図解入門よくわかるシーケンス制御の基本と仕組み

概 要

本書は、機械を自動制御する手法のうち、あらかじめ決められた順序で制御していくシーケンス制御について解説します。はじめて学ぶ人のために記号表記は必要最低限にしてありますので、様々な電子部品の組み合わせで機械を制御していく仕組みが、やさしく理解できます。

著者 藤瀧和弘
価格 本体1400円(税別)
ISBN 4-7980-0929-6
発売日 2004/12/07
判型 A5
色数 2色
ページ数 220
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

はじめに

第1章 シーケンス制御とは

1-1 手動制御と自動制御

1-2 シーケンス制御とフィードバック制御

1-3 身近にあるシーケンス制御

1-4 シーケンス制御と電気回路

1-5 シーケンス制御回路図と実際の配線

第2章 シーケンス制御の基礎知識

2-1 接点の基本

2-2 接点容量と接点の保護

2-3 リレーシーケンスと無接点シーケンス

2-4 シーケンス制御回路図の描き方

2-5 回路番号参照方式と区分参照方式

2-6 文字記号

2-7 複線接続図と単線接続図

第3章 シーケンス制御で使われる機器

3-1 命令用機器① 押しボタンスイッチ

3-2 命令用機器② タンブラスイッチとトグルスイッチ

3-3 命令用機器③ セレクタスイッチ

3-4 検出用機器① マイクロスイッチ

3-5 検出用機器② リミットスイッチ

3-6 検出用機器③ 光電スイッチ

3-7 検出用機器④ 近接スイッチ

3-8 検出用機器⑤ 圧力スイッチ

3-9 検出用機器⑥ レベルスイッチ

3-10 検出用機器⑦ 温度スイッチ

3-11 制御操作用機器① 電磁接触器

3-12 制御操作用機器② 電磁開閉器

3-13 制御操作用機器③ ミニチュアリレー

3-14 制御操作用機器④ タイマ

3-15 制御操作用機器⑤ カウンタ

3-16 制御操作用機器⑥ 配線用遮断器

3-17 制御操作用機器⑦ カバー付きナイフスイッチ

3-18 表示用機器

3-19 警報用機器(ベル、ブザー)

3-20 操作対象機器① モータ

3-21 操作対象機器② ソレノイド

3-22 操作対象機器③ 電磁弁(ソレノイドバルブ)

3-23 操作対象機器④ シリンダ

第4章 シーケンス制御とタイムチャート

4-1 タイムチャートとは

4-2 タイムチャートの描き方

4-3 基本回路とタイムチャート

4-4 回路を見てタイムチャートを描く

4-5 タイムチャートから制御回路を作る

第5章 論理回路

5-1 論理回路とは

5-2 AND回路

5-3 OR回路

5-4 NOT回路

5-5 NAND回路

5-6 NOR回路

5-7 XOR回路

第6章 シーケンス制御の基本的な回路

6-1 自己保持回路

6-2 インタロック回路と並列優先回路

6-3 直列優先回路

6-4 一定時間動作回路

6-5 タイマを使った順序動作回路

6-6 繰返し動作回路

6-7 計数制御回路

6-8 基本的な回路の組合わせ

第7章 モータを制御する回路

7-1 主回路と制御回路

7-2 モータの運転/停止制御回路

7-3 モータの運転/停止を2箇所から制御する

7-4 モータの正転/逆転制御回路① 手動による正逆運転

7-5 モータの正転/逆転制御回路② 自動による正逆運転

7-6 モータのY-△始動回路① 手動によるY-△始動

7-7 モータのY-△始動回路② 自動によるY-△始動

7-8 自動給水回路

第8章 シーケンス制御回路を作る

8-1 自己保持を使った回路①

8-2 自己保持を使った回路②

8-3 タイマを使った回路①

8-4 タイマを使った回路②

8-5 電磁リレーを使った計数制御回路

8-6 エレベータを制御する回路①

8-7 エレベータを制御する回路②

PR

秀和システム