Vine Linux3 入門キット

概 要

VineLinuxは、RedHat Linuxをベースに<日本人のために>パッケージを厳選して使いやすくしたLinuxです。本書は、新バージョンとなったVineLinux3の入門書で、インストールだけでなく、アプリケーションの使い方、日本語環境、オフィスツール、ネットワーク管理など広く解説しています。付属CD-ROMにはVineLinux3を2枚組で収録。

著者 林雅人、伊坂銀次
価格 本体2600円(税別)
ISBN 4-7980-0878-8
発売日 2004/09/23
判型 B5変
色数 1色
ページ数 310
CD/DVD Linux/UNIX
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

Chapter1 基礎知識

Vine Linuxの特徴と新機能

Vine Linux3.0の特徴

Linuxカーネル2.4の機能

Linuxって何?

OSて何?

LINUXの歴史

AT&TによるUNIXの開発

BSD UNIXの開発

Linuxの開発

PC-UNIX

Linuxの特徴

ディストリビューション

ファイルシステム

ディレクトリ

パスネーム

パーティションとマウント

ディレクトリ構成

ネットワーク

ホスト名

ドメイン名

TCP/IP

IPアドレス

ゲートウェイ

ネットマスク

ネームサーバ

Chapter2 インストール

必要なハードウェア

周辺機器

CPU

ハードディスク

CD-ROMドライブ

SCSIカード

グラフィックカード

モニタ

ネットワークカード

プリンタ

インストール

1 インストール開始

2 インストーラ起動

3 インストーラ起動テキスト

4 スプラッシュ画面

5 インストーラの操作方法

6 言語選択

7 キーボードの設定

8 マウスの設定

9 インストール設定開始

10 インストールタイプの選択

11 ディスクパーティション

12 自動パーティション設定

13 ディスク設定

14 ブートローダの設定

15 ネットワークの設定(自動設定)

16 ネットワークの設定(手動設定)

17 タイムゾーンの選択

18 時差の設定

19 アカウントの設定(管理者)

20 アカウントの設定(ユーザー)

21 パッケージグループの選択

22 個々のパッケージの選択

23 パッケージの依存関係の解決

24 X の設定 (ビデオカード選択)

25 インストール準備完了

26 パッケージインストール

27 モニタ設定

28 Xの設定のカスタマイズ

29 インストール終了

起動と終了

Linuxの起動

起動中

ログイン画面

rootログイン

Xウィンドウ起動中

デスクトップ

ログアウト

Linuxの終了

インストール補足

インストーラ起動ディスクの作成

MS-DOSで起動ディスクを作成する

Linuxで起動ディスクを作成する

ハードディスクの分割 - DiskDruid

Disk Druid

現在のパーティションの削除

パーティション作成(boot)

パーティション作成(/)

パーティション作成(swap)

パッケージの選択

グループ選択

個々のパッケージの選択

依存関係のチェック

パーティション分割の指針

Chapter3 デスクトップ環境の使い方 - 基本操作

ウィンドウシステム

Xウィンドウシステム

GNOME

デスクトップの使い方

デスクトップ環境

アプリケーションの起動

セッションの終了

パネルのカスタマイズ

アプレット

ユーザーデスクトップ

XXXXのホーム

ここからスタート

ゴミ箱

ウィンドウ

GNOMEアイテム

ウィンドウ上のマウス操作

基本操作

マウスカーソルの状態

基本的な操作キー

ワークスペース

ファイラ - Nautilus

表示方法の変更

アイコン表示

一覧表示

アイテムの並び替え表示

ファイルの選択

ファイル選択の方法

ファイル操作

ファイルのコピー

ファイルの移動

ファイルの削除

シンボリックリンク

ファイル名変更

ファイルを開く

ファイルのプロパティ

インターネット上のファイルとファイルシステム内のファイル

Chapter4 アプリケーション

ブラウザ - Mozilla

メーラ - Mozillaメール

メーラ - Sylpheed

簡単な使い方

メールの受信

メールの送信

アドレス帳の登録

フォルダとグループ

アドレス帳を利用した宛先の入力

エディタ - Emacs

画像エフェクト - ImageMagick

ImageMagickの基本的なアクションメニューでの操作

画像ファイルの変換

画像キャプチャ

端末エミュレータ - Term

複数の端末を起動した効率の良い操作

便利なツール

グラフィック

サウンド

ネットワーク

ツールス

Chapter5 日本語環境ならびにオフィスツール

マニュアル(ヘルプ)

マニュアルページ

検索ページ

GNOMEヘルプシステム

全文検索-Namazu

簡単な使い方

Namazuの使用方法

tkNamazuの使用方法

日本語環境

日本語変換のしくみ

日本語変換サーバ

WnnとCanna

日本語変換サーバとクライアント

日本語変換の利用方法

日本語入力のカスタマイズ

フォント設定

xfsft (Truetype Font Support For X)

xft (X FreeType interface library)

自分だけで使うフォントのインストール

オフィスツール - Open Office.org

ワープロソフト - Writer

表計算ソフト - Calc

プレゼンテーションツール -Impress

Chapter6 インターネットへの接続

ADSLでの接続 - PPPoE

ADSLで利用される通信方式

ADSLの設定

PPPoEの設定

ADSLに接続

接続の確認

接続の切断

ADSLでの接続 - tkpppoe

tkpppoeによる接続設定

tkpppoe接続操作

DHCPでの接続 - CATV/YahooBB

ルータでの接続 - dialup/ADSL/FTTH/CATV

ルータでの接続 - FTTH固定複数グローバルIP

Chapter7 パッケージ管理

パッケージ管理 - Synaptic

Synapticの起動

Synapticの画面構成

パッケージのインストール

パッケージの一括アップグレード

パッケージ管理 - RPM

RPMパッケージファイルの命名規則

パッケージの導入、削除、アップグレード

インストール及び更新オプション

アンインストール

問い合わせと検証

問い合わせ

問い合わせの主なオプション

その他のコマンド

ソースコード形式ファイル(SRPMS)からのバイナリ形式(RPM)形式の作成方法

パッケージ管理 - APT

パッケージのリポジトリ登録

パッケージ情報の取得

パッケージの検索

パッケージのインストール(アップグレード)

Chapter8 システム設定

GNOME端末

サービス設定

テキスト設定ツール

ディスクの管理

ネットワークの管理

NICカードの追加設定

接続

全般

DNS

ホスト

時刻と日付の設定

ブートマネージャ

フロッピー初期化ツール

システムモニタ

ユーザーとグループ

システムログ

ログイン画面の設定

設定エディタ

Xウィンドウシステム設定

Chapter9 リモート管理

リモートコマンド操作 - SSH

SSHとは

SSHの仕組み

SSHの利用

Linuxマシン同士でのSSHの利用

公開鍵/秘密鍵認証方式

RSA方式によるユーザー認証

WindowsからOpenSSHを利用する方法

ブラウザから管理 - Webmin

Webminの導入

ローカルホストからのWebminへのアクセス

リモートマシンからのWebminへのアクセス

ユーザーの追加

ユーザーの削除

VNC(Virtual Network Computing)

VNC-SERVERの導入

Windows用ビューアの入手

VNC接続パスワードの設定

接続テスト

接続設定

サービスの自動起動設定

gnomeデスクトップを利用する

Chapter10 ファイルやプリンタのネットワーク共有

Windows用共有サーバの構築

ソフトウェア「Samba」の導入

Samba管理ツール「SWAT」

Sambaユーザの登録

パスワードの変更

共有フォルダ設定

Windowsからの接続

MacOSXからの接続設定

MacOS用共有サーバの構築

Netatalkの機能

Netatalkの導入

設定ファイルの場所

ファイルの共有

まずは接続してみる

ファイル共有を追加する

プリンタの共有

MacintoshからVine Linuxに接続したプリンタで印刷

Vine LinuxからAppletalk接続されたLaserWriterで印刷する

Appendix パッケージリスト

CD-ROMの構成

PR

秀和システム