Adobe Photoshop CS2 パーフェクトマスター

概 要

本書は、Vanishing Pointや、ワープ変形、変数、BridgeといったAdobe PhotoshopCS2の新機能も含めた全機能を、実例を元に徹底解説しました。Windows、Macintoshの両方に対応し、クロスプラットフォーム環境のDTP現場でも使用できます。CD-ROMには、本文で使用する全サンプルデータ Windows,Mac両対応を収録。

著者 KUMIKO
価格 本体3000円(税別)
ISBN 4-7980-1138-X
発売日 2005/09/16
判型 B5変
色数 4色
ページ数 664
CD/DVD Windows
対象読者 初級
シリーズ パーフェクトマスター
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

Chapter 1 ツール・メニュー・パレット

1.1 Photoshopの画面構成とツールボックス

1.1.1 Photoshop CS2 の画面構成

1.1.2 ツールボックス

1.2 パレット

1.2.1 ナビゲータ・情報・ヒストグラム・オプションバー

1.2.2 カラー・スウォッチ・スタイルパレット

1.2.3 ヒストリー・アクションパレット

1.2.4 ツールプリセット

1.2.5 レイヤー・チャンネル・パスパレット

1.3 メニューバーの概要

1.3.1 ファイル

1.3.2 編集

1.3.3 イメージ

1.3.4 レイヤー

1.3.5 選択範囲

1.3.6 フィルタ

1.3.7 ビュー

1.3.8 ウィンドウ

1.3.9 ヘルプ

Chapter 2 Photoshop CS2の新機能

2.1 Adobe Bridge

2.1.1 Adobe Bridgeの画面

2.1.2 Adobe Bridgeによる一括処理

2.1.3 スライドショー

2.1.4 ファイル名をバッチで変更

2.2 Vanishing Point

2.3 スマートオブジェクト

2.4 赤目修正ツール

2.5 スポット修復ブラシ

2.6 レンズ補正

2.7 ワープ変形

2.8 その他の新機能

2.8.1 ワークスペースのカスタマイズ

2.8.2 変数

2.8.3 アニメーションパレット

Chapter 3 画像ファイルの基本操作

3.1 ビットマップ画像とベクトル画像

3.1.1 ビットマップ画像

3.1.2 ベクトル画像

3.2 画像サイズと解像度

3.2.1 解像度の比較

3.2.2 解像度およびサイズの変更

3.2.3 まとめ

3.3 画像サイズと解像度の変更

3.3.1 縦横比を固定

3.3.2 画像の再サンプル

3.4 画像のスキャニング

3.4.1 イラストの取り込み

3.5 新規ファイル作成

3.5.1 新規作成と初期表示内容

3.6 画像の読み込み

3.6.1 ファイルの種類を選んで読み込む

3.6.2 手動でファイルを読み込む

3.6.3 Photoshop で使用可能なファイル形式

3.7 画像の切り抜き

3.7.1 自由形状に切り抜き

3.7.2 固定サイズで切り抜き

3.7.3 範囲選択時の切り抜きツールオプション

3.8 カンバスサイズの拡大

3.8.1 カンバスサイズの拡大と背景色

3.8.2 拡大方向の決定

3.9 画面表示の切り替え

3.9.1 ナビゲータパレット

3.9.2 ビューメニューとズームツール

3.10 ファイルの保存

3.10.1 保存コマンド

3.10.2 別名で保存コマンド

3.11 ファイルの印刷

3.11.1 印刷設定

3.11.2 プリントプレビュー

Chapter 4 カラーの調整

4.1 レベル補正と自動レベル補正

4.1.1 レベル補正

4.1.2 自動レベル補正

4.2 トーンカーブ

4.2.1 トーンカーブ(コンポジット)

4.2.2 トーンカーブ(チャンネル単位)

4.2.3 スプラインアイコン・鉛筆アイコン

4.2.4 スポイトアイコン

4.3 カラーバランス

4.3.1 カラーバランス

4.4 明るさとコントラスト

4.4.1 明るさとコントラスト

4.5 色相・彩度

4.5.1 色相の補正

4.5.2 色彩の統一

4.5.3 特定色の編集

4.5.4 色彩の補正

4.6 彩度を下げる

4.6.1 彩度を下げる

4.7 色の置き換え

4.7.1 色の置き換え(1)

4.7.2 色の置き換え(2)

4.8 階調の反転

4.8.1 階調の反転(1)

4.8.2 階調の反転(2)

4.9 平均化(イコライズ)

4.9.1 平均化(1)

4.9.2 平均化(2)

4.9.3 効果の確認

4.10 2階調化

4.10.1 2階調化

4.11 ポスタリゼーション

4.11.1 ポスタリゼーション

4.12 バリエーション

4.12.1 バリエーションによる色調補正

4.13 自動カラー補正

4.13.1 自動カラー補正

4.14 レンズフィルタ

4.14.1 レンズフィルタ

4.15 カラーの適用

4.15.1 カラーの適用

Chapter 5 選択テクニック

5.1 長方形選択ツール・楕円形選択ツール・一行選択ツール・一列選択ツール

5.1.1 長方形選択ツール

5.1.3 正方形・真円選択

5.1.2 楕円形選択ツール

5.1.5 一行/一列選択ツール

5.1.4 中心点からドラッグ

5.1.6 選択ツールオプション

5.1.7 選択範囲の追加と削除

5.1.8 選択ツールオプションによる追加、削除、共通範囲

5.2 なげなわツール

5.2.1 なげなわツール

5.2.2 多角形選択ツール

5.2.3 マグネット選択ツール

5.3 自動選択ツールとオプションパレット

5.3.1 自動選択ツール

5.3.2 オプションパレットとレイヤー

5.4 パスの基本操作

5.4.1 パスツールの種類

5.4.2 ペンツール(直線と曲線)

5.4.3 フリーフォームペンツール

5.4.4 アンカーポイントの追加と削除

5.4.6 パスの編集

5.4.5 アンカーポイントの切り替えツール

5.5 パスによる選択

5.5.1 パスによる選択

5.5.2 パスパレットの操作

5.6 すべてを選択と選択解除

5.6.1 すべてを選択

5.6.2 選択解除

5.7 選択範囲を反転

5.7.1 選択範囲を反転

5.8 色域指定

5.8.1 色域指定(スポイト)

5.8.2 色域指定(色成分)

5.8.3 選択範囲の表現方法

5.9 境界線をぼかす

5.9.1 境界線をぼかす

5.10 選択範囲を変更

5.10.1 選択範囲を変更(境界線)

5.10.2 選択範囲を変更(滑らかに)

5.10.3 選択範囲を変更(拡張/縮小)

5.11 選択範囲を拡張

5.11.1 選択範囲を拡張(サンプル1)

5.11.2 選択範囲を拡張(サンプル2)

5.12 近似色を選択

5.12.1 近似色を選択

5.13 選択範囲を変形

5.13.1 選択範囲を変形

5.14 選択範囲を保存

5.14.1 選択範囲を保存

5.15 選択範囲を読み込む

5.15.1 メニューから選択範囲を読み込む

5.15.2 パレットから選択範囲を読み込む

5.16 抽出

5.16.1 抽出コマンドの基本操作

5.16.2 クリーンアップツールによる調整

Chapter 6 フォトレタッチ

6.1 修復ブラシツール

6.1.1 修復ブラシツール

6.2 パッチツール

6.2.1 パッチツール

6.3 スタンプツール

6.3.1 コピースタンプツール

6.3.2 パターンスタンプツール

6.4 消しゴムツール

6.4.1 消しゴムツール

6.4.2 背景消しゴムツール

6.4.3 マジック消しゴムツール

6.5 ぼかしツール、シャープツール、指先ツール

6.5.1 ぼかしツール

6.5.2 シャープツール

6.5.3 指先ツール

6.6 覆い焼きツール、焼き込みツール、スポンジツール

6.6.1 覆い焼きツール

6.6.2 焼き込みツール

6.6.3 スポンジツール

6.7 ヒストリー

6.7.1 ヒストリーパレット

6.7.2 ヒストリーブラシ

6.7.3 アートヒストリーブラシ

6.7.4 ヒストリーの削除

6.7.5 スナップショット

6.8 定規、ものさし、ガイド、グリッド

6.8.1 定規

6.8.2 ガイド

6.8.3 ものさしツール

6.8.4 表示/エクストラ

6.8.5 スナップ/スナップ先

6.9 選択範囲の移動、コピー&ペースト、回転

6.9.1 選択範囲の移動

6.9.2 コピー&ペースト

6.9.3 選択範囲内へペースト

6.9.4 カンバスの回転

6.10 切り抜きとトリミング

6.10.1 切り抜き

6.10.2 トリミング

6.11 ゆがみ

6.11.1 ゆがみ

6.12 Photomerge機能

6.12.1 Photomerge機能

6.13 角度補正して切り抜き

6.13.1 角度を補正して切り抜き

6.14 色の置き換えツール

6.14.1 色の置き換えツール

Chapter 7 ペインティング

7.1 カラー選択

7.1.1 スウォッチからの選択

7.1.2 カラーパレットによる選択

7.1.3 カラーピッカーによる選択

7.1.4 カラーライブラリ

7.2 ブラシパレット

7.2.1 ブラシの設定

7.2.2 ブラシの新規登録(1)

7.2.3 ブラシの新規登録(2)

7.3 ブラシツール

7.3.1 基本操作

7.3.2 ブラシツールオプション

7.4 エアブラシツール

7.4.1 エアブラシのカーソル設定

7.4.2 エアブラシツールオプション

7.5 鉛筆ツール

7.5.1 基本操作

7.5.2 自動消去

7.6 塗りつぶしツール

7.6.1 基本操作

7.6.2 パターンを使った塗りつぶし

7.7 グラデーションツール

7.7.1 基本操作

7.7.2 グラデーションの種類

7.7.3 グラデーションの編集

7.8 スポイトツール

7.8.1 スポイトツール

7.8.2 カラーサンプルツール

7.9 ベクトルシェイプツール

7.9.1 ベクトル図形の作成

7.9.2 ベクトル図形の編集

7.9.3 合体・型抜き・交差・中まど

7.9.4 ベクトル画像の整列

7.9.5 ベクトル図形スタイルの設定

7.9.6 その他の機能

7.10 文字ツール

7.10.1 テキスト入力

7.10.2 テキストのアンチエイリアス

7.10.3 テキストの変形

7.11 パス上とシェイプ内へのテキスト入力

7.11.1 パス上とシェイプ内へのテキスト入力

Chapter 8 チャンネル

8.1 チャンネルって何?

8.1.1 アルファチャンネル

8.1.2 色成分チャンネル

8.1.3 まとめ

8.2 チャンネルを理解する

8.2.1 サンプル1

8.2.2 サンプル2

8.2.3 サンプル3

8.2.5 サンプル5

8.2.4 サンプル4

8.2.6 まとめ

8.3 チャンネルパレットの使い方

8.3.1 チャンネルの表示・非表示

8.3.2 パレットメニュー

8.4 新規チャンネルの作成

8.4.1 パレットメニューから新規作成

8.4.2 ページアイコンから新規作成

8.5 選択範囲をチャンネルに保存

8.5.1 チャンネル保存アイコン

8.5.2 メニューから選択範囲を保存

8.6 チャンネルを選択範囲として読み込む

8.6.1 メニューから読み込む

8.6.3 ショートカットで読み込む

8.6.2 ドラッグ&ドロップで読み込む

8.7 チャンネルの複製

8.7.1 パレットメニューから複製

8.7.2 ドラッグ&ドロップで複製

8.8 チャンネルの削除

8.8.1 パレットメニューから削除

8.8.3 右クリックによる削除

8.8.2 ゴミ箱アイコンにドラッグして削除

8.9 チャンネル設定

8.9.1 チャンネルオプションの変更

8.10 アルファチャンネルの編集例

8.10.1 窓から射し込む月明り

8.10.2 光る玉を浮かべる

8.10.3 シェイプや文字に照明効果をつける

8.11 クイックマスクの使い方

8.11.1 クイックマスクモードを使う

8.11.2 クイックマスクモードの補足

8.11.3 まとめ

8.12 「選択範囲を保存」・「選択範囲を読み込む」オプション

8.12.1 「選択範囲を読み込む」オプション

8.12.2 「選択範囲を保存...」オプション

8.12.3 まとめ

Chapter 9 レイヤー

9.1 レイヤーって何?

9.1.1 レイヤーを重ねる

9.1.2 レイヤーの独立性

9.2 レイヤーを使うと何ができる?

9.2.1 テキストレイヤーを使う

9.2.2 いくつものレイヤーを重ねる

9.2.3 レイヤーに描画

9.3 2枚の写真を合成する

9.3.1 アクティブと非アクティブ

9.3.2 写真合成の開始

9.3.3 解像度の違いによる失敗

9.4 レイヤーを含む画像の作成

9.4.1 ドラッグ&ドロップでレイヤー作成

9.4.2 レイヤーパレットのサムネールから作成

9.4.3 コピー&ペーストで作成

9.5 レイヤーの基本操作

9.5.1 レイヤーを理解する

9.5.2 レイヤー単位での変更

9.5.3 レイヤーメニューの詳細

9.5.4 「不透明度」「描画モード」「透明部分の保護」等

9.6 新規レイヤーの作成

9.6.1 パレットメニューから作成

9.6.4 まとめ

9.6.3 レイヤーメニューから作成

9.6.2 ページアイコンをクリックして作成

9.7 レイヤーの複製

9.7.1 パレットメニューから複製

9.7.2 ページアイコンにドラッグして複製

9.7.4 複製レイヤーの活用

9.7.3 レイヤーメニューから複製

9.8 レイヤーの削除

9.8.1 パレットメニューから削除

9.8.3 メニューから削除

9.8.2 ゴミ箱アイコンへドロップ

9.9 レイヤーの表示と統合

9.9.1 レイヤーの表示と非表示の切り替え

9.9.2 表示レイヤーを結合(レイヤーの統合)

9.9.3 画像を統合(レイヤーの統合)

9.9.4 レイヤーのリンク

9.10 レイヤーの移動

9.10.1 ドラッグ&ドロップで移動

9.11 背景の変換

9.11.1 背景をレイヤーに変換する

9.12 レイヤースタイル

9.12.1 シェイプへのレイヤースタイル適用

9.12.2 サンプル1

9.12.3 サンプル2

9.13 レイヤーマスクとは?

9.13.1 人物像を切り抜く

9.13.2 レイヤーマスクの効果(帯状)

9.13.3 レイヤーマスクの効果(文字・反転)

9.13.4 レイヤーマスクの効果(楕円・ぼかし)

9.13.5 レイヤーマスクの効果(チェック・リング)

9.13.6 レイヤーマスクの効果(エアブラシ)

9.13.7 レイヤーマスクによるマジック的効果

9.13.8 まとめ

9.14 調整レイヤー

9.14.1 調整レイヤーの基本

9.14.2 サンプル

9.15 塗りつぶしレイヤー

9.15.1 べた塗り

9.15.2 グラデーション・パターン

9.16 ベクトルマスク

9.16.1 ベクトルマスクの操作1

9.16.2 ベクトルマスクの操作2

9.17 グループ

9.17.1 グループの作成と格納

9.17.2 グループの名前変更

9.17.3 グループの移動

9.17.4 グループの表示・非表示

9.18 レイヤーの描画モード

9.19 レイヤーの変形、自由変形

9.19.1 レイヤーごとの変形

9.19.3 回転

9.19.2 拡大・縮小

9.19.5 自由な形に

9.19.4 ゆがみ

9.19.7 その他の変形

9.19.6 遠近法

9.20 マッティング

9.20.1 フリンジ削除

9.20.2 黒マット削除

9.21 レイヤーカンプ

9.21.1 レイヤーカンプ

Chapter 10 Web 用データの作成

10.1 Web 用に保存

10.1.1 基本操作

10.1.2 画像フォーマットの変更

10.1.3 JPEG 画像の設定について

10.1.4 GIF 画像の設定について

10.2 ImageReady の基本操作

10.2.1 ImageReadyの起動

10.2.2 ImageReadyの各部解説

10.2.3 ImageReadyの基本操作

10.2.4 ImageReadyによる画像の最適化

10.3 ImageReady によるスライス作成

10.3.1 スライスの作成

10.3.2 スライスの保存と表示

10.4 ImageReady によるロールオーバー

10.4.1 元画像の準備

10.4.2 ImageReady の操作1

10.5 ImageReadyによるアニメーション

10.5.1 元画像の準備

10.5.2 ImageReady の操作

10.6 イメージマップ

10.6.1 イメージマップ領域の作成

10.6.2 イメージマップにリンクを設定する

10.6.3 イメージマップ領域を円形にする

10.6.4 イメージマップ領域の削除

Chapter 11 フィルタ

11.1 ノイズ

11.1.1 ノイズを加える

11.1.2 ダスト&スクラッチ

11.1.3 明るさの中間値・輪郭以外をぼかす

11.2 照明効果

11.2.1 光源範囲の拡大・縮小

11.2.2 ダイアログ内での色選択・ライトの移動

11.2.3 光源タイプの設定

11.2.4 テクスチャチャンネル

11.3 変形

11.3.1 ジグザグ

11.3.2 シアー

11.4 表現手法1

11.4.1 エンボス

11.4.2 風

11.5 表現手法2

11.6 アーティスティック

11.7 シャープ

11.7.1 シャープ・シャープ強・シャープ(輪郭のみ)

11.7.2 アンシャープマスク

11.8 スケッチ

11.9 テクスチャ

11.10 ピクセレート

11.11 ビデオ

11.12 ブラシストローク

11.13 ぼかし

11.14 描画

11.15 変形

11.16 その他

11.17 パターンメーカー

11.17.1 パターンメーカー

11.18 フィルタギャラリー

11.18.1 フィルタギャラリー

Chapter 12 アクションとバッチ処理

12.1 アクション

12.1.1 アクションの実行

12.1.2 アクションの記録

12.1.3 セットの内容

12.2 バッチ処理

12.2.1 バッチ処理とは

12.2.2 バッチのアクションを作成する

12.2.3 バッチを実行する

12.2.4 バッチダイアログ

付 録

Appendix 1 ショートカットキー一覧

Appendix 2 環境設定ダイアログ

PR

秀和システム