Cisco技術者認定 CCNA速習ナビゲータ CCNA(640-801J)編

概 要

本書は、これからCCNA取得をめざす方と、試験前の要点整理・総復習をしたい方向けの速習試験対策書です。重要用語やコマンドを効率よくまとめた「重要ポイント集」と、繰り返し学習に威力を発揮し携帯容易な「切り離し可能なカード」の二大ツールを一冊に凝縮。本書はCCNA(640-801J)に対応しています。

著者 IT資格研究会
価格 本体2500円(税別)
ISBN 4-7980-1074-X
発売日 2005/05/28
判型 A5
色数 2色
ページ数 280
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

Chapter 01 ネットワーキングの基礎とTCP/IP

Point 001 プロトコルと階層型ネットワーキングモデル

Point 002 エンドツーエンドのデータ処理手順

Point 003 TCP とUDP の特徴

Point 004 IP アドレスとクラス

Point 005 2 進数と10 進数の変換

Point 006 メジャーネットワークとサブネットワーク

Point 007 IP アドレスの計算方法

Point 008 サブネット化と階層型アドレッシング

Point 009 経路集約とCIDR

Point 010 VLSM(可変長サブネットマスク

Point 011 MAC アドレスと16 進数

Point 012 ARP / Proxy ARP / RARP / DHCP

Point 013 新しいネットワーク技術

Chapter 02 Cisco ルータとCatalyst スイッチの基本設定

Point 014 Cisco デバイスの基本的な特徴

Point 015 Cisco IOS の各種モード

Point 016 Cisco デバイスの基本設定(1)

Point 017 Cisco デバイスの基本設定(2)

Point 018 Cisco デバイスの基本管理(1): CDP

Point 019 Cisco デバイスの基本管理(2): ping / traceroute コマンド

Point 020 Cisco デバイスの基本管理(3): telnet コマンド

Point 021 Cisco デバイスの基本管理(4): copy コマンド

Point 022 Cisco デバイスの初期化とCisco IOS のアップグレード

Point 023 基本的なshow コマンド

Point 024 シリアルインタフェースの起動と確認

Point 025 パスワードリカバリー

Chapter 03 LAN スイッチング

Point 026 イーサネット(Ethernet)の特徴

Point 027 イーサネットメディア

Point 028 コリジョンとCSMA/CD 方式

Point 029 LAN スイッチの特徴

Point 030 コリジョンドメインとブロードキャストドメイン

Point 031 フレームの転送方式

Point 032 Cisco 3 階層モデルとスイッチドネットワーク

Point 033 MAC アドレステーブルの管理

Point 034 ポートセキュリティ

Point 035 スパニングツリープロトコルの特徴

Point 036 スパニングツリープロトコルの重要用語

Point 037 スパニングツリープロトコルの基本動作

Point 038 ポートの状態遷移と各種タイマ

Point 039 スパニングツリープロトコルのコンバージェンス

Point 040 スパニングツリープロトコルの設定

Point 041 スパニングツリープロトコル検証コマンド

Chapter 04 VLAN とVTP

Point 042 VLAN の特徴

Point 043 VLAN メンバーシップ

Point 044 Catalyst スイッチのポートの種類

Point 045 ISL とIEEE 802.1Q

Point 046 スタティックVLAN の設定

Point 047 VLAN トランクの設定

Point 048 VTP の特徴

Point 049 VTP の設定

Point 050 VLAN 間ルーティングの設定

Point 051 VLAN 関連のトラブルシューティング

Point 052 VLAN 検証コマンド

Chapter 05 IP ルーティング

Point 053 ルーティング方式とルーティングプロトコル

Point 054 スタティックルートとダイナミックルート

Point 055 クラスフルルーティングプロトコル

Point 056 クラスレスルーティングプロトコル

Point 057 ディスタンスベクタ型ルーティングプロトコル

Point 058 リンクステート型ルーティングプロトコル

Point 059 アドミニストレーティブディスタンス

Point 060 RIP の特徴と設定

Point 061 RIP 検証コマンド

Point 062 IGRP の特徴

Point 063 IGRP の設定

Point 064 IGRP 検証コマンド

Point 065 EIGRP の特徴

Point 066 EIGRP の重要用語

Point 067 EIGRP の設定

Point 068 EIGRP 検証コマンド

Point 069 OSPF の特徴

Point 070 OSPF の重要用語

Point 071 OSPF のエリア

Point 072 OSPF のネットワークタイプ

Point 073 OSPF における隣接関係の確立

Point 074 OSPF の設定

Point 075 OSPF 検証コマンド

Point 076 再配送とパッシブインタフェース

Chapter 06 アクセスリストとNAT

Point 077 アクセスリストの特徴

Point 078 アクセスリストの動作

Point 079 ワイルドカードマスク

Point 080 標準IP アクセスリストの設定

Point 081 拡張IP アクセスリストの設定

Point 082 アクセスリスト検証コマンド

Point 083 NAT(ネットワークアドレス変換)

Point 084 スタティック/ダイナミックNAT およびPAT の設定

Point 085 NAT 検証コマンド

Chapter 07 WAN の基礎とPPP

Point 086 WAN 接続の特徴

Point 087 WAN カプセル化プロトコル

Point 088 HDLC とPPP

Point 089 LCP とNCP

Point 090 PPP の認証方式

Point 091 PAP / CHAP の設定

Point 092 マルチリンク(MLP)の設定

Point 093 PPP 検証コマンド

Chapter 08 ISDN とDDR

Point 094 ISDN の特徴

Point 095 ISDN デバイスと参照点

Point 096 ISDN 勧告と関連用語

Point 097 ISDN スイッチタイプの設定

Point 098 レガシーDDR の設定

Point 099 ISDN PRI インタフェースの設定

Point 100 ダイヤラープロファイル

Point 101 ダイヤラープロファイルの設定

Point 102 フローティングスタティックルートの設定

Point 103 ISDN / DDR 検証コマンド

Point 104 ISDN / DDR のトラブルシューティング

Chapter 09 フレームリレー

Point 105 フレームリレーの特徴

Point 106 フレームリレー関連用語

Point 107 フレームリレーのトポロジ

Point 108 NBMA 環境における到達可能性の問題

Point 109 フレームリレーの基本設定

Point 110 フレームリレーのオプション設定

Point 111 フレームリレー検証コマンド

カード編

PR

秀和システム