図解入門 よくわかる最新飛行機の基本と仕組み

概 要

人類最初の動力飛行が成功して100年、旅客機や戦闘機、飛行船や気球、グライダー、ヘリコプターなどが世界を飛び回っています。本書は主にエンジンの付いた「飛行機」を対象に、その構造や仕組み、動作原理などを解説しています。飛行機の構造や原理は複雑ですが、本書はそんな飛行機の中身を、誰もが楽しく読めるようイラストを多用してわかりやすく解説しました。

著者 中山直樹、佐藤晃
価格 本体1400円(税別)
ISBN 4-7980-1068-5
発売日 2005/04/30
判型 A5
色数 2色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 飛行機の基礎知識

1-1 飛行機であるための条件 

1-2 飛行機の構成物の名称とはたらき 

1-3 飛行機の用途と大きさ 

1-4 形による分類 

1-5 飛行機のスピード 

1-6 速さ以外に求められるもの 

1-7 飛行機の発展 

1-8 ジェット機の歴史 

1-9 飛行機事故 

1-10 2大飛行機メーカー 

1-11 メーカーの再編 

1-12 エアライン 

1-13 エアポートの改革 

第2章  飛行機が空中を飛べる理由

2-1 飛行機の特徴は翼 

2-2 物体を浮かび上がらせる力 

2-3 揚力はどうして発生するのか 

2-4 翼周囲の速度と圧力の分布 

2-5 翼の各部の名称や形 

2-6 翼の平面形と揚力の関係 

2-7 揚力を制御するには 

2-8 飛行機の抗力 

2-9 抗力を減らすには 

コラム 推進装置 

2-10 飛行機の様々な抗力 

2-11 失速のメカニズム 

コラム 翼型の移り変わり 

第3章  飛行機の運動性

3-1 安定飛行でつりあう力 

3-2 飛行機にはたらく4力 

3-3 上昇と降下 

3-4 飛行機の制御軸 

3-5 飛行機の安定性 

3-6 飛行機の操縦性 

3-7 翼の形や配置による運動の効果 

3-8 失速しにくい翼のくふう 

3-9 降着時の低速でも揚力を得る仕組み 

3-10 高速度飛行 

コラム 静的安定性と動的安定性 

第4章  飛行機はどのように作られているか

4-1 設計に当たって 

コラム フェールセーフ 

4-2 旅客機を設計するときのポイント 

4-3 航続距離と経済性 

4-4 大型旅客機は国際共同で開発される 

4-5 飛行機各部の材料 

4-6 機体メーカーとエンジンメーカー 

4-7 翼の構造と材料 

4-8 胴体の構造と材料 

4-9 降着装置の構造 

4-10 プロペラの構造 

4-11 飛行機の安全性確認 

コラム 座席数の現状と予測 

第5章  飛行機の装備システム

5-1 飛行機の装備システム 

5-2 操縦室 

5-3 飛行計器 

5-4 航法システム 

5-5 操縦システム 

5-6 油圧システム 

5-7 空気圧システム 

5-8 降着システム 

5-9 エンジンの始動と電源システム 

5-10 防氷システムと除氷システム 

5-11 ガスタービンエンジンの滑油システム 

コラム エンジン艤装 

5-12 燃料システム 

コラム 地上支援器材 

コラム 世界で最初の与圧旅客機 

第6章  飛行機の材料と生産技術 

6-1 飛行機の生産工程 

6-2 材料に求められるもの 

6-3 飛行機の金属材料 

6-4 飛行機の非金属材料 

6-5 飛行機に使われる複合材 

6-6 複合材の成形加工 

6-7 金属材料の加工法 

6-8 組立治具 

コラム 飛行機の外面塗装 

6-9 部材の接合 

6-10 飛行機の試験 

コラム 鳥衝突試験 

第7章  飛行機のエンジン 

7-1 ピストンエンジンとプロペラ機 

7-2 ジェットエンジンの歴史 

7-3 ジェットで推力を得る 

7-4 ターボジェットとターボファン 

7-5 ターボファンエンジンの仕組み 

7-6 エンジンは他にもパワーを提供する 

7-7 エンジンの性能はパワーだけではない 

7-8 次世代の飛行機エンジン 

コラム 最強のエンジン 

コラム 飛行機の燃料 

PR

秀和システム