ランチェスター戦略ハンドブック

概 要

今また見直されているランチェスター戦略は、仕事のあらゆる局面、状況下において論理的、科学的な方程式を打ち立てています。そしてこの理論は、どの業種においても応用が可能であり、また新入社員から中間管理職、経営者のそれぞれの立場に役立つものです。本書は図解を多用し、ランチェスター戦略の基本を分かりやすく解説しました。

著者 田岡佳子
価格 本体1200円(税別)
ISBN 4-7980-0872-9
発売日 2004/09/16
判型 B6
色数 1色
ページ数 176
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

序章 ランチェスター戦略とは

1 ランチェスター戦略の歴史

2 ランチェスターの第一法則

3 ランチェスター第二法則

4 弱者と強者ではとるべき戦略が異なる

5 弱者の戦略

6 企業がとるべき差別化戦略

7 弱者の戦いかた

8 強者の戦略

第1章 占拠率

01 シェアの目標数値

02 占拠率5つのパターン

03 とりあえずNo.1になる

04 「足下の敵」を攻撃しろ

05 射程距離以上の差をつけろ

06 一点集中主義の有効性

07 シェアを上げるABC分析

第2章 新規に市場参入するときの作戦

01 小さな勝利をモノにしろ

02 参入するチャンスとタイミングを計れ

03 参入するチャンスは4回ある

04 T・P点(転換点)ではどう参入するか

05 成長曲線に合わせた「グー・パー・チョキ」戦略

06 成長期「パー」の戦略

07 成熟期「チョキ」の戦略

08 4つのラインで分類される顧客階層

09 上の階層から狙っていく「スキム方式」

10 下の階層から狙っていく「ペネット方式」

11 市場導入における価格政策

12 商品のポートフォリオで多角化を図る

13 プロダクトミックスで商品力を強化する

14 多角化はこうして進めろ!

第3章 地域ごとに占拠率を高める戦略

01 テリトリーでライバルと差別化する

02 ライバルとはテリトリーを一致させない

03 局地戦に持ち込め

04 三点攻略によって有望市場をゲットする

05 北海道の地域特性はどんなものか?

06 東北地方の地域特性はどんなものか?

07 関東・甲信越地方の地域特性はどんなものか?

08 東京地区の地域特性はどうなっているか?

09 東海地方・北陸地方の地域特性はどうなっているか?

10 関西地方の地域特性はどうなっているか?

11 中国地方の地域特性はどうなっているか?

12 四国地方の地域特性はどうなっているか?

13 九州地方の地域特性はどうなっているか?

第4章 情報の収集と活用と管理法

01 過去の成功体験は捨てろ

02 戦略立案に必要な情報とはなにか

03 情報の分析と細分化

04 地域情報と販売情報、その使いかた

05 ローラー調査の必要性

06 狙い撃ちと科学的管理

第5章 業績を上げるために必要な時間管理

01 時間管理はなぜ必要か

02 得意先滞在時間が成果につながる

03 午前中の時間の使い方で効率がアップする

04 会議を早く終わらせる方法

05 テリトリーを縮小して拠点を増やす

06 交通移動時間の短縮法

07 訪問計画を効率的に立てるメリット

08 得意先をランク分けすることの重要性

09 作業のマニュアル化の重要性

10 営業マンの攻撃量

PR

秀和システム