SEとして生きていくための条件

概 要

システムエンジニアって何する人? どんな現場? 第一線のSEが語る、SEという仕事の本音と理想像。これからSEを目指す人やSE見習いの人、あるいはSEとして壁にあたってしまっている人にも役立つ本です。

著者 滝澤弾
価格 本体1400円(税別)
ISBN 4-7980-0743-9
発売日 2004/03/24
判型 B6
色数 1色
ページ数 200
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 SEの仕事

1-1 SEという仕事を考える

1-2 システム設計とは何か

1-3 「設計」プラスアルファ

1-4 プログラミングのスペシャリスト

1-5 プロジェクトマネージャー

1-6 コンサルティング的なSE

1-7 技術営業

1-8 ゼネラリスト/スペシャリスト

1-9 情報工学を理解しよう

1-10 資格試験をどうするか

第2章 SEと設計

2-1 プロジェクト

2-2 設計の種類

2-3 「設計ができる」とは

2-4 「火消し」の仕事

第3章 SEに求められること

3-1 納期・コスト・品質

3-2 NOと言えること

3-3 文章が書けること

3-4 議事録を作成する

3-5 プロジェクト全体のタスク管理

3-6 タスク管理/分割レッスン1

3-7 個々人のタスク管理

3-8 タスク管理/分割レッスン2

第4章 プロジェクトマネージャーの仕事のポイント

4-1 問題を隠すと傷口が広がる

4-2 任せる力

4-3 自分の能力を広く浅く鍛える

4-4 落としどころをつくる交渉力

4-5 チーム内のコミュニケーション

第5章 SE仕事のヒント

5-1 調べごとを依頼する

5-2 調べる電話のテクニック

5-3 カタログの見方

5-4 英文資料をどう読むか

5-5 インターネットの使い方

5-6 SEとメンタルケア

PR

秀和システム