オープンソース徹底活用 Eclipse3によるJavaアプリケーション開発

概 要

EclipseはJava開発者の標準開発環境です。2004年6月にEclipse3.0がリリースされ、柔軟性、拡張性、相互運用性、即応性の向上されたほか、GUIを備えたJavaアプリケーションの構築も可能になりました。本書では、Eclipse3.0の新機能やGUI開発手法、Strutsとの連携、新しい開発手法である「アスペクト指向開発」、Eclipseプラグインの開発方法などを実践的に解説します。

著者 水島和憲
価格 本体2600円(税別)
ISBN 4-7980-1010-3
発売日 2005/03/09
判型 B5変
色数 2色
ページ数 480
CD/DVD Windows
対象読者 中級
シリーズ オープンソース徹底活用
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章

1-1 Eclipseの生い立ち

1-2 Eclipseの主な特徴

1-3 Eclipseのアーキテクチャとプラグイン

1-4 eclipse.orgの6プロジェクト

Eclipseプロジェクト

Eclipseツールプロジェクト

Eclipseテクノロジプロジェクト

Eclipse Webツールプラットフォームプロジェクト

Eclipseテスト&パフォーマンス・ツールプラットフォームプロジェクト

ビジネスインテリジェンス&レポーティングツール(BIRT)プロジェクト

第2章

2-1 Eclipseのインストール

J2SDKのインストール

Eclipseのインストール

Eclipseを日本語化する

2-2 Eclipseのユーザインタフェース

ワークベンチとは

2-3 パースペクティブの機能

パースペクティブとは

レイアウトを変更する

2-4 ワークベンチの設定

テキストファイルのエンコーディングを変更するには

エディタに行番号を表示する

ファイルの関連付け

第3章

3-1 はじめてのJDT

Eclipseを起動する

Javaプロジェクトを作る

HelloWorldクラスの作成

HelloWorld.javaの編集

プログラムのコンパイルと実行

3-2 ヘルプを使う

ヘルプの使い方

日本語でホバー表示

3-3 Javaプロジェクトを作る

新規プロジェクトの作成

プロジェクトのオープンとクローズ

プロジェクトの削除

他開発環境のソース・ディレクトリからEclipseに移行する

3-4 Javaコードを編集する

クラス/インタフェースを作る

クイック・フィックス(即時補正)

クイック・アシスト

インデントとフォーマット

コンテンツ/コード・アシスト

コメントアウト

インポート宣言の編成

3-5 ナビゲート

パッケージ・エクスプローラー

アウトラインビュー

型階層ビュー

ソースを行ったり来たりする(ナビゲーション・ヒストリー)

型(クラス、インタフェース)に直接ジャンプする

素早くメソッドにアクセス

メソッドや変数の宣言を参照する

ブックマーク

タスク・タグ

3-6 検索と置換

検索/置換機能

Java検索

検索ビュー

インクリメンタル・サーチ

ファイル内での出現箇所検索

3-7 コード生成とテンプレート

コード生成の使い方

命名規則に従った変数名をコード生成する

コード生成のカスタマイズ

テンプレートの使い方

独自テンプレートの作り方

3-8 ビルド機能

自動ビルド設定

手動でビルドする

Antを利用する

3-9 JDTの便利な機能

ファイルの比較

ローカルヒストリーを使って復元する

Javaスクラップブック

ストリングの外部化

コンパイルによるストリングの外部化

リソース・バンドルとメッセージプロパティの整合性チェック

ウィンドウのナビゲーション

第4章

4-1 これだけ知っていればできるデバッグ

デバッグの基本

デバッグ・パースペクティブ

ブレークポイントを設定する

デバッガを起動する

基本ステップ実行

デバッグ中の変数の値を参照・変更する

4-2 知っていると便利なデバッグ方法

起動時の引数(起動構成)を設定する

起動時のコマンドライン引数を確認する方法

設定した起動構成を他の人と共有する方法

リモートデバッグ

高度なブレークポイント

高度なステップ実行

行き過ぎてしまったステップ実行を戻る

値を確認する(表示とインスペクション)

「監視」とは

4-3 プログラム解析に便利な機能とプラグイン

メソッドの呼び出し関係を調査する

メソッドを実装しているのはどこか

Profilerプラグイン

第5章

5-1 リファクタリングとは

リファクタリングの利点

いつリファクタリングするのか

リファクタリングが必要なコード

5-2 JDTを使ってリファクタリングする

JDTのリファクタリング

名前変更

移動リファクタリング

メソッド・シグニチャーの変更

匿名クラスをネストに変換

メンバー型を新規ファイルに移動

プッシュダウン

プルアップ

インタフェースの抽出

型の一般化

使用可能な場合にスーパータイプを使用

インライン化

メソッドの抽出

ローカル変数の抽出

定数の抽出

パラメータの導入

ファクトリーの導入

ローカル変数をフィールドに変換

フィールドのカプセル化

スーパークラスの抽出

クラスをSingletonにする

5-3 JUnitを使う

自動テストの重要性

JUnit

JUnitの設定

JUnitプラグインでテストケースを書く

JUnitテストケースクラスの基本ルール

テストの実行

第6章

6-1 CVSサーバのインストール

CVSとは

CVSサーバをインストールする

ユーザの作成

6-2 チーム開発

CVSを使ったチーム開発フロー

CVSリポジトリの場所を登録する

EclipseのプロジェクトをCVSリポジトリのモジュールに(インポート)

CVSリポジトリのモジュールをEclipseのプロジェクトに(チェックアウト)

リポジトリとの同期化(チーム同期化パースペクティブ)

テキストファイルとバイナリファイルの判定について

6-3 CVSのより便利な使い方

過去のバージョンを取り出すには(CVSリソース・ヒストリー)

CVSのラベル装飾

誰が編集中かを知る

責任の所在を調べる(注釈)

修正を破棄してリポジトリの内容に置換する

削除したファイルをリポジトリから復元する

CVSディレクトリを消すには

6-4 コーディングスタイルを統一する

コーディングスタイルを統一する理由

コード整形ツール(JDTコード・フォーマッター)

第7章

7-1 Eclipseをアップデートする

新規更新

フィーチャーとは

7-2 インストール構成を管理する

インストール構成を管理するとは

製品構成ウィンドウ

プラグインのインストール

拡張ロケーション

第8章

8-1 PMDプラグイン

PMDプラグインとは

添削の例

添削する

添削結果を見る

適用する添削ルールを選ぶ

大きなプロジェクトを添削する

添削結果をレビューする

添削ルールのカスタマイズ

XPath便利ツール

カスタムルールのサンプル

コピー&ペーストしたコードを見つけ出す

8-2 CheckStyleプラグイン

CheckStyleプラグインとは

CheckStyleプラグインのインストール

はじめてのコードスタイルチェック

オリジナルスタイルの作り方

第9章

9-1 EclipseUMLプラグインとは

なぜUMLが必要か

EclipseUMLプラグインの特徴

EclipseUMLのインストール

9-2 EclipseUMLでモデリングを実行

ダイアグラムを新規作成する

ユースケース

クラスダイアグラム

シーケンスダイアグラム

UMLダイアグラムの出力

9-3 ソースからクラスダイアグラムを作る

JUnitのソースファイルのインポート

パッケージの依存関係を図式化する

パッケージのクラス図を作る

クラスの依存関係を結ぶ

アトリビュートを表示/非表示にする

メソッドのシグニチャーを表示/非表示にする

第10章

10-1 LombozプラグインとWebサービス

Lombozプラグインとは

Webサービスは難しい?

スペルチェッカーの概要

10-2 開発環境を整える

Tomcatのインストール

Axisライブラリのダウンロード

Lombozプラグインのインストール

Lombozプラグインの設定

Google Web API開発キットとライセンスキーの取得

10-3 スペルチェッカーをプログラミングする

J2EEプロジェクトの作成

WEB-INF/libに必要なライブラリを追加する

JSPを作る

WSDLからSOAPクライアントを作る

サーブレットを作る

10-4 スペルチェッカーを動かす

デバッグの基本ための前準備

Tomcatの起動と停止

ブレークポイントを設定する

WARファイルを作る

第11章

11-1 MyEclipseのインストール

MyEclipse

11-2 Strutsの概要

Strutsとは

MVCモデル

フレームワーク

Strutsが提供する機能

Strutsの仕組み

アクションフォーム

アクションクラス

設定ファイル(struts-config.xml)

11-3 MyEclipseでStrutsアプリケーション作成

MyEclipseの機能

簡単なWebアプリケーションを作成する

Webプロジェクトの作成

Strutsコンポーネントの作成方法

Helloアプリケーションのフロー定義

アクションフォームクラスの編集

アクションクラスの編集

JSPの編集と作成

Webアプリケーションの実行とデバッグ

日本語化(ローカライゼーション)

第12章

12-1 アスペクト指向

アスペクト指向とは

モジュール化の歴史

12-2 AspectJの基礎

AspectJとは

AspectJ言語の詳細

ワイルドカードとパターン

アドバイス

アスペクト

12-3 AJDTを使ってアスペクト指向プログラミング

AJDTのインストール

AspectJプロジェクトの作成

アスペクト指向のプログラミング

ビルド構成ファイル

ビルドの実行

アスペクトを織り込んだプログラムの実行

デバッグ

アスペクトのナビゲート

その他の便利な機能

付 録 

1 Eclipseのショートカットキー

2 CheckStyleプラグイン

3 PMDプラグイン

PR

秀和システム