はじめての裏技ExcelVBA

概 要

本書は、基本的な操作を習得している初級以上のユーザーを対象にした、Excelの便利で効率的なテクニック集です。これらのVBAを使えば、Excelで行っている処理の大半を自動化することができます。入門書では扱わないVBAの裏技を豊富に集めた、脱初心者を目指す人にオススメの一冊です。

著者 渋谷玲子
価格 本体1800円(税別)
ISBN 4-7980-0713-7
発売日 2004/02/21
判型 B5変
色数 2色
ページ数 304
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ はじめての裏技
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

1 VBEを起動する

ツールバーから起動する 

2 VBEとExcelの画面を切り替える

ボタンで切り替える 

3 VBEを終了する

メニューから終了する    

[閉じる]ボタンで終了する 

4 標準モジュールを挿入する

ツールバーボタンから挿入する 

メニューバーから挿入する 

5 プロジェクトエクスプローラ内の表示を切り替える

[-] [+]のアイコンで切り替える 

[フォルダの切り替え]ボタンで切り替える 

6 コードウィンドウ内で編集をする

ドラッグによる移動 

ドラッグによるコピー 

7 複数行をまとめてインデントを設定する

インデントを設定する 

インデントを解除する 

8 複数行にコメントを設定する

コメントの設定 

コメントの解除 

9 コードを印刷する

特定のモジュールを印刷する 

10 コードを効率的に入力する

自動クイックヒントで構文を自動的に表示する 

自動メンバ表示で、使用可能なプロパティやメソッドを自動的に表示する 

オブジェクトステートメントやVBA関数の一覧を表示する 

11 オブジェクトのプロパティを使用する

セルB2のフォントサイズを値を取得する 

セルB2のフォントのサイズを18ポイントに設定する 

12 メソッドを使用する

セル範囲のB2からC5を選択する 

2番目のワークシートの右に新規シートを挿入する 

13 変数を宣言する

整数型の変数num、および文字列型の変数strを宣言する 

14 条件に応じて処理を分岐する

セルB1の値に応じてメッセージを表示する-単一条件判断(インライン形式) 

セルB1の値に応じてメッセージを表示する-単一条件判断(ブロック形式) 

セルB1の値に応じてセルC1の値を設定する-複数条件判断 

15 Select Caseで条件に応じて処理を分岐する

セルB1の値に応じてセルC1の値を設定する 

16 同一オブジェクトに対する連続処理を効率的に実行する

セルA1に数値30を入力し、太字、セルの色を黄色に設定する 

17 加算処理を5回繰り返す

カウンタ変数を2ずつ増加して、変数numに1を加算する処理を5回繰り返す 

18 コレクションに含まれる要素に対して同じ処理を実行する

セル範囲A1からC10の値が、負の場合はセルの色を赤にする 

19 条件式を評価し、繰り返し処理を実行する

変数numの値が5になるまで、numに1を加算する - 前判断 

変数numの値が5になるまで、numに1を加算する - 後判断 

変数numの値が5より大きい間は、numから1を減算する - 前判断 

変数numの値が5より大きい間は、numから1を減算する - 後判断 

20 ループを抜ける

生成した乱数の値に応じて、ループから抜ける 

21 Rangeプロパティでセルを選択する

1つのセルを選択する 

連続セル範囲を選択する 

非連続の複数のセルを選択する 

名前が定義されたセルを選択する 

22 行全体を選択する

1行を選択する 

複数の行を選択する 

23 列全体を選択する

1列を選択する 

複数の列を選択する 

24 Cellsプロパティでセルを選択する

1つのセルを選択する 

すべてのセル(ワークシート全体)を選択する 

25 Cellsプロパティを使用してセル範囲を選択する

連続したセル範囲を選択する 

26 セルにデータを入力する

セルに数値を入力する 

セルに文字列を入力する 

27 セルに数式を入力する

A1形式でセルに数式を入力する 

28 R1C1形式でセルに数式を入力する

R1C1形式でセルに数式を入力する 

R1C1形式のセルの表記方法の設定 

29 セルのデータを取得する

セルの数字を取得する 

セルの文字列を取得する 

セルの日付を取得する 

30 セルに入力された計算式を取得する

セルの数式を所得する 

31 セルのデータをコピー 移動する

セルをコピーする 

セルを移動する 

32 形式を選択して貼り付ける

書式をコピーする 

33 セルの内容をクリアする

すべてをクリアする 

書式をクリアする 

数式と値をクリアする 

34 セルを挿入する

選択範囲の下にセルを挿入する 

35 セルを削除する

選択範囲のセルを削除する 

36 セルの表示形式を設定する

数値の表示形式を設定する 

37 セル内の配置を横位置に設定する

横(水平方向)位置を設定する 

38 セル内の配置を縦位置に設定する

縦(垂直方向)位置を設定する 

39 セルの背景色を設定する

セルの背景色を設定する 

40 セルの文字を太字にして、色を設定する

セルの文字を太字にして、色を設定する 

41 セルの文字のフォント名などを設定する

フォント名、サイズ、フォントスタイルを設定する 

42 セルの罫線を設定する

表の外枠を中太線、内側を細線、最終行を区切る線を二重線に設定する 

43 アクティブセル領域を選択する

アクティブセル領域を選択する 

44 アクティブセル領域のセルの数を取得する

アクティブセル領域のセル数を取得する 

45 セル範囲の先頭のデータを取得する

セル範囲の先頭のデータを取得する 

46 セル範囲の最後のデータを取得する

A列の最後のデータを取得する 

Endプロパティを使用したセルの選択 

47 ワークシートを印刷する

ワークシートをプレビューする 

ワークシートの部数を指定して印刷する 

印刷範囲を設定して印刷する 

48 ワークシートを表示 非表示にする

ワークシートを非表示にする 

ワークシートを表示にする 

49 ワークシートの倍率設定する

ワークシートの表示倍率を150%に設定する 

50 ワークシートを分割する

B列とC列、5行と6行を境に、ワークシートを分割する 

51 ウィンドウ枠を固定する

B列4行を境に、ウィンドウ枠を固定する 

52 ウィンドウを整列する

開いているブックを並べて表示する 

53 ウィンドウの大きさを設定する

ブックをExcelウィンドウの指定した位置に設定する 

54 ウィンドウの位置を設定する

ウィンドウを最大化する 

ウィンドウの位置とサイズを指定して、最大化する 

55 ワークシートの枠線を非表示にする

ワークシートの枠線と改ページの線を非表示にする 

56 シートの枚数をカウントする

ブック内のすべてのシートの枚数をカウントする 

ブック内のワークシートの枚数をカウントする 

57 ワークシートを挿入する

ワークシートを挿入する 

挿入位置と枚数を指定して、ワークシートを挿入する 

58 ワークシートを削除する

ワークシートを削除する 

シート削除の確認メッセージを表示せずに削除する 

59 グラフシートを削除する

グラフシートを削除する 

すべてのグラフシートを削除する 

60 ワークシートをコピーする

ワークシートを同一ブック内にコピーする 

ワークシートを新規ブックにコピーする 

61 ワークシートを移動する

ワークシートを同一ブック内で移動する 

ワークシートを新規ブックに移動する 

62 ワークシート名を変更する

ワークシートの見出しを変更する 

63 ワークシートの見出しに色を付ける

ワークシートの見出しに色を設定する 

64 ワークシートの一覧を取得する

ブック内のすべてのワークシートを一覧表示する 

65 ワークシートを保護する

ワークシートをパスワード付きで保護する 

ワークシートの保護を解除する 

66 ワークシートをグループ化する

ブック内のすべてのワークシートを作業グループにする 

指定したワークシートを作業グループにする 

67 既存のブックを開く

ファイル名を指定してブックを開く 

68 ブックを閉じる

すべてブックを閉じる

アクティブブックを閉じる 

変更を保存してブックを閉じる

69 ブックを並べて比較する

ブックを並べて比較する 

70 並べて表示しているウィンドウの同時スクロールを解除する

並べて表示しているウィンドウの同時スクロールを解除する 

71 ブックを保護 解除する

アクティブブックをパスワード付きで保護する 

アクティブブックの保護を解除する 

72 テキストファイルを読み込む

タブ区切りのテキストファイルを読み込む 

73 データ型を指定してテキストファイルを読み込む

カンマ区切りのテキストファイルを、フィールドのデータ型を指定して読み込む 

74 ブックを開かずにテキストファイルを読み込む

カンマ区切りのテキストファイルを読み込み、指定したワークシートに展開する 

75 文章形式のファイルを読み込む

文章形式のファイルを1行ずつ読み込み、指定したワークシートに展開する 

76 セルのデータをテキストファイルに書き込む

ワークシートの内容をカンマ区切り形式でテキストファイルに書き込む 

77 1行ずつテキストファイルに書き込む

ワークシートの内容を1行ずつ読み込み、文章形式でテキストファイルに書き込む 

78 ファイルを削除する

ファイルの存在と削除の実行を確認し、ファイルを削除する 

79 ファイルをコピーする

ファイル名を変更して、ファイルをコピーする 

80 ファイルの名前を変更する

ファイル名を変更する 

81 ファイルの属性を取得する

指定したフォルダ内にあるファイルの属性を取得し、ワークシートに一覧表示する 

82 文字列を検索する

リスト範囲内で文字列「ジャム」を検索し、これを含むセルに色を設定する 

83 データを置換する

リスト範囲内で、文字列「チョコレート」を「生チョコレート」に置換する 

84 セルのコメントを操作する

セルB1にコメントを追加する 

シートに含まれるコメントをすべて表示する

85 連続データを作成する

2004年1月31日から、各月末の日付を作成する 

5ずつ増加する整数を作成する 

86 ハイパーリンクを設定する

URLおよびメールアドレスのハイパーリンクを設定する 

87 データを並べ替える

売上一覧表を金額の降順に並べ替える 

88 リストの最終セルを取得する

最終セルの次のセルをアクティブにする 

89 リストのオートフィルタを設定する

売上一覧表で数量が300以上のデータを抽出する 

90 リストを作成する

リストを作成する 

91 リストを解除する

リストを解除する 

92 非アクティブのリストの境界線を非表示にする

非アクティブのリストの境界線を非表示にする 

93 条件に一致したデータをカウントする

売上一覧表内の「クッキー」のデータ件数を求める 

94 テキストボックスを挿入する

「四半期売上」という文字列を表示する横書きテキストボックスを作成する 

95 テキストボックスの塗りつぶしと線を設定する

テキストボックスを水色に塗りつぶし、線の色を青、幅を1.5に設定する 

96 線を挿入する

実線の直線と点線の矢印を挿入する 

97 四角形を挿入する

塗りつぶしを設定した正方形と、影を付けた長方形を挿入する 

98 円を挿入する

グラデーションを設定した円とパターンを設定した楕円を挿入する 

99 ユーザーフォームを作成する

ユーザーフォームを挿入する 

100 コントロールを配置する

コントロールをドラッグ&ドロップで配置する 

コントロールをクリックで配置する

コントロールをユーザーフォーム上でドラッグして配置する 

101 コントロールのプロパティを設定する

コマンドボタンに「OK」と表示する

102 プログラムの実行時にプロパティを設定する

フォームをデザインする 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

103 フォーカスの取得時 喪失時にメッセージを表示する

フォームをデザインする 

コマンドボタンがフォーカスを取得したときの処理を記述する 

コマンドボタンがフォーカスを喪失するときの処理を記述する 

104 キーでボタンを押せるようにする

フォームのデザイン 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

105 リストボックスに複数列のデータを表示する

リストボックスに表示する項目を設定する 

リストボックスに表示する列数を設定する 

106 リストボックスで選択された項目を取得する

フォームのデザイン 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

107 リストボックスの選択行の特定項目を取得する

フォームのデザイン 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

108 リストボックスで選択された行を列挙する

フォームのデザイン

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

109 テキストボックスに入力できる文字数を制限する

テキストボックスの文字数を8文字に制限する 

入力可能な文字数を超えたら、次のコントロールにフォーカスが移動するようにする 

110 パスワード入力用のテキストボックスを作成する

フォームのデザイン 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

111 IMEを自動的に切り替える

IMEモードの設定 

112 テキストボックスとセルをリンクする

フォームのデザイン

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

113 複数行入力できるテキストボックスを作る

フォームのデザイン 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

複数行の入力とスクロールバー

114 テキストボックスの文字の種類をチェックする

数字以外が入力されたらエラーメッセージを表示する 

115 コンボボックスで入力された値をチェックする

フォームのデザイン 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

116 コンボボックスのリストに項目を追加する

フォームのデザイン 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する

117 コンボボックスのリストから項目を削除する

フォームのデザイン

フォームが表示される前に、コンボボックスに項目を追加する処理を記述する 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

118 チェックボックスでフォントの書式を設定する

フォームのデザイン 

チェックボックスをクリックしたときの処理を記述する 

119 オプションボタンを利用してフォントサイズを設定する

フォームのデザイン 

オプションボタンをクリックしたときの処理を記述する 

120 オプションボタンで文字列とフォントの種類を設定する

フォームのデザイン

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

121 マルチページのページを追加 削除する

マルチページのページを追加する 

マルチページのページを削除する 

122 ページのプロパティを設定する

フォームのデザイン 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

123 マルチページのページをVBAコードで削除する

フォームのデザイン 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

124 スピンボックスでセルのフォントサイズを設定する

フォームのデザイン

スピンボタンをクリックしたときの処理を記述する 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

125 ユーザーフォームを利用してセル範囲を取得する

フォームのデザイン 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

126 画像を表示する

プロパティウィンドウで画像を設定する 

127 表示する画像をVBAコードで指定する

フォームのデザイン 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

128 画像を拡大 縮小する

フォームのデザイン 

ユーザーフォームが表示される前の処理を記述する 

スピンボタンをクリックしたときの処理を記述する 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

129 ユーザーフォームの初期化時にプロパティを設定する

フォームのサイズや背景色などを初期化時に設定する 

130 フォームが閉じるときに処理を行う

フォームが閉じる直前の処理を記述する 

131 フォームの閉じるボタンを無効にする

フォームのデザイン 

フォームを閉じる直前の処理を記述する 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

132 別のフォームを呼び出す

フォームのデザイン 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

133 ブックを開くときに処理を行う

ブックが開くときに、メッセージを表示する 

134 ブックを閉じるときに処理を行う

ブックを閉じるときに、更新日の入力を促すメッセージを表示する 

135 ブックを保存するときに処理を行う

ブックを保存するときに、確認メッセージを表示する 

136 ブックを印刷するときに処理を行う

ブックを印刷するときに、確認メッセージを表示する 

137 新しいシートを挿入したときに処理を行う

新しいシートを右端に移動する 

138 ブックが非アクティブになったときに処理を行う

別のブックをアクティブにしたときに、開いているウィンドウを重ねて表示する 

139 ワークシートをアクティブにしたときに処理を行う

シートをアクティブにしたときに、メッセージを表示する 

140 セルの値が変更されたときに処理を行う

値が変更されたセルの色を設定する 

141 選択範囲を変更したときに処理を行う

選択範囲がウインドウの左上になるようにスクロールする 

142 標準のメニューバーをカスタマイズする

標準メニューバーをカスタマイズする 

メニューコマンドに割り当てるマクロを作成する 

143 独自のツールバーを作成し自作のマクロを割り当てる

3つのボタンを持ったツールバーを作成する 

ツールバーボタンに割り当てるマクロを作成する 

144 コンボボックスにマクロを割り当てる

コンボボックス形式のツールバーを作成する 

コンボボックスに割り当てるマクロを作成する 

145 メニューを淡色表示にする

ブックが開くときの処理を記述する 

ブックを閉じるときの処理を記述する 

146 Accessのデータベースファイルを操作する

DAOの参照設定 

Northwind.mdbの「得意先」テーブルの件数を取得する 

147 Webページのデータをワークシートに取り込む

指定したURL上のデータを取得してワークシートで表示する 

148 グラフを挿入する

データ範囲と系列を指定して、グラフを作成する 

埋め込みグラフ 

149 グラフの種類を変更する

グラフを折れ線グラフに変更する 

150 グラフのタイトルを設定する

「四半期売上」というグラフタイトルをグラフエリアの左上に設定する 

151 第二軸を設定する

新たにグラフシートを挿入し、グラフを作成する 

指定したデータ系列で使用する軸を第二軸に設定する 

グラフの凡例 

152 補助縦棒グラフ付き円グラフを作成する

新たにグラフシートを挿入し、グラフを作成する 

グラフの種類やグラフオプションを設定する 

153 顧客マスタデータを登録する

フォームの作成 

「登録」ボタンをクリックしたときの処理を記述する 

「クリア」ボタンをクリックしたときの処理を記述する 

154 商品マスタへデータを登録する

フォームの作成 

「登録」ボタンをクリックしたときの処理を記述する 

「クリア」ボタンをクリックしたときの処理を記述する 

155 「顧客一覧」ワークシートを並べ替える

「コード順に並べ替え」ボタンに割り当てるマクロを記述する 

「フリガナ順に並べ替え」ボタンに割り当てるマクロを記述する 

156 「商品一覧」ワークシートを並べ替える

「コード昇順」ボタンに割り当てるマクロを記述する 

「単価昇順」ボタンに割り当てるマクロを記述する 

「単価降順」ボタンに割り当てるマクロを記述する 

「在庫昇順」ボタンに割り当てるマクロを記述する 

「在庫降順」ボタンに割り当てるマクロを記述する 

157 メニュー画面を設定する

「顧客マスタ登録」ボタンに割り当てるマクロを記述する 

「商品マスタ登録」ボタンに割り当てるマクロを記述する 

「顧客一覧印刷」ボタンに割り当てるマクロを記述する 

「商品一覧印刷」ボタンに割り当てるマクロを記述する 

「終了」ボタンに割り当てるマクロを記述する 

158 3D集計を実行する

プロシージャの作成 

159 書式を設定する

プロシージャの作成 

160 グラフを作成する

プロシージャの作成 

161 フォームを作成する

ユーザーフォームを追加する 

コマンドボタンをクリックしたときの処理を記述する 

162 作業ウィンドウの表示 非表示を設定する

プロシージャの作成 

163 セルの選択範囲を変更する

プロシージャの作成 

164 枚数を指定してシートを挿入する

プロシージャの作成 

165 シートの枚数を指定して新規ブックを作成する

プロシージャの作成 

166 セルの文字列をコメントに設定する

プロシージャの作成 

167 コメントを削除する

プロシージャの作成 

168 数式の表示 非表示を設定する

プロシージャの作成

169 ハイパーリンクを解除する

プロシージャの作成 

170 ツールバーを作成する

プロシージャの作成 

171 ブレークポイントを設定 解除する

ブレークポイントを設定する 

ブレークポイントを解除する 

172 ステートメントをステップ実行する

ブレークポイントの設定とツールバーの表示 

ステートメントのステップ実行 

173 イミディエイトウィンドウでステートメントを実行する

イミディエイトウィンドウを開く 

ステートメントを実行する 

174 コメント(注釈)を付ける

175 ブックをアドインにする

176 バックアップファイルを作成するか設定する

177 バックアップの時間間隔を参照する

178 ワークシートを参照する

179 ワークシートの印刷倍率を設定する

180 セル内の編集を禁止する

181 グラフを選択する

182 グラフのスタイルを既定に戻す

183 グラフの重なり順を変更する

184 グラフを保護する

185 データラベルに値を表示する

186 グラフエリアを参照する

187 フォントを参照する

188 RGB値でオブジェクトの色を設定する

189 文字列から日付データを取得する

190 文字列の長さを調べる

191 指定数分の空白の文字列を返す

192 文字列をすべて小文字にする

193 文字列を指定した個数並べる

194 文字列の余白を削除する

195 文字列変数の値を右詰めにする

196 カレントフォルダを変更する

197 新しいフォルダを作成する

198 アクティブなブックを参照する

199 ブックをアクティブにする

200 ブックのコピーを保存する

201 ブックのプロジェクトを参照する

202 ブックの名前を取得する

203 開かれているブックを参照する

204 2つのブックを並べて比較表示を解除する

205 ファイルの形式を取得する

206 ファイル作成年月日を取得する

207 パスとファイル名を取得する

208 前のセルを参照する

209 あとのセルを参照する

210 結合セル範囲を参照する

211 セルを結合する

212 凡例の表示を設定する

213 新しいウィンドウを開く

214 アクティブなウィンドウを参照する

215 リサイズを設定する

216 現在の日時を取得する

217 カレントパスを取得する

218 カレントドライブを変更する

219 プロシージャを呼び出す

220 自動バックアップを設定する

221 バックアップの保存場所を指定する

222 0の表示を設定する

223 再計算の実行を設定する

224 直接参照先のセル範囲を取得する

225 すべての参照先のセル範囲を取得する

226 空白に囲まれたセル範囲を返す

227 数式を非表示にする

228 セルのスタイルを参照する

229 アクティブなグラフを参照する

230 前のグラフを参照する

231 あとのグラフを参照する

232 グラフの数を数える

233 プロットエリアを参照する

234 ウィンドウをアクティブにする

235 ウィンドウを前にする

236 ウィンドウを入れ替える

237 ブール型(Boolean)に変換する

238 バイト型(Byte)に変換する

239 整数型(Integer)に変換する

240 長整数型(Long)に変換する

241 文字列型(String)に変換する

242 16進表記の文字列に変換する

243 8進表記の文字列に変換する

244 時刻の時を取得する

245 時刻の秒を取得する

246 時刻の分を取得する

247 文字列から時刻データを取得する

248 文字列の左から指定数の文字を取得する

249 文字列の右から指定数の文字を取得する

250 プログラムコードを改行する

PR

秀和システム