Web標準の教科書

概 要

Webで標準的に使用される技術を「Web標準」といいます。誰でもアクセスでき、どんなブラウザから見ても見栄えの変わらないサイトを作るにはWeb標準技術が欠かせません。本書は、「XHTML」と「CSS」を中心に、正しいWebページの作り方を単なる仕様の説明ではなく、常に「実際にどう生かせるか」という観点から実践的な説明を随所に盛り込み、解説しました。すべてのサイト制作者、必携の一冊です!

著者 益子貴寛
価格 本体2400円(税別)
ISBN 4-7980-1092-8
発売日 2005/07/08
判型 A5
色数 2色
ページ数 608
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

【第1章 イントロダクション─Web標準とは何か?】

1 誰がWeb標準を決めるのか

2 インフラとトレンドから考えるWeb標準

3 Web標準のメリット

4 構造言語と表現言語

5 その他の言語やガイドライン

【第2章 文書構造─これからはXHTMLでWebページを構築】

1 Webの仕組みを理解する

2 XHTMLの全体像と書式

3 XML宣言、文書型宣言、名前空間と言語コード

4 タイトル、文字コードセット、説明文とキーワード

5 検索ロボットの制御、その他のメタデータ、ナビゲーションリンク

6 見出し、パラグラフ、作成者情報、区切り線

7 引用文、整形済みテキスト

8 箇条書きリストと番号リスト、定義型リスト、表

9 リンク、画像

10 テキストを定義するためのインライン要素

11 グループ化要素、コメントの挿入、文字参照

【第3章 視覚表現―CSSでWebページを自由にデザイン】

1 CSSの役割

2 CSSの書式

3 CSSの適用方法と優先順位

4 セレクタと擬似クラス・擬似要素

5 ボックスモデル

6 視覚整形モデル

7 視覚効果

8 文字色と背景

9 フォント

10 テキスト

11 表

12 生成内容

13 リスト

14 ユーザーインターフェース

15 atルールとメディアコントロール

【第4章 インタラクティブ─Webサイトを彩る多様なコンテンツ】

1 フォームの設置

2 スクリプトの組み込み

3 イメージマップの埋め込み

4 インラインフレームの埋め込み

5 Javaアプレットの埋め込み

6 オブジェクトの埋め込み

7 フレームの設定

【第5章 リデザイン―Web標準へのスムーズなスイッチ】

1 HTML4.01、XHTML1.0、XHTML1.1の違い

2 HTMLからXHTMLへの移行方法

3 XHTML 1.1廃止要素の代替

4 XHTML 1.1廃止属性の代替

5 XHTML 1.1追加要素の解説

【第6章 クロスブラウザレイアウト―ブラウザを選ばないレイアウトテクニック】

1 ブラウザの実装と互換性

2 DOCTYPEスイッチと表示モード

3 CSSハック

4 外部スタイルシートのつくり込み

5 レイアウトテクニック(1)─ 文書本体

6 レイアウトテクニック(2)─ ナビゲーション

7 レイアウトテクニック(3)─ リンク

8 レイアウトテクニック(4)─ テキスト

9 レイアウトテクニック(5)─ 見出し

10 レイアウトテクニック(6)─ 引用文

11 レイアウトテクニック(7)─ リスト

12 レイアウトテクニック(8)─ 表

13 レイアウトテクニック(9)─ フォーム

14 レイアウトテクニック(10)─ 画像の代替表現

15 レイアウトテクニック(11)─ マルチカラムレイアウト

16 レイアウトテクニック(12)─ 印刷用スタイル

【第7章 アクセシビリティ―多様なユーザーに配慮したWebの設計】

1 アクセシビリティとは

2 W3Cの取り組み:WAI

3 Webコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン1.0(WCAG1.0)

4 米国リハビリテーション法第508条(Section 508)

5 WebコンテンツJIS(JIS X 8341-3)

【第8章 メタデータ―効率的な情報収集を支えるWebテクノロジー】

1 メタデータとセマンティックWeb

2 RSSによる効率的な情報配信

3 FOAFによる人物プロファイルの提供

【付録】

HTML/XHTMLリファレンス

CSSリファレンス

ブラウザのDOCTYPEスイッチ一覧

文字参照一覧

言語コード一覧

XHTML1.1とXHTML2.0草案のモジュール比較表

PR

秀和システム