図解入門業界研究 最新広告業界の動向とカラクリがよ~くわかる本

概 要

グローバル化、デジタル化という他業界ではおなじみの大波が、広告の世界にも押し寄せています。広告業界はまさに変革の真っ只中です。本書は業界の中心に位置する広告会社の実態、そこに勤務するアドマンの日常、さらに媒体社や協力会社にいたるまで、広告と広告業界の全貌をひと目でわかるよう、豊富な図版とともにわかりやすく解説しました。業界人はもとより、就職や転職希望者も含め、業界に関心を持つすべての読者にオススメです。

著者 中野明、蔵本賢、林孝憲
価格 本体1300円(税別)
ISBN 4-7980-0986-5
発売日 2005/01/21
判型 A5
色数 2色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門業界研究
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章広告業界の「いま」を知る

―― 一目でわかる旬の広告トレンド

1-1 企業間連携と合弁会社の設立

1-2 動き激しい外資系エージェンシー

1-3 デジタル化、そして多様化するメディアと広告会社

1-4 クリエイティブ・ブティックの萌芽

1-5 広告の王様テレビのユーウツ

1-6 メディア・ニュートラルの到来

1-7 個人情報保護法施行で変わる広告

1-8 熱く燃える中国広告戦線

1-9 規制緩和による新たな広告

第2章まずは広告業界の全体像を把握しよう

―― 広告業界俯瞰図

2-1 そもそも広告とは何か

2-2 広告業界の市場規模

2-3 広告会社の売上高と「二のマイナスn乗」の関係

2-4 世界の広告会社

2-5 極めて多様な広告の種類

2-6 極めて多様な広告の手法

2-7 極めてすそ野が広い広告業界

2-8 極めて規模の格差の大きい広告業界

第3章広告の種類と媒体社、その動向

―― 媒体社の数だけ広告がある

3-1 そもそも媒体とは何なのか

3-2 知っているようで知らないテレビ局

3-3 テレビCMの種類①(番組CM)

3-4 テレビCMの種類②(スポットCM)

3-5 テレビ視聴率の秘密

3-6 「ながらメディア」としてのラジオ広告

3-7 信頼性抜群の新聞広告

3-8 ターゲットが明確な雑誌広告

3-9 雑誌の発行部数の適正化が及ぼす影響

3-10 ついつい見てしまう交通広告

3-11 生活に身近なSP広告

3-12 ふと見上げれば屋外広告

3-13 インターネットの進展とネット専門広告会社の登場

3-14 話題がつきない新たなインターネット広告

3-15 アフィリエイトは新たなインターネット広告か?

第4章広告会社と関連会社

―― 広告関連会社の実態

4-1 業界のキープレーヤー、広告会社

コラム 広告会社出身の著名人は?

4-2 クリエイティブが問われるCM制作会社

コラム テレビCMの賞

4-3 広告制作会社とデザイン事務所

コラム 著名なデザイナー、コピーライターは?

4-4 イベント会社とSPプロダクション

4-5 業界の華、芸能プロダクション

4-6 市場を的確に把握するマーケティング会社

4-7 ニーズが増えてきたPR会社

4-8 デジタル化を目指す印刷会社

第5章広告会社を理解する

―― 広告業界の要に位置する謎の会社

5-1 広告会社の強さ比較―どの広告会社が強いの?

5-2 広告会社と四媒体

5-3 広告会社のビジネスモデル

5-4 ブランド・エージェンシーとメディア・エージェンシー

5-5 外資系広告主が採用し始めた新しい報酬制度

5-6 広告会社内の組織図

5-7 広告会社の就職事情

第6章広告会社でのビジネスの実際

―― 現場の仕事とその内容

6-1 テレビCMができ上がるまで

6-2 プレゼンテーションって何?

6-3 代表的な職務① 営業職

6-4 代表的な職務② 媒体職

6-5 代表的な職務③ クリエイティブ職

6-6 代表的な職務④ マーケティング職

6-7 代表的な職務⑤ プロモーション職

6-8 求められるアカウント・プランナーとは

PR

秀和システム