実験でわかる 電子工学入門

概 要

電子工学(エレクトロニクス)は私たちの身近な生活を支える目に見えないけれど重要な役割を果たす存在です。本書は、電子工学の基本的な考え方を理解しやすいように、難しい理論や高度な内容はできるだけ少なくし、その代わりに身近な電子機器で使われている基本パーツや回路の仕組みを実際につくって実験して学習できる電子工学のやさしい入門書です。

著者 大塚友彦、永吉浩、潮秀樹(監修)
価格 本体1800円(税別)
ISBN 4-7980-1126-6
発売日 2005/07/28
判型 A5
色数 2色
ページ数 240
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

序章 電子工学とは何か

序-1 電気と電子工学

序-2 身近な電子工学の例

第1章 直流回路と交流回路 

1-1 電流とは何だろう

1-2 オームの法則

1-3 電気回路の表し方

1-4 実験で使う器具について

1-5 実験 オームの法則を確かめる

1-6 電流と抵抗

1-7 直流と交流

1-8 交流回路の仕組み

1-9 交流電圧の実効電圧

1-10 コンデンサの性質

1-11 コイルの性質

第2章 電気回路の法則 

2-1 電圧降下と起電力の違い

2-2 電力の計算

2-3 電力を効率的に伝送するには?

2-4 実験 電圧降下の測定

第3章 光エレクトロニクス入門 

3-1 光デバイスは光と電気の架け橋

3-2 光デバイスの仕組み

3-3 実験 簡易光通信回路の製作

第4章 増幅の仕組み 

4-1 増幅の原理

4-2 オペアンプ

4-3 実験 増幅回路の製作

第5章 トランジスタ回路入門 

5-1 そのままではトランジスタは働かない!?~バイアス回路の役割~

5-2 バイアス回路の例

5-3 増幅度の求め方 その1~特性図を用いる方法~

5-4 増幅度の求め方 その2~小信号等価回路を用いる方法~

5-5 電圧増幅しない増幅回路~エミッタフォロワ増幅回路の仕組み~

5-6 電力増幅回路の仕組み

5-7 トランジスタによるスイッチング回路

5-8 実験 光検出回路を作ろう

第6章 半導体デバイスの原理 

6-1 半導体とは

6-2 半導体の不純物制御

6-3 キャリアの移動

6-4 光励起

6-5 ダイオード

6-6 バイポーラトランジスタの仕組み

6-7 実験 ダイオードの特性を調べる

第7章 モーター入門 

7-1 電流と磁界

7-2 実験 クリップモーターの製作

第8章 ライントレーサの製作 

8-1 システムって、何だろう?

8-2 ライントレーサの仕組み

8-3 ライントレーサの回路の構成と動作の仕組み

8-4 実験 ライントレーサの製作

PR

秀和システム