図解入門ビジネス 最新企業価値評価の基本と仕組みがよ~くわかる本

概 要

株価上昇、企業価値の向上で敵対的買収から会社を守る! 本書は、企業価値評価の入門書として、企業価値とは何か、さまざまな企業価値評価、DCFモデルによる企業価値(本質価値)の算出、企業価値評価を実務でどのように生かすか、5つの資産とバリュートライアングルによる企業価値創造などについて順に説明しています。

著者 (株)バリュークリエイト
価格 本体1800円(税別)
ISBN 4-7980-1107-X
発売日 2005/07/05
判型 A5
色数 2色
ページ数 264
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 企業価値とはなんだろうか

1-1 注目される企業価値

1-2 なぜ企業価値評価が必要なのか

1-3  企業価値とは何か

1-4  企業価値活用のポイント

コラム 企業価値評価は大らかに正しく

1-5  株式時価総額

1-6  株価は私たちにとって大切です

1-7  株式市場リスク

1-8  企業価値と株式時価総額の違いは

1-9  企業価値リスクの管理

コラム ギャップは本当に埋まるのか?

第2章 企業価値評価のための基礎知識

2-1  3つの財務諸表

2-2  損益計算書

2-3  貸借対照表

2-4  キャッシュフロー計算書

2-5  配当はどうやって決める?

コラム 無借金経営は企業価値破壊?

2-6  設備投資はどうやって費用に計上する?

2-7  日常の営業活動に必要なお金

2-8  自由に使えるお金

2-9  お金には時間的な価値がある

2-10 資本効率を示す指標

コラム 毒薬より漢方薬

第3章 企業価値の算定方法

3-1  企業価値の算定方法

3-2  純資産方式

3-3  収益方式

コラム 収益還元法の公式の導出

3-4  配当方式

コラム 配当還元法の公式の導出

3-5  比準方式

3-6  株価倍率法

3-7  PER(株価収益率)

コラム サスティナブル成長率

3-8  PBR(株価純資産倍率)

3-9  PCFR(株価キャッシュフロー倍率)

コラム PERとPERの逆数の関係

3-10 EV/EBITDA倍率

3-11 配当利回り

3-12 PSR(株価売上高倍率)

3-13 オプション理論や確率手法

コラム 2年後のPER、3年後のPER

第4章 ディスカウントキャッシュフローモデル

4-1 ディスカウントキャッシュフローモデル

4-2 事業価値を算定する

4-3 売上高、営業利益率を予想する

4-4 減価償却費、設備投資、運転資本増減を予想する

4-5 資本コスト

4-6 株主資本コスト

4-7 財務レバレッジ

4-8 株主資本コストに影響を与える要因

4-9 継続価値を計算する

4-10 企業価値、株主価値を計算する

第5章 企業価値評価を実際にやってみよう

5-1  企業価値評価のプロセス

5-2  現状の株価から企業の将来をイメージする

5-3  過去の企業の変化から企業価値をイメージする

5-4  自分で企業価値をイメージする

5-5  ギャップを算定する

第6章 企業価値評価の実践

6-1  企業価値創造の2つのステップ

コラム 四半期決算と車の運転

6-2  企業価値評価を誰がどのように使うか

6-3  日本で増加するM&A

6-4  日本で増加するM&A

   -「胃袋レシオ」から見た時価総額の格差

6-5   日本企業が狙われる?

   -「バーゲン・レシオ」から見た時価総額の格差

6-6  買収対象として狙われる企業

6-7  敵対的買収に備えて

6-8  M&Aによる企業価値創造

6-9  IRでギャップを解消

コラム 米国企業から学ぶ人的資産経営

6-10 IRで見えない資産を伝える

6-11 IRで将来を伝える

6-12 IRでアナリストと対話する

6-13 アニュアルレポートを通じて対話する

6-14 なぜ資本政策が大切か

6-15 ギャップを理解した上での自社株取得

6-16 配当は株主への重要なメッセージ

コラム 株主の質が経営の質を決める?

第7章 企業価値の創造

7-1  企業価値の創造とフレームワーク

7-2  企業価値の創造はぐるぐる回る渦巻き

7-3  5つの資産

7-4  5つの資産を使って企業価値をイメージする

7-5  企業価値とブランド

7-6  企業価値と利害関係者

7-7  企業価値と対話によるマネジメント

7-8  5つの資産の限界

7-9  価値創造のプロセス

7-10 価値創造のプロセスとタイムラグ

7-11 企業価値と将来の時間軸

7-12 企業価値と中長期の価値

7-13 企業価値の構造とバリュートライアングル

7-14 バリュートライアングル-短期的な価値

7-15 バリュートライアングル-中期的な価値

7-16 バリュートライアングル-長期的な価値

7-17 バリュートライアングルと価値創造のプロセス

7-18 バリュートライアングルとDCFモデル

7-19 3つの輪と企業のタイプ

7-20 経営の質と経営者の役割

第8章 見えない資産とKVD

8-1 KVDとは

コラム IPOと企業価値

8-2  見えない資産とKVD

8-3  重要度と緊急度

8-4  組織資産-情熱・ビジョン

8-5  組織資産-習慣・行動基準

8-6  組織資産-習慣曲線

8-7  組織資産-対話

コラム 短期的な株価の上昇

8-8  人的資産-採用

8-9  人的資産-成果主義

8-10 人的資産-従業員への教育

8-11 人的資産-次世代の経営者の育成

8-12 顧客資産-顧客満足度

PR

秀和システム