入門CVSNT CVSNT(CVS for NT)でつくるCVSクライアント/サーバ環境

概 要

システム開発の工程でバージョン管理を行うことが標準となってきています。バージョン管理なしでは、変更履歴が不明、上書き消失、バグ回収を失敗したときに環境復旧できない、などの問題があります。本書は、CVSサーバをWindows上で立ててバージョン管理を行うための方法を、インストールから運用まで解説しています。

著者 大月美佳
価格 本体2400円(税別)
ISBN 4-7980-0891-5
発売日 2004/10/13
判型 A5
色数 1色
ページ数 384
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1部 CVSNTはじめの一歩

第1章 CVSNTとは

1.1 概要

1.2 推薦する理由

1.3 CVSNT導入にあたっての注意

1.4 背景

1.5 機能

第2章 CVSNTのインストール

2.1 実行環境および用途

2.2 インストール前に考えておくべきこと

2.3 前準備

2.4 ダウンロード

2.5 インストール開始

2.6 動作確認と設定

2.7 クライアントの環境設定

第2部 独りで遊ぼうCVSNT

第3章 日常的なルーチンワーク

第4章 テストモジュールを登録する

4.1 空っぽのモジュールを登録する

4.2 空っぽじゃないモジュールを登録する

4.3 リポジトリをのぞいてみる

4.4 この章のまとめ

第5章 テスト モジュールを取り寄せる

5.1 モジュールの名前を確認する

5.2 登録したテストモジュールを取り寄せる

5.3 作業コピー中のCVSディレクトリを覗いてみる

5.4 この章のまとめ

第6章 作業コピーを編集する

6.1 作業コピーを編集する

6.2 編集を加えたファイルを確認する

6.3 編集前と編集後とを比較する

6.4 この章のまとめ

第7章 編集の結果を反映する

7.1 編集の結果を反映する

7.2 作業コピー中のCVSディレクトリを覗いてみる

7.3 各ファイルの状態を見てみる

7.4 リビジョン間の変化を調べる

7.5 この章のまとめ

第8章 ファイルやディレクトリを追加する

8.1 テキストファイルを追加する

8.2 バイナリファイルを追加する

8.3 後からバイナリファイルに変更するには

8.4 ディレクトリを追加する

8.5 ディレクトリの追加を別の作業コピーに反映する

8.6 この章のまとめ

第9章 ファイルやディレクトリを削除する

9.1 ファイルを削除する

9.2 以前の状態にある作業コピーを更新する

9.3 ディレクトリを削除する

9.4 ファイル名を変更する

9.5 ディレクトリ名を変更する

9.6 この章のまとめ

第10章 RCSキーワードの利用

10.1 RCSキーワードって何?

10.2 文字列を置換して欲しくない

10.3 まとめ

第11章 タグをつけてみる

11.1 タグって何?

11.2 タグつけの基本

11.3 タグをつけてみよう

11.4 タグを消してみよう

11.5 タグを移動してみる

11.6 タグを利用して作業コピーをとってくる

11.6 まとめ

第12章 ブランチのキホン

12.1 ブランチを作ると何がうれしいの?

12.2 ブランチを作るには

12.3 ブランチを取り出すには

12.4 ブランチで作業するには

12.5 マージしてみる

12.6 トランクからブランチへマージする

12.7 ブランチからトランクへ何度もマージする

12.8 まとめ

第13章 お掃除、お掃除

13.1 お掃除する理由

13.2 ゴミ情報をお掃除する

13.3 この章のまとめ

第14章 中まとめ

第3部 CVSNTを活用しよう

第15章 個人環境をカスタマイズしてみよう

15.1 環境変数でカスタマイズする

15.2 個人環境設定ファイルでカスタマイズする

第16章 リポジトリの構造を学ぼう

16.1 CVSNTのリポジトリ構造を見てみよう

16.2 履歴ファイルについて学ぶ

16.3 管理ファイルについて学ぶ

16.4 管理ファイルを編集するには

16.5 独自の管理ファイルを編集する

第17章 CVSNTをネットワークから使おう

17.1 利用可能な接続方式の見方

17.2 各接続方式の特徴を把握しよう

17.3 CVSNTサーバの実行について

17.4 プロトコルを外してみる

17.5 pserver(sserver)を設定する

17.6 仮想パス機能を活用する

第18章 外部プログラムを呼び出すには

18.1 トリガコマンドと管理ファイル一覧

18.2 管理ファイルを設定しておく

18.3 コマンドを実行してみよう

第4部 みんなで使おうCVSNT

第19章 リポジトリを共有してみよう

19.1 権限について考える

19.2 Windowsドメインのアクセス制御機構だけを使ってみる

19.3 CVSNTのアクセス制御機構を利用してみる

19.4 システムユーザを使うのは最小限な設定にしてみる

19.5 さらに細かいアクセス制御

第20章 監視機能を利用してみよう

20.1 監視の強制を開始してみよう

20.2 監視開始!

20.3 編集開始!

20.4 編集が終わったらコミット

20.5 編集を途中放棄してみよう

20.6 監視をやめてみよう

20.7 監視強制をやめてみよう

第21章 みんなの作業履歴を見てみよう

21.1 cvs historyコマンドの詳細

21.2 cvs annotate/rannotateコマンドの詳細

21.3 cvs log/rlogコマンドの詳細

第22章 その他のブランチ関連機能

22.1 ブランチへのアクセスを制御する

22.2 他のプロジェクトの更新に追従する

付録

付録A 関連ツール

A.1 情報の収集と匿名アクセス

A.2 関連ツール便覧

付録B CVSNTの情報源

B.1 Webサイト

B.2 メーリングリスト(英語)

B.3 メーリングリスト(日本語)

B.4 雑誌・書籍

B.5 その他の関連情報

付録C CVSNTコマンドリファレンス

C.1 グローバルオプション一覧

C.2 コマンド一覧

PR

秀和システム