図解入門ビジネス 最新ISO14001がよ~くわかる本

概 要

近年、社会が企業を見る目は厳しくなりつつあります。企業の社会的責任(CSR)が国際規格として検討されている中、その重要な要素のひとつが環境であり、企業が社会に認められ生き残るためのキーワードになっています。そして社会に認められる環境への取り組みの国際的な規格がISO14001です。本書では最新の環境マネジメントシステム「ISO14001:2004年版」の認証取得を目指す企業のための「実践マニュアル」です。認証取得のために「何を、どうやるのか」を豊富なイラストとともに明らかにしています。

著者 辻井浩一
価格 本体1600円(税別)
ISBN 4-7980-0934-2
発売日 2004/11/18
判型 A5
色数 2色
ページ数 240
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

はじめに

第1章 環境ISO時代の幕開け

1-1 環境問題の歴史

1-2 全地球的な環境問題

1-3 環境と開発に関するリオ宣言

1-4 EMASで先行していた欧州

1-5 BS7750がベースに

1-6 ISO14001が国際規格に

1-7 出遅れを挽回した日本

1-8 国内の認証取得動向

1-9 ISO14001認証取得の意義

1-10 多様な利害関係者

第2章 ISO14000シリーズ概要

2-1 WTOと国際規格

2-2 ISO14000シリーズ規格

2-3 マネジメントシステムとは

2-4 メリットとデメリット

2-5 ISO14001とISO9001の両立性

2-6 統合マネジメントシステム

第3章 まずは用語の理解から

3-1 ISO14001規格の構成

3-2 適合性の実証方法

3-3 用語の意味を把握する

第4章 規格をやさしく解説すると

4-1 一般要求事項

4-2 環境方針

4-3 環境側面─計画(1)

4-4 法的及びその他の要求事項─計画(2)

4-5 目的、目標及び実施計画(プログラム)─計画(3)

4-6 資源・役割・責務・権限─実施及び運用(1)

4-7 力量、教育訓練及び自覚─実施及び運用(2)

4-8 コミュニケーション─実施及び運用(3)

4-9 文書化─実施及び運用(4)

4-10 文書管理─実施及び運用(5)

4-11 運用管理─実施及び運用(6)

4-12 緊急事態への準備及び対応─実施及び運用(7)

4-13 監視及び測定─点検(1)

4-14 順守の評価─点検(2)

4-15 不適合並びに是正処置及び予防処置─点検(3)

4-16 記録─点検(4)

4-17 内部監査─点検(5)

4-18 マネジメントレビュー

第5章 認証取得のための事前準備

5-1 ISO14001は決して難しくない

5-2 根回しと取り組み宣言

5-3 取り組める環境を整える

5-4 短期決戦も成功の秘訣

5-5 必要な情報・支援を得る

5-6 成功の秘訣─第5章のまとめ

第6章 システムの構築と運用

6-1 初期環境調査で現状把握

6-2 カバーすべき範囲を明確に

6-3 環境方針を定める

6-4 環境マニュアルを作る

6-5 環境側面を洗い出して絞り込む

6-6 有益な環境側面

6-7 環境目的・目標と実施計画の立案

6-8 環境法規制を特定する

6-9 運用のための管理手順を定める

6-10 緊急事態に備える

6-11 状況をモニターし、測定する

6-12 順守の評価

6-13 内部監査をする(1)─計画と実施

6-14 内部監査をする(2)─不適合の指摘

6-15 内部監査をする(3)─監査結果の報告

6-16 是正処置を実施する

6-17 経営者の目で点検する

第7章 認証登録とその後の活動

7-1 自己宣言する

7-2 審査登録機関による認証登録

7-3 審査登録機関を選ぶ

7-4 審査の申請

7-5 文書(書類)審査

7-6 事前(初回)訪問

7-7 予備審査

7-8 模擬審査

7-9 審査の事前準備と直前対策

7-10 受審の用意と当日の対応

7-11 第一段階審査

7-12 第二段階審査

7-13 審査の開始から終了まで

7-14 不適合の指摘とその対応

7-15 認証登録と定期審査

7-16 メリットは参加者が享受する

7-17 システムの継続的改善

7-18 1996年版から2004年版への移行(切り替え)

7-19 マネジメントシステムの統合

PR

秀和システム