PHP5逆引き大全 500の極意

概 要

PHP5を用いたプログラミングテクニックを解説したTips集です。具体的な逆引き項目でPHP5の基本文法から応用テクニックまで丁寧に解説しています。またPHP5で話題のデータベースSQLiteをはじめ、MySQL、PostgreSQLといったデータベースとの連携についても解説しています。添付CD-ROMには本書掲載サンプルスクリプトとソフトウェアが収録されています。

著者 高島優作
価格 本体2600円(税別)
ISBN 4-7980-0885-0
発売日 2004/10/09
判型 A5
色数 2色
ページ数 752
CD/DVD Windows
対象読者 中級
シリーズ 逆引き大全
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 基本プログラミングの極意

1-1. 基本プログラミング

001 PHPコードの記述

002 変数の命名規則

003 変数の型

004 定義済みの変数

005 定数の定義

006 定義済みの定数

007 エスケープシーケンス

008 四則演算

009 代入

010 +=, -=, *=, /=, %= の意味は

011 加算子・減算子とは

012 ++$xと$x++の違いは

013 ビット演算子とは

014 &=, |=, ^=, ~=, <<=, >>= の意味は

015 条件式とは

016 比較演算子とは

017 == と === 、 != と !== の違いは

018 論理演算子とは

019 文字列を結合する

020 エラーメッセージを抑制する

021 コマンドを実行する

022 演算子の優先順位

023 コメントの書き方

024 if文の使い方

025 if文の別の書き方

026 switch文の使い方

027 while文の使い方

028 do...while文の使い方

029 for文の使い方

030 foreach文の使い方

031 外部ファイルを取り込む

032 外部ファイルを一度だけ取り込む

033 可変変数とは

034 リファレンスとは

035 関数とは

036 変数のスコープ

037 静的変数とは

038 引数の参照渡し

039 引数のデフォルト値を指定する

040 引数の数がいくつあっても対応できるようにする

041 関数の返り値

042 可変関数とは

043 declareブロックとticks

1-2. 配列

044 配列を作成する

045 リストを作成する

046 配列の先頭の要素を削除する

047 配列の先頭に要素を追加する

048 配列の末尾の要素を削除する

049 配列の末尾に要素を追加する

050 配列から任意の要素を取り出す

051 配列の要素を置換する

052 配列の要素をランダムに取得する

053 配列の要素数を調べる

054 要素の出現回数を調べる

055 配列の内部ポインタを操作する

056 配列のキーを取得する

057 配列のキーの大文字小文字を一括変換する

058 配列の値を取得する

059 キーと値のペアを取得する

060 キーと値を逆転する

061 指定した値で要素を埋める

062 要素の値を合計する

063 値が重複する要素を取り除く

064 要素を検索する

065 ユーザ関数を使って複数の配列を操作する

066 ユーザ関数を使って配列の特定の要素を抽出する

067 ユーザ関数を使って配列の要素を集約する

068 ユーザ関数を使って要素を操作する

069 複数の配列の要素の違いを調べる

070 ユーザ関数を使って複数の配列の要素の違いを調べる

071 複数の配列の共通する要素を調べる

072 複数の配列を一つの配列に合成する

073 配列の要素の順序を逆転する

074 一定範囲の整数を値とする配列を作成する

075 配列の要素をシャッフルする

076 配列をキーでソートする

077 配列を値でソートする

078 配列を自然順でソートする

079 配列のキーと値の関係を維持しながらソートする

080 ユーザ関数を使って配列をソートする

081 複数の配列を一括ソートする

082 変数を連想配列にまとめる

083 連想配列を変数に展開する

084 配列かどうか調べる

085 配列を連結して文字列にする

086 文字列を分解して配列にする

087 配列を分割する

088 二つの配列から連想配列を作成する

1-3. 文字列

089 データをバイナリ文字列に変換する

090 バイナリ文字列からデータを切り出す

091 文字列を16進数に変換する

092 文字を文字コードに変換する

093 文字コードを文字に変換する

094 文字をエスケープする

095 エスケープされた文字を元に戻す

096 空白文字を取り除く

097 文字列を任意の文字数に分割する

098 文字や文字列の出現回数を調べる

099 文字列を暗号化する

100 文字列を出力する

101 文字列を整形する

102 フォーマットにしたがって入力を処理する

103 クエリ文字列を解析処理する

104 文字列を比較する

105 特定の文字列以降の文字列を取得する

106 特定の文字が含まれている部分の長さを調べる

107 特定の文字が含まれていない部分の長さを調べる

108 特定の文字が現れる場所を調べる

109 文字列の長さを調べる

110 文字列を指定した長さまで特定の文字で埋める

111 文字列を反復する

112 文字列を逆転する

113 文字列をトークンに分割する

114 文字列を置換する

115 部分文字列を取得する

116 部分文字列を比較する

117 大文字・小文字を変換する

118 文字列をシャッフルする

119 文字列の類似性を調べる

120 単語の発音に関する計算

121 数値のフォーマット情報を取得する

122 数値をフォーマットする

1-4. 正規表現

123 正規表現の構文

124 正規表現によるパターンマッチを行う①

125 正規表現によるパターンマッチを行う②

126 正規表現による置換を行う①

127 正規表現による置換を行う②

128 正規表現で文字列を分割する①

129 正規表現で文字列を分割する②

130 正規表現文字をエスケープする

131 配列の要素を正規表現で検索する

132 パターンを作成する

1-5. マルチバイト文字

133 マルチバイト文字列を操作する

134 基本設定を取得/設定する

135 文字コードを検出する

136 文字コードを変換する

137 カナを変換する

138 マルチバイト文字列の大文字・小文字を変換する

139 マルチバイト文字列を含むクエリ文字列を解析処理する

140 マルチバイト文字列を指定した長さに切り詰める

141 マルチバイト文字列の長さを調べる

142 特定のマルチバイト文字が現れる場所を調べる

143 マルチバイト文字列の幅を調べる

144 マルチバイト文字列の部分文字列を取得する

145 マルチバイト文字列の中で部分文字列が出現する回数を数える

146 正規表現によるパターンマッチを行う

147 正規表現による置換を行う

148 正規表現による検索を行う

149 charset用の文字エンコーディング表現を取得する

1-6. 数学

150 数学定数

151 乱数を生成する

152 べき乗や平方根を計算する

153 小数を丸める

154 基底を変換する

155 最大値・最小値を求める

156 その他の数学関数

157 小数の精度を指定して計算する

1-7. 日付

158 日付や時刻を取得する

159 日付をフォーマットする

160 タイムスタンプを取得する

161 日付をタイムスタンプに変換する

162 文字列表現の日付をタイムスタンプに変換する

163 日付が正しいかどうかチェックする

1-8. ディレクトリ

164 ディレクトリを作成する

165 ディレクトリを削除する

166 現在のディレクトリ名を取得する

167 現在のディレクトリを変更する

168 利用可能なスペースを調べる

169 ディレクトリの内容を読み取る①

170 ディレクトリの内容を読み取る②

171 ディレクトリの内容を読み取る③

1-9. ファイル

172 実際のパスを取得する

173 パスからディレクトリ名を切り出す

174 パスからファイル名を切り出す

175 ファイル情報をまとめて取得する

176 ファイル情報を個別に取得する

177 ファイルの種類を調べる

178 ファイルの属性を変更する

179 空のファイルを作成する

180 ファイルを削除する

181 ファイルをコピーする

182 ファイル名を変更する

183 ファイルが存在するかどうか調べる

184 ファイルの内容を一度に読み込む

185 ファイルの内容を読み取って出力する

186 ファイルを開く・閉じる

187 開かれているファイルをロックする

188 開かれているファイルから一文字読み取る

189 開かれているファイルから一行読み取る

190 開かれているファイルの内容を書式にしたがって読み取る

191 画像ファイルを読み取る

192 CSVファイルを処理する

193 HTMLファイルからタグを取り除く

194 開かれているファイルの内容を一度に読み取る

195 開かれているファイルに書き込む

196 ファイルに書き込む

197 ファイルポインタの位置を調べる

198 ファイルの終端に達したかどうか調べる

199 ファイルポインタを移動する

200 ファイルポインタをファイルの先頭に戻す

201 ファイルバッファを設定する

202 ファイルを指定したサイズに切り詰める

203 テンポラリファイルを作成する

204 他のファイルとバッティングしないファイル名を作成する

205 設定ファイルを解析する

206 文字列をフォーマットしてファイルに書き込む

207 ファイル名がシェルパターンにマッチするかどうか調べる

208 シェルパターンにマッチするファイルを検索する

209 ストリームに関する情報を取得する

210 ストリームフィルタを使う

1-10. 変数

211 変数がセットされているかどうか調べる

212 変数の型を取得する

213 変数の型を調べる

214 変数の値を任意の型で取得する

215 変数を別の型で評価させる

216 変数の型を変更する

217 変数を破棄する

218 定義されている変数を一覧する

219 変数の内容をわかりやすく表示する

220 リソースの種類を調べる

1-11. 関数

221 関数が定義されているかどうか調べる

222 定義されている関数を一覧する

223 ユーザ関数をコールする

224 匿名関数を作成する

225 引数を取得する

1-12. 情報

226 PHPの設定を調べる

227 PHPの設定を一時的に変更する

228 PHPに関する情報を取得する

229 スクリプトに関する情報を調べる

230 拡張モジュールがロードされているかどうか調べる

231 拡張モジュールを動的にロードする

232 指定したモジュールの関数を一覧する

1-13. 外部プログラム

233 コマンドライン引数をエスケープする

234 シェルが使用する文字をエスケープする

235 シェルコマンドや外部プログラムを実行する

1-14. エラー

236 エラー出力レベルを設定する

237 エラーメッセージの送信先を指定する

238 エラーを処理する関数を設定する

239 実行された関数に関する情報を取得する

240 例外処理を使う

1-15. 圧縮

241 bzip2形式のファイルを操作する

242 bzip2形式で圧縮・解凍する

243 gzip形式のファイルを操作する

244 gzip形式で圧縮・解凍する

245 tar形式のアーカイブを操作する①

246 tar形式のアーカイブを操作する②

1-16. 画像

247 線を描画する

248 四角形を描画する

249 多角形を描画する

250 円弧を描画する

251 円を描画する

252 画像のサイズを取得する

253 画像のサイズを変更する

254 画像の一部を切り取る

255 画像を合成する

256 画像に枠をつける

1-17. XMLパーサー

257 XMLパーサーを作成・解放する

258 パーサーのオプションを取得・設定する

259 ハンドラを設定する

260 XML文書を解析する

261 XMLパーサーが現在処理中の位置を取得する

262 XMLパーサーのエラー情報を取得する

1-18. XML DOM

263 DOMモジュールを使う

264 XML文書を読み込む/保存する

265 ノードを操作する

266 要素ノードを操作する

267 属性ノードを操作する

268 テキストノードを操作する

269 XPathを使う

1-19. SimpleXML

270 XML文書をロードする

271 DOMのノードをインポートする

272 XML文書を取得する

273 要素の内容を操作する

274 属性の値を操作する

275 子要素の集合を取得する

276 属性の集合を取得する

277 XPathを使う

1-20. XSL

278 XSLTプロセッサを作成する

279 変換結果を文字列として出力する

280 変換結果をオブジェクトとして出力する

281 変換結果をファイルに出力する

282 プロセッサにパラメータを渡す

283 設定されているパラメータを取得する

284 設定されているパラメータを削除する

1-21. その他

285 スクリプトの実行を終了する

286 スクリプトの実行を遅延する

287 文字列をPHPコードとして評価する

288 スクリプトのソースを表示する①

289 スクリプトのソースを表示する②

第2章 Webプログラミングの極意

2-1. HTML

290 HTMLの特殊文字を実体参照に変換する

291 実体参照を文字に変換する

292 改行文字の前に改行タグを挿入する

293 HTMLタグを取り去る

294 METAタグを解析する

2-2. 情報

295 サーバ変数の値を取得する

296 接続が切断されてもスクリプトを実行し続ける

297 スクリプトが終了した時に実行する関数を登録する

298 ユニークなIDを作成する

2-3. フォームデータ

299 フォームデータを取得する

300 受信したデータをグローバル変数に展開する

301 ファイルをアップロードする

302 複数選択可能なリストの値を取得する

2-4. クッキー

303 データをクッキーに保存する

304 クッキーのデータを読み取る

2-5. 出力制御

305 出力バッファリングを有効にする

306 出力バッファの内容を出力する

307 出力バッファの内容を消去する

308 出力バッファの内容を取得する

309 出力バッファに関する情報を取得する

310 出力ハンドラ関数を使う

2-6. セッション

311 セッションを開始する

312 セッション名を取得/設定する

313 セッションIDを取得/設定する

314 セッション変数を使う

315 セッション変数に値が設定されているかどうか調べる

316 セッション変数を破棄する

317 セッションデータをエンコードする

318 エンコードされたセッションデータをデコードする

319 セッションクッキーのパラメータを取得する

320 セッションクッキーのパラメータを設定する

321 キャッシュに関する情報を取得/設定する

322 セッションデータを保存してセッションを終了する

323 セッションを破棄する

2-7. ネットワーク

324 ホストに対応するDNSレコードを検索する

325 ホストに対応するDNSレコードを取得する

326 IPアドレスからホスト名を取得する

327 ホスト名からIPアドレスを取得する

328 プロトコル名からプロトコル番号を取得する

329 プロトコル番号からプロトコル名を取得する

330 サービス名からポート番号を取得する

331 ポート番号からサービス名を取得する

2-8. HTTP

332 URLの構成要素を解析する

333 データをURLエンコードする

334 URLエンコードされたデータをデコードする

335 URLエンコードされたクエリ文字列を作成する

336 HTTPヘッダを送信する

337 ソケットを使ってWebサーバに接続する

338 HTTPサーバにリクエストを送信する

339 ソケットの情報を取得する

2-9. FTP

340 FTPサーバに接続する

341 現在のディレクトリを取得する

342 ディレクトリを移動する

343 ファイルを一覧する

344 ディレクトリを作成する

345 ディレクトリを削除する

346 ファイルをダウンロードする

347 ファイルをアップロードする

348 ファイルをリネームする

349 ファイルを削除する

350 ファイルの情報を取得する

351 コマンドを送信する

352 ファイルのパーミッションを変更する

2-10. メール

353 メールサーバに接続する

354 メールボックスへの接続状況を確かめる

355 メールボックスをチェックする

356 メールのヘッダを調べる

357 メールのヘッダをデコードする

358 メールの本文を読む

359 メールにフラグをつける

360 メールにつけられたフラグをクリアする

361 メールを削除する

362 メールをソートする

363 メールを検索する

364 メールアドレスを解析する

365 メールボックス名やホスト名からメールアドレスを作成する

366 base64文字列へのエンコード/デコード

367 quoted-printable文字列へのエンコード/デコード

368 修正版UTF-7文字列へのエンコード/デコード

369 メールを送信する

第3章 Webデータベースの極意

3-1. CSV

370 データを用意する

371 データを取得する

372 データを検索する

373 データを追加する

374 データを編集する

3-2. DBM

375 データを用意する

376 利用可能なデータベースハンドラを調べる

377 データベースを開く/閉じる

378 データのキーを取得する

379 データを操作する

3-3. SQLite

380 データを用意する

381 データベースを開く/閉じる

382 SQL文を実行する

383 取得した結果ハンドルからデータを取得する

384 SQL文を実行しデータを取得する

385 レコード数・フィールド数を取得する

386 特定のレコードに移動する

387 フィールド名を取得する

388 直近に変更されたレコード数を調べる

389 直近に挿入されたレコードのROWIDを調べる

390 ユーザ定義関数を登録する

391 ユーザ定義集約関数を登録する

392 タイムアウトを設定する

393 エラーメッセージを取得する

394 ライブラリの情報を取得する

395 SQLite-OO

396 データを操作する

3-4. MS-Access

397 データを用意する

398 データソースに接続する

399 テーブルの情報を取得する

400 あらかじめ用意しておいたSQL文を実行する

401 SQL文を直接実行する

402 レコード数・フィールド数を取得する

403 レコードを配列として取得する

404 レコードをオブジェクトとして取得する

405 特定のフィールドのデータを取得する

406 レコードを取得してHTMLテーブルとして表示する

407 結果保持用のメモリを解放する

408 データソースに関する情報を取得する

409 フィールドの情報を取得する

410 エラーメッセージを取得する

411 データを操作する

3-5. MySQL

412 データを用意する

413 MySQLに接続する

414 データベースやテーブルのリストを取得する

415 使用するデータベースを選択する

416 データベースにクエリを送信する

417 レコード数・フィールド数を取得する

418 レコードを配列として取得する

419 レコードをオブジェクトとして取得する

420 特定のフィールドのデータを取得する

421 フィールドの情報を取得する

422 任意のレコードに移動する

423 任意のフィールドに移動する

424 直近に変更された情報を調べる

425 結果保持用のメモリを解放する

426 クエリ用に文字列をエスケープする

427 エラーメッセージを取得する

428 いろいろな情報を取得する

429 データを操作する

3-6. PostgreSQL

430 データを用意する

431 PostgreSQLに接続する

432 接続状況を調べる

433 データベースにクエリを送信する

434 データベースに非同期クエリを送信する

435 データをテーブルにコピーする

436 レコード数・フィールド数を取得する

437 レコードを配列として取得する

438 レコードをオブジェクトとして取得する

439 特定のフィールドのデータを取得する

440 フィールドの情報を取得する

441 任意のレコードに移動する

442 直近に変更された情報を調べる

443 結果保持用のメモリを解放する

444 クエリ用に文字列をエスケープする

445 エラーメッセージを取得する

446 クライアントの文字エンコーディングを取得/設定する

447 ラージオブジェクトインターフェイスを使う

448 いろいろな情報を取得する

449 データを操作する

3-7. DBX

450 データベースに接続する

451 データベースにクエリを送信しレコードを取得する

452 結果データをソートする

453 エラーメッセージを出力する

第4章 オブジェクト指向プログラミングの極意

4-1. クラス/オブジェクト

454 オブジェクト・クラス・インスタンスとは

455 クラスを定義する

456 コンストラクタを定義する

457 デストラクタを定義する

458 メソッドを定義する

459 プロパティを定義する

460 クラス内定数を定義する

461 静的な変数を定義する

462 静的なメソッドを定義する

463 存在しないプロパティへのアクセスを制御する

464 存在しないメソッドへのアクセスを制御する

465 クラスを継承する

466 メソッドをオーバーライドする

467 抽象クラス・抽象メソッドを定義する

468 インターフェイスを定義する

469 クラスを自動的に読み込む

470 オブジェクトをコピーする

471 クラスやメソッドが定義されているかどうか調べる

472 定義されているクラス/メソッド/プロパティを一覧する

473 オブジェクトのプロパティを一覧する

474 オブジェクトがインスタンスかどうか調べる

475 オブジェクトを作成したクラスについて調べる

476 クラスの詳細を調べる

477 拡張モジュールの詳細を調べる

478 オブジェクトと文字列表現の相互変換

第5章 Webアプリケーションの極意

5-1. メールフォーム

479 メールフォームを設計する

480 入力画面を作成する

481 データをチェックしてメールを送信する

5-2. 日記帳

482 日記帳を設計する

483 データベースを作成する

484 カレンダーを作成する

485 表示画面を作成する

486 記事間を移動できるようにする

487 管理画面を作成する

488 ユーザの簡易認証を行う

489 入力/編集画面を作成する

490 記事を保存する

491 記事を編集する

492 記事を削除する

5-3. リンクブック

493 リンクブックを設計する

494 データベースを作成する

495 表示画面を作成する

496 入力画面を作成する

497 データを保存する

498 新規投稿があったら管理者にメールで通知する

499 編集画面を作成する

500 編集キーに応じてデータを編集する

PR

秀和システム