即解PHP5 スクリプティング入門

概 要

PHPは高速高機能WebDBを実現するための標準言語です。本書は基本的な使い方から実用サイトを作成しながらの設計まで詳しく解説しました。豊富な図を使い、目で見て直感的にPHPの構造をやさしく理解できます。添付CD-ROMにはApache、MySQL、SQLite、PHP、テンプレートエンジンSmarty、本書で使用するサンプルスクリプトを収録しています。

著者 鶴田展之、繁田卓二
価格 本体2900円(税別)
ISBN 4-7980-1000-6
発売日 2005/05/11
判型 B5変
色数 2色
ページ数 352
CD/DVD Linux/UNIX
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

Chapter 1 本書の環境

1.1 イントロダクション

1.1.1 本書の目的

1.1.2 オープンソース・ソフトウェアの魅力

1.2 本書のシステム環境

1.2.1 想定するネットワーク構成

1.2.2 Linux (Fedora Core 3)

1.2.3 Apache

1.2.4 MySQL

1.2.5 SQLite

1.2.6 PHP

1.3 Apacheの導入

1.3.1 Apacheの入手

1.3.2 ソースコードの展開

1.3.3 コンパイルとインストール

1.3.4 Apacheの起動と停止

1.3.5 Apacheの自動起動を設定する

1.4 MySQLの導入

1.4.1 MySQLの入手

1.4.2 mysqlユーザ、グループの作成

1.4.3 アーカイブの展開

1.4.4 ビルドオプションの設定

1.4.5 コンパイルとインストール

1.4.6 インストールの後処理

1.4.7 MySQLの基本的な設定

1.4.8 MySQLの起動と停止

1.4.9 MySQLの自動起動

1.4.10 MySQL管理者のパスワードを設定

1.4.11 mysql対話モニタ

1.5 SQLiteの導入

1.5.1 SQLiteの入手

1.5.2 アーカイブの展開

1.5.3 コンパイルとインストール

1.5.4 sqliteコマンドラインユーティリティの操作

1.6 PHP 5の導入

1.6.1 PHP 5の入手

1.6.2 アーカイブの展開

1.6.3 ビルドオプションの指定

1.6.4 コンパイル、インストール

1.6.5 設定ファイル「php.ini」のインストール

1.6.6 php.iniの基本的な設定とPHPの国際化

1.6.6 ApacheとPHPの連携を設定する

1.6.7 PHPの動作確認

1.7 開発環境を整える

1.7.1 開発作業の流れと開発環境のいろいろ

1.7.2 テキストエディタ

1.7.3 FTP/SFTPクライアント

1.7.4 データベースクライアント

1.7.5 統合開発環境

Chapter 2 しくみを理解しよう

2.1 HTMLとPHPの関係

2.2 WebサーバとPHPの関係

2.3 WebアプリケーションとPHP

2.4 PHPとZend Engine

Chapter 3 PHPプログラムのコードを知ろう

3.1 基本文法

3.1.1 PHPタグ

3.1.2 命令文の分離

3.1.3 コメント

3.2 変数とは

3.2.1 変数の型

3.2.2 型キャスト

3.2.3 配列

3.2.4 定義済みの変数

3.2.5 定数

3.3 条件分岐

3.3.1 if構文

3.3.2 switch~case構文

3.3.3 型の比較

3.4 リテラルの扱い

Chapter 4 簡単なプログラムで理解を始めよう

4.1 プログラムを作成する

4.1.1 フローチャートを作る

4.1.2 内部関数を使う

4.1.3 日付時刻の計算

4.1.4 カレンダー表示プログラムの作成

4.2 関数を作成する

4.2.1 ユーザ定義関数

4.2.2 変数のスコープ

4.2.3 static変数

4.2.4 カレンダー表示関数の作成

4.3 外部からの変数

4.3.1 GET変数

4.3.2 POST変数

4.3.3 配列を渡す

4.3.4 汎用的なカレンダー表示アプリケーションの作成

Chapter 5 オブジェクト指向とPHP5の新機能

5.1 PHP5で強化されたオブジェクト指向

5.2 オブジェクト指向とは?

5.3 PHPとオブジェクト指向

5.4 PHP5の新機能

5.5 オブジェクト指向は絶対?

Chapter 6 MySQLとSQLiteを使いこなす

6.1 データベースの基礎

6.1.1 データベースとテーブル

6.1.2 データベースの設計と正規化

6.1.3 主キー

6.1.4 E-R図

6.1.5 データ型

6.2 SQLの基礎

6.2.1 データ定義とデータ操作

6.2.2 テーブルやインデックスの作成と削除

6.2.3 テーブルの設計変更

6.2.4 データ操作の4つの命令

6.2.5 SELECT命令

6.2.6 INSERT命令

6.2.7 UPDATE命令

6.2.8 DELETE命令

6.3 MySQLデータベースの操作

6.3.1 mysqladminコマンドの基本的な操作

6.3.2 mysqlコマンドの操作

6.3.3 権限操作

Chapter 7 ショッピングサイトを作ろう

7.1 サンプルショッピングサイトの概要

7.1.1 サンプルのインストール

7.1.2 ショッピングサイトの画面遷移

7.1.3 ショッピングサイトのデータベース設計

7.1.4 MySQLでテーブルの作成

7.1.5 SQLiteでテーブルの作成

7.2 PHPのデータベース処理

7.2.1 データベース処理の一般的なフロー

7.2.2 データベース処理の記述方法

7.2.3 データベースへの接続

7.2.4 クエリの発行

7.2.5 結果の取得と利用

7.2.6 結果の解放と接続の終了

7.3 データベースとセキュリティ

7.3.1 データベースの権限とアクセス制御

7.3.2 ダイレクトSQLコマンドインジェクション対策

7.3.3 MySQLのプリペアド・ステートメント

7.4 ショッピングカートとセッション管理

7.4.1 ショッピングカートの役割

7.4.2 HTTPの制約とセッション

7.4.3 PHPのセッション管理機構

7.4.4 ショッピングカートの実装

7.5 ファイルのアップロード

7.5.1 商品の写真

7.5.2 HTMLフォームの記述

7.5.3 アップロードされるファイルの処理

7.5.4 ファイルアップロードと日本語ファイル名

Chapter 8 PHPとクラスライブラリ

8.1 クラスライブラリとは

8.2 Smartyテンプレートエンジン

8.2.1 デザインとロジックの分離

8.2.2 Smartyの導入

8.2.3 Smartyの動作の仕組みと使用するディレクトリ

8.2.4 テンプレートの記述

8.2.5 テンプレートへの値の割り当て

8.3 PEAR Authで認証を行う

8.3.1 PHP標準クラスライブラリPEAR

8.3.2 pearパッケージマネージャの使い方

8.3.3 ユーザ認証とPEAR Auth

8.3.4 PEAR Authとログアウト

8.4 PDOによるデータベースの抽象化

8.4.1 データベースの抽象化

8.4.2 PEAR DBとPDO

8.4.3 PEARとPECL

8.4.4 PDOの導入

8.4.5 PDOを使ってみよう

PR

秀和システム