AsteriskTMでつくるIP電話システム

概 要

本書は、オープンソースのPBXソフトウェア Asterisk(TM) をLinuxにインストールして、自分だけのIP電話システムを構築するための具体的な解説書です。Asterisk(TM)は、PBXの持っているほとんどの機能を備えています。インターネットを用いて遠隔地の電話を内線化でき、「留守電」「転送」「代理応答」「音声会議」などを設定することができ、さらに外線とも接続できるようにします。

著者 高橋隆雄
価格 本体2800円(税別)
ISBN 4-7980-1129-0
発売日 2005/07/30
判型 B5変
色数 2色
ページ数 304
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 IP電話システム構築の前に

1-1 そもそも電話って何だろう?

 糸電話でわかる電話の基本

 双方向での通話

 通話先を選ぶ~電話交換の基本的な仕組み

 糸電話システムは電話そのもの

1-2 では携帯電話って何なのよ?

 携帯電話とは?

1-3 IP電話って何だろうか?

 音声信号とコンピュータ

 IP電話と帯域

 じゃあIP電話とは?

 IP電話のデメリット

1-4 IP電話と電話網

 IP電話と「普通の電話」の関係

1-5 IP電話の特性

 データ遅延

 等時性(アイソクロナス)

 エコー

1-6 050 IP電話と、IP電話はなぜ「安い」?

 アナログ電話網や携帯電話網との相互接続

 安く通話ができるわけ

1-7 IP電話で使える機器

 IP電話で使われる機器

 (1)PC

 (2)ソフトフォン

 (3)ハードフォン

 (4)VoIPアダプタ/IP電話アダプタ

 (5)アナログ電話アダプタ

 (6)ゲートウェイ

 (7)VoIPルータ

 IP電話とあわせて使うと便利な機器

 (1)ヘッドセット

 (2)ハンドセット

 (3)電話機

第2章 知っておきたいプロトコルや用語

2-1 少し詳しいIP電話の仕組み

 シグナリング

 ネット上で相手を探すこととシグナリング

2-2 P2P電話ってなんだ?

 P2Pとは?

2-3 プロバイダ等が提供するIP電話

 ISP内のユーザへ電話をかけた場合

 ISPのユーザ以外(普通の電話や携帯電話)に電話をかけた場合

2-4 IPセントレックス

 IPセントレックスの基本的な例

 無線IP電話を内線化

 IPセントレックスでサテライトオフィス

2-5 SIP

 SIPはシグナリング部分を担当するプロトコル

 SIPでのやりとり

 SIPの役割

 SIPサーバって何?

 UA

 SIPルータ/プロキシ

 レジスタサーバ

 メディアゲートウェイ

 B2BUA

 CODEC

2-6 IP電話とNAT問題

 NATとは?

 IP電話ではNAT越えが難しい?

 ポートの確認

 フィルタリングに関する対処法

 NATに関する対処法

 NATタイマ値にも注意

2-7 STUN

 STUNとは?

 別なアプローチとして…

2-8 ISPのIP電話を使用している場合

 SIPポート番号の変更による対処

2-9 エコーキャンセリング

第3章 はじめてのIP電話

3-1一番簡単なIP電話システム

 ソフトフォンのインストール

3-2 インターネット経由での通話

 相手のIPアドレスを知るには?

 sip:でIPアドレスを指定しダイヤルする

3-3 VoIPルータを活用する

 一般の電話との接続

 VoIPルータ「SR-5200VoIP」を使う

3-4 SIP対応のIP電話サービス

 Free World Dialup(FWD)

 SIP Phone

 050番号サービス

 無線LANとIP電話

第4章 Asteriskで作る自前PBXシステム

4-1 PBXとは何だろうか?

 PBXで何ができるの?

 PBX同士の接続も

4-2 なぜオープンソースのPBXが画期的なのか

 AsteriskはSIPルータなのか?

4-3 Asteriskとは

 Asteriskの構造

 情報の入手

 必要なプラットフォーム

 OS

 ネットワーク

 回線インタフェース

第5章 Asteriskのインストール

5-1 Asteriskの入手とインストール

 初期環境

 ソースの入手

 zaptelのインストール

 カードを使っていない場合

 TDM400Pを使っている場合

 libpriのコンパイル/インストール

 Asterisk本体のインストール

5-2 Asteriskの起動環境を整える

 ユーザ asteriskで起動する

 起動スクリプトの修正

 asterisk.confの修正

 モジュールの調整

第6章 Asterisk設定入門

6-1 とにかく通話してみる

 通話の前に

 zapata.confの設定

 sip.confの設定

 extensions.confの設定

 Asteriskの起動と設定の読み込み

 電話側の設定

 電話をかけてみよう

6-2 VoIPルータをATAとして使う

 ヤマハ RT57iの設定

 アイコム SR-5200VoIPの設定

6-3 Asteriskの設定について理解する

 チャンネルとエクステンション

 sip.confの記述の基本

 context

 bindport

 bindaddr

 srvlookup

 disallow/allow

 dtmfmode

 sip.confのチャンネルの設定

 type

 host

 canreinvite

 dtmfmode

 extensions.confの記述の基本

 exten

 Dialコマンド

 Hangupコマンド

 extensions.confの修正

 応答がなければ別の電話を呼び出す

 同時に複数の電話を呼び出す

6-4 転送機能を使ってみる

6-5 ボイスメール機能を付ける

 ボイスメールの設定

 メッセージの再生

6-6 ボイスメールメッセージの通知

 電子メールでボイスメールを通知する

6-7 音声会議室を作ってみる

 会議室番号を設定する

 会議室番号を自動作成する

6-8 外線との接続~その1 TDM400P+FXOを使う

 zapata.confの設定

 外部から着信

 外部への発信

6-9 外部との接続~その2 VoIPルータ アイコム SR-5200VoIPを使う

 着信の設定

 [general]セクションへの追加

 [sr5200]というセクションを追加

 fromdomainとfromuser

 外部への発信

 [outgoing]セクションへの追加

6-10 ダイヤルプランとは

 ダイヤルプランの考え方

 外線発信専用の特番

 内線番号を割り振る

 他のサービスとの連携

6-11 Asteriskチャンネルの考えかた

 コール(発呼)に対する処理

 セッションの成立

 セッションの監視~転送依頼などに対する処理

 チャンネルの成立

第7章 Asteriskの管理

7-1 ふたつの管理機能

7-2 Asterisk CLI

 SIPコマンド

 sip show peers

 sip show registry

 sip show peer ピア名

 sip reload / extensions reload / reload

 show channels

 soft hangup

7-3 Astman

 マネージャ機能を有効にする

 [general]セクション

 [manager]セクション

7-4 Asterisk Manager Interface

7-5 Asteriskのセキュリティ

 Asteriskが使用するポート

 extensions.confの設定にも注意

 あたりまえのことですが…

 Asteriskの再起動

第8章 Asteriskの少し進んだ使い方

8-1 音声/保留音

 Asterisk音声ファイルの構造

 (1)sip.confによる切り換え

 (2)extensions.confによる切り換え

 保留音

 音声ファイルの変換

8-2 コールピックアップ(代理応答)

8-3 コールパーキング

8-4 コールキューイング

 コールキューイングの設定

 エージェントの仕事を確認する

8-5 音声応答メニュー

 PBXによる代理応答

 日付/時刻よって応答をかえる

8-6 SOHO、コラボレーションツールとしてAsteriskを使う

8-7 IAXを使用する

8-8 Asteriskが動的IPの場合には?

 IAXで拠点間を結ぶ

 東京側の設定

 大阪側の設定

 ダイヤルの設定

 東京から大阪へのダイヤル設定

 大阪から東京へのダイヤル設定

 発信者番号表示の工夫

 外線利用の設定

8-9 IAXでの拠点間接続で、片方が動的IPアドレスなのですが……

8-10 外部のサービスとAsteriskの接続

 Free World Dialup

 SIP Phone

8-11 DTMFをデバッグする

8-12 時報をつけてみる

8-13 AsteriskでFAXを受信する

 spandspのインストール

 Asterisk アプリケーションモジュールの作成

 ファックスの受信がうまくいかない場合には

 受信したファックスの利用法

8-14 補足 Red Hat Linux 9を使い続けるには

付録

付録1 IP電話対応機器の購入について

付録2 IP電話対応機器が入手可能なインターネットショップ

付録3 機器設定の基本

付録4 本書で使用した機器について

付録5 本書で使用したソフトフォン

付録6 Asteriskインストール方法のまとめ

付録7 Asteriskリファレンスガイド

付録8 TDM400Pの日本での使用

リファレンス

リファレンス1 設定ファイル一覧

リファレンス2 sip.conf

リファレンス3 extensions.conf

リファレンス4 modules.conf

リファレンス5 アプリケーション・コマンド

リファレンス6 Asterisk標準組み込み変数

リファレンス7 sound

PR

秀和システム