ZigBee センサーネットワーク 通信基盤とアプリケーション

概 要

本書はセンサーネットワーク導入期のデファクトとして産業界から注目を集めているZigBeeを中心に、センサーネットワークの基礎と応用を解説します。ZigBeeは2003年5月に物理層とMAC層が規格化され(IEEE 802.15.4)、2004年12月にネットワーク層以上の標準化を目指す業界団体のZigBeeアライアンスがZigBee 1.0を策定し、下位層から上位層までのプロトコル・スタックが初めて揃いました。

著者 田中茂興、西室洋介、川崎光博、福井潔、ユビキタスネットワーキングフォーラム センサーネットワーク部会、阪田史郎(編著)
価格 本体2500円(税別)
ISBN 4-7980-1120-7
発売日 2005/07/26
判型 B5変
色数 1色
ページ数 232
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 ユビキタスセンサーネットワークの全体像とアプリケーション

1.1 ユビキタスセンサーネットワークが求められる背景

1.2 ユビキタスセンサーネットワークとは

1.3 ユビキタスセンサーネットワークを利用したアプリケーション

第2章 ユビキタスセンサーネットワークの実現に向けて

2.1 ユビキタスセンサーネットワークの要素技術

2.2 ユビキタスセンサーネットワークの実現に向けた課題

2.3 ユビキタスセンサーネットワークの実現に向けた推進方策

第3章 ユビキタスネットワーキングフォーラムの活動

3.1 ユビキタスネットワーキングフォーラムの活動

3.2 代表アプリケーションの検討

第4章 センサーデバイスとデバイス間インタフェース

4.1 センサーデバイスの構成

4.2 センサーデバイスの例

4.3 OSの例:TinyOS

第5章 無線PANの仕組みと標準化

5.1 無線PANと短距離無線

5.2 IEEE 802委員会の活動

5.3 無線ネットワークの分類と今後の動向

5.4 IEEE 802.15における標準化

第6章 センサーネットワークへの応用で注目されるZigBee

6.1 ZigBeeとは

6.2 ZigBeeアライアンスの活動

6.3 ZigBeeのプロトコル・アーキテクチャ

6.4 ZigBeeのデバイスタイプ

6.5 ZigBeeの物理層 ① チャネル配置と送信電力

6.6 ZigBeeの物理層 ② 省電力および干渉回避機能

6.7 ZigBeeのMAC層 ① チャネル・アクセス方式とGTS機能

6.8 ZigBeeのMAC層 ② チャネル・スキャンと起動/接続手順

6.9 ZigBeeのMAC層 ③ データ転送モデル

6.10 ZigBeeのMAC層 ④ フレーム・フォーマットとアドレッシング

第7章 ZigBeeの上位層:ネットワーク層とアプリケーション層

7.1 ZigBeeのネットワーク層 ① ネットワーク・モデル

7.2 ZigBeeのネットワーク層 ② ルーティングとアドレス割り当て

7.3 ZigBeeのアプリケーション層 ① アプリケーション・モデル

7.4 ZigBeeのアプリケーション層 ② アプリケーション・オブジェクト間の通信

7.5 ZigBeeのアプリケーション層 ③ デバイス/サービス・ディスカバリ

7.6 ZigBeeのセキュリティ機能

第8章 短距離無線の仕組みと種類

8.1 様々な短距離無線

8.2 特定小電力無線

8.3 微弱無線

8.4 DSRC(専用狭域通信)

8.5 NFC(近距離通信)

8.6 RF-ID

第9章 Bluetoothの仕組みと動向

9.1 Bluetoothの開発経緯

9.2 Bluetoothの仕様とネットワークの構成

9.3 Bluetoothを巡る動向

第10章 高速・低消費電力のUWBの仕組みと動向

10.1 UWBの全体像

10.2 UWBの標準化

10.3 UWBを巡る動向

第11章 画像通信などにも用いられる無線LANの仕組み

11.1 無線LANとは

11.2 無線LANとセンサーネットワーク

11.3 IEEE 802.11の標準化動向

11.4 次世代高速無線LAN:IEEE 802.11n

11.5 無線LANのQoS(サービス品質)制御:IEEE 802.11e

11.6 無線LANのセキュリティ

11.7 無線LANのメッシュ・ネットワーク

11.8 無線LANスポット・サービス

11.9 無線LANの今後の動向 

第12章 アドホック・ネットワークの仕組みとルーティング

12.1 アドホック・ネットワークとは

12.2 アドホック・ネットワークとセンサーネットワークの関係

12.3 アドホック・ネットワークの研究動向と応用分野

12.4 ルーティングとは

12.5 IETF MANETによるルーティング・プロトコルの標準化

12.6 ルーティングのためのフラッディング技術

12.7 ルーティング・プロトコルの分類と比較

12.8 ルーティング・プロトコル例 ① AODV(リアクティブ型)

12.9 ルーティング・プロトコル例 ② DSR(リアクティブ型)

12.10 ルーティング・プロトコル例 ③ OLSR(プロアクティブ型

12.11 ルーティング・プロトコル例 ④ TBRPF(プロアクティブ型)

12.12 マルチキャスト・プロトコル

第13章 自律分散の仕組みと移動制御

13.1 自律分散

13.2 P2Pコンピューティング

13.3 端末の移動を制御するモバイルIP

13.4 ネットワークの移動を制御するNEMO

第14章 コンテキスト・アウェアネス

14.1 コンテキスト・アウェアネス(状況認識・適応)の意味

14.2 コンテキストの分類

14.3 コンテキスト・アウェアネス技術の動向

付録1 監視カメラ設置とプライバシー問題

appendix1-1 監視カメラ設置の動向

appendix1-2 監視カメラに対する法規制

appendix1-3 今後の課題

付録2 電子タグに関するプライバシー保護ガイドライン

appendix2-1 電子タグに関する消費者のプライバシー保護の必要性

appendix2-2 電子タグに関するプライバシー保護ガイドライン

PR

秀和システム