UNIX/Linux徹底活用 SFUマスタリングハンドブック

概 要

最新バージョン3.5より“無償提供”が始まった、「マイクロソフト ウインドウズサービス for UNIX」。SFUを使えば、ノーコストでWindows上にUNIX環境を構築できます。WindowsとUNIXの相互運用を必要とする企業ユーザはもちろんのこと、UNIXの学習やネットワーク/システム管理にも十分な活躍が期待できます。SFU 3.5は、Windows 2000(SP3)/XP Professional(SP1)/Server 2003に対応しています。

著者 野川准子
価格 本体2200円(税別)
ISBN 4-7980-0831-1
発売日 2004/07/10
判型 B5変
色数 2色
ページ数 256
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 Windows Services for UNIX 3.5とは何か?

1-1 Windows Services for UNIXの歴史

1-2 SFU 3.5の可能性

1-3 SFU 3.5の機能

第2章 SFU 3.5のインストール

2-1 インストールの前の準備

2-2 SFU 3.5のインストールとアンインストール

2-3 SFU 3.5のコンポーネントの追加と削除

第3章 シェルの基本

3-1 シェルとは

3-2 シェルで使われる言葉

3-3 基本コマンド

第4章 テキストファイルを編集する

4-1 テキストエディタについて

4-2 viの基本

4-3 viの応用

4-4 viとexのコマンド一覧

4-5 ファイル編集用コマンドを理解する

第5章 シェルの応用

5-1 シェルの設定

5-2 コマンドの実行のパターン

5-3 シェルスクリプト

第6章 システム管理

6-1 ユーザの管理

6-2 ファイルとディレクトリの管理

6-3 システムの管理

6-4 ジョブの管理

第7章 ネットワーク機能

7-1 ネットワーク環境の設定

7-2 TELNET機能を使う

7-3 NFSクライアント機能を使う

7-4 ユーザ名マッピング機能を使う

7-5 パスワード同期機能を使う

7-6 NISクライアント機能を使う

第8章 Tool Warehouseの活用

8-1 Tool Warehouseの入手

8-2 [wget]ファイル転送プログラム

8-3 [tar-gnu]アーカイブ作成/復元 

8-4 [bash]シェル

8-5 [nvi-jpn]テキストエディタnvi(日本語対応)

8-6 [openssh]リモートログインサービス

PR

秀和システム