD方式(1)

Section 100 CSMA/CD方式(2)

Section 101 二重方式とケーブリング

Section 102 コリジョンドメインとブロードキャストドメイン

Section 103 ジャンプ問題(3)

Section 104 MAC副層とフレームフォーマット

Section 105 LLC副層とフレームフォーマット

Section 106 新しいLAN技術(1) Gigabit Ethernet

Section 107 新しいLAN技術(2) 無線LAN

Section 108 ジャンプ問題(4)

Section 109 ブレークスルー問題

Chapter 05 LANスイッチング

Section 110 レイヤ2スイッチの特徴

Section 111 MACアドレスの学習方法

Section 112 フォワーディングとフィルタリング

Section 113 ジャンプ問題(1)

Section 114 スイッチの転送方式

Section 115 スイッチの転送遅延

Section 116 冗長構成の問題点

Section 117 ジャンプ問題(2)

Section 118 スパニングツリープロトコル

Section 119 BPDUとブリッジID

Section 120 ルートブリッジと各種ポートの選出

Section 121 ジャンプ問題(3)

Section 122 スパニングツリーのポート状態遷移

Section 123 スパニングツリー検証コマンド

Section 124 ジャンプ問題(4)

Section 125 RSTPの特徴

Section 126 PortFastの特徴

Section 127 UplinkFastの特徴

Section 128 ジャンプ問題(5)

Section 129 ブレークスルー問題

Chapter 06 Catalystスイッチの基本設定

Section 130 CatalystスイッチのOSの種類

Section 131 Catalystスイッチのケーブリングと起動

Section 132 Catalystスイッチのファクトリーデフォルト

Section 133 ジャンプ問題(1)

Section 134 Catalyst 1900のパスワード設定

Section 135 Catalyst 2950のパスワード設定

Section 136 Catalyst 1900のホスト名設定

Section 137 Catalyst 2950のホスト名設定

Section 138 ジャンプ問題(2)

Section 139 Catalyst 1900のポート識別情報設定

Section 140 Catalyst 2950のポート識別情報設定

Section 141 Catalyst 1900のIPアドレス設定

Section 142 Catalyst 2950のIPアドレス設定

Section 143 デフォルトゲートウェイの設定

Section 144 ジャンプ問題(3)

Section 145 Catalyst 1900のポートの動作モード設定

Section 146 Catalyst 2950のポートの動作モード設定

Section 147 ジャンプ問題(4)

Section 148 Catalyst 1900のMACアドレステーブル管理

Section 149 Catalyst 2950のMACアドレステーブル管理

Section 150 Catalyst 1900のスタティックMACアドレス

Section 151 Catalyst 2950のスタティックMACアドレス

Section 152 ジャンプ問題(5)

Section 153 Catalyst 1900のポートセキュリティ設定

Section 154 Catalyst 2950のポートセキュリティ設定

Section 155 ジャンプ問題(6)

Section 156 ブレークスルー問題

Chapter 07 ネットワーク管理

Section 157 CDPの特徴

Section 158 CDPの設定

Section 159 show cdpコマンド(1)

Section 160 show cdpコマンド(2)

Section 161 ジャンプ問題(1)

Section 162 pingコマンド

Section 163 tracerouteコマンド

Section 164 telnetコマンド

Section 165 TELNET接続の検証・中断・再開

Section 166 ジャンプ問題(2)

Section 167 copyコマンドの特徴(1)

Section 168 copyコマンドの特徴(2)

Section 169 ジャンプ問題(3)

Section 170 ブレークスルー問題

Chapter 08 VLAN

Section 171 VLANの特徴

Section 172 トランクとフレームタギング

Section 173 ISLとIEEE 802.1Q標準

Section 174 ジャンプ問題(1)

Section 175 VTPの特徴

Section 176 VTPの3つのモード

Section 177 リビジョン番号

Section 178 VTPプルーニング

Section 179 ジャンプ問題(2)

Section 180 Catalyst 1900のVTP設定

Section 181 Catalyst 2950のVTP設定

Section 182 CatalystスイッチのVLAN設定

Section 183 ジャンプ問題(3)

Section 184 VLANとポートのマッピング

Section 185 トランクポートの設定

Section 186 管理VLANの変更

Section 187 ジャンプ問題(4)

Section 188 ブレークスルー問題

Chapter 09 IPルーティング

Section 189 ルーティングの特徴

Section 190 ルータの経路学習

Section 191 スタティックルートの特徴

Section 192 ジャンプ問題(1)

Section 193 スタティックルートの設定

Section 194 デフォルトルートの設定

Section 195 show ip routeコマンドによる検証

Section 196 ジャンプ問題(2)

Section 197 ルーティングプロトコルの特徴(1)

Section 198 ルーティングプロトコルの特徴(2)

Section 199 ジャンプ問題(3)

Section 200 ディスタンスベクタ型の経路学習プロセス

Section 201 ルーティングループの発生

Section 202 ディスタンスベクタ型の問題解決方法

Section 203 ディスタンスベクタ型のタイマ

Section 204 ジャンプ問題(4)

Section 205 RIPの特徴

Section 206 RIPの基本設定コマンド

Section 207 RIPの基本設定例

Section 208 ジャンプ問題(5)

Section 209 RIP検証コマンド(1)

Section 210 RIP検証コマンド(2)

Section 211 RIP検証コマンド(3)

Section 212 ジャンプ問題(6)

Section 213 IGRPの特徴

Section 214 IGRPの基本設定コマンド

Section 215 IGRPの基本設定例

Section 216 ジャンプ問題(7)

Section 217 IGRP検証コマンド(1)

Section 218 IGRP検証コマンド(2)

Section 219 ジャンプ問題(8)

Section 220 OSPFの特徴

Section 221 OSPFの経路学習プロセス

Section 222 マルチアクセスにおけるOSPFの動作

Section 223 ジャンプ問題(9)

Section 224 OSPFの基本設定コマンド

Section 225 OSPFの基本設定例

Section 226 OSPF検証コマンド(1)

Section 227 OSPF検証コマンド(2)

Section 228 ジャンプ問題(10)

Section 229 EIGRPの特徴

Section 230 EIGRPの基本設定コマンド

Section 231 EIGRP検証コマンド

Section 232 ジャンプ問題(11)

Section 233 可変長サブネットマスク(VLSM)

Section 234 経路集約

Section 235 VLAN間ルーティングの設定

Section 236 ジャンプ問題(12)

Section 237 ブレークスルー問題

Chapter 10 アクセスリスト

Section 238 アクセスリストの概要

Section 239 アクセスリストのアプリケーション

Section 240 IPアクセスリストの特徴

Section 241 ジャンプ問題(1)

Section 242 アクセスリストの動作

Section 243 IPアクセスリスト作成時の注意点

Section 244 ワイルドカードマスクの特徴

Section 245 ジャンプ問題(2)

Section 246 標準IPアクセスリストの設定

Section 247 標準IPアクセスリストの設定例

Section 248 ジャンプ問題(3)

Section 249 拡張IPアクセスリストの設定

Section 250 拡張IPアクセスリストの設定例

Section 251 アクセスクラスの設定

Section 252 ジャンプ問題(4)

Section 253 名前付き標準IPアクセスリストの設定

Section 254 名前付き拡張IPアクセスリストの設定

Section 255 IPアクセスリスト検証コマンド

Section 256 ジャンプ問題(5)

Section 257 ブレークスルー問題

Chapter 11NAT

Section 258 NATの概要

Section 259 NATの3方式

Section 260 ジャンプ問題(1)

Section 261 スタティックNATの設定

Section 262 ダイナミックNATの設定

Section 263 PAT(オーバーローディング)の設定

Section 264 ジャンプ問題(2)

Section 265 NAT/PAT検証用コマンド(1)

Section 266 NAT/PAT検証用コマンド(2)

Section 267 ジャンプ問題(3)

Section 268 ブレークスルー問題

Chapter 12 WANの基礎

Section 269 WANの概要

Section 270 WAN回線サービスの形態

Section 271 WANを構成する基本要素

Section 272 ジャンプ問題(1)

Section 273 WANシリアルケーブリング

Section 274 WANデータリンク層カプセル化プロトコル

Section 275 HDLCの特徴

Section 276 ジャンプ問題(2)

Section 277 PPPの特徴

Section 278 PPPセッション確立フェーズ

Section 279 LCPオプション

Section 280 PAP認証とCHAP認証

Section 281ジャンプ問題(3)

Section 282 PPP設定コマンド

Section 283 PPP検証コマンド(1)

Section 284 PPP検証コマンド(2)

Section 285 PPP検証コマンド(3)

Section 286 ジャンプ問題(4)

Section 287 ブレークスルー問題

Chapter 13 ISDN

Section 288 ISDNの特徴

Section 289 BチャネルとDチャネル

Section 290 ISDN BRIとISDN PRI

Section 291 ジャンプ問題(1)

Section 292 ISDN標準プロトコルとコール確立プロセス

Section 293 SPIDとISDNスイッチタイプ

Section 294 ジャンプ問題(2)

Section 295 ISDNネットワークにおけるCPEと参照点

Section 296 CiscoルータにおけるBRI接続とPRI接続

Section 297 ジャンプ問題(3)

Section 298 レガシーDDRの特徴

Section 299 レガシーDDRの設定

Section 300 レガシーDDRの設定例

Section 301 ジャンプ問題(4)

Section 302 マルチリンクPPP

Section 303 ISDN PRIインタフェースの基本設定

Section 304 ISDN PRIインタフェースの追加設定

Section 305 ダイヤラープロファイルの基本設定

Section 306 ジャンプ問題(5)

Section 307 ISDN検証用コマンド(1)

Section 308 ISDN検証用コマンド(2)

Section 309 ISDN検証用コマンド(3)

Section 310 ジャンプ問題(6)

Section 311ブレークスルー問題

Chapter 14 フレーム・リレー

Section 312 フレーム・リレーの特徴

Section 313 フレーム・リレーの動作

Section 314 ジャンプ問題(1)

Section 315 LMIとInverse ARPの動作

Section 316 フレーム・リレーの重要用語

Section 317 ジャンプ問題(2)

Section 318 フレーム・リレーのトポロジ

Section 319 NBMAと到達可能性の問題

Section 320 サブインタフェースによる接続

Section 321 フレーム・リレー網内部の機能

Section 322 ジャンプ問題(3)

Section 323 フレーム・リレーの基本設定

Section 324 サブインタフェースの設定

Section 325 サブインタフェースの設定例

Section 326 ジャンプ問題(4)

Section 327 フレーム・リレー検証コマンド(1)

Section 328 フレーム・リレー検証コマンド(2)

Section 329 フレーム・リレー検証コマンド(3)

Section 330 ジャンプ問題(5)

Section 331 ブレークスルー問題

PR

秀和システム