司法書士になる!?

概 要

司法書士は日常生活に関わる法律事務専門家です。依頼人から仕事を請け負い、会社の設立や土地の購入などに必要な登記手続きや、裁判所や法務局に提出する書類などを作成したり、簡易裁判者訴訟の代理を行う職業です。本書は合格率2%台という難関試験に合格する方法から、受験対策、予備校選び、独学での勉強法、さらに資格試験取得後のノウハウ、先輩からのアドバイスなども交え、就職・転職にも役立つ試験対策つきガイドブックです。

著者 鈴木健彦、岩上義信(監修)
価格 本体1000円(税別)
ISBN 4-7980-1153-3
発売日 2005/09/29
判型 B6
色数 1色
ページ数 208
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 仕事がわかる(なる)
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

はじめに

司法書士の進路

第1章 これが司法書士試験の全貌だ!

1 これが試験の概要だ!

2 合否はどうやって決めるの?

3 合格率はどれくらい?

4 受験年数はどれくらい必要?

5 合格者の年代や性別は?

6 合格者の学歴は?

7 実務に近い司法書士試験

8 受験手続きはどうするの?

コラム 司法書士を国家資格ならしめた昭和五三年改正

第2章 司法書士ってどんな仕事?

9 司法書士の主な仕事は何?

10 不動産登記の花形、立会い

11 登記のもう一つの柱、商業登記

12 訴訟代理権獲得でますます人気資格に!

13 本人訴訟の事例

14 簡裁代理訴訟の事例

15 多重債務の相談事例

16 成年後見制度に大活躍

17 中小企業支援の事例(経営承継)

18 司法書士に向いている人

19 報酬はどれくらい?

コラム ある司法書士A事務所の一日

第3章 合格者になる方法は、これ!

20 合格の基本三要素

21 モチベーションの高め方

22 どんな教材を使うの?

23 インプットとアウトプット

24 基本書は司法書士用を!

25 択一対策は過去問至上主義で!

26 これが過去問を使った具体的学習法だ!

27 書式対策は問題集を中心に!

28 六法の使い道と選び方

29 受験予備校のカリキュラム

30 予備校を利用すべきか?

31 独学は不利か?

32 答練、模試の利用法

33 受験雑誌の活かし方

34 事務所勤務すべきか?

コラム 司法書士と行政書士ってどう違うの?

第4章 計画が大切だ

35 筆者の合格までのスケジュール

36 合格までのスケジュールの組み方

37 一年目の学習法

38 時間管理は正味学習時間の把握から

39 本試験三ヶ月前の過ごし方

40 本試験会場の下見をしよう

41 本試験前日の過ごし方

42 いよいよ本試験当日だ!

43 本試験、時間が余ったときの見直し法

44 本試験が終わったら…

45 二年目の学習法

コラム 受験にかかる費用はどれくらい?

第5章 科目別の攻略法

46 択一問題対策

47 推論問題対策

48 主要科目とマイナー科目

49 実体法と手続法

50 書式問題対策

51 最重要科目、民法

52 不動産登記法

53 商法と商業登記法

54 民事訴訟法

55 民事執行法

56 民事保全法対策と民訴等三科目の重要性

57 供託法と司法書士法

58 刑法

59 憲法

60 口述試験対策

コラム 主役はあなた(合格祝賀会)

第6章 先輩に学ぶ合格の秘訣

61 仕事との両立で勝ち取った合格!

62 一五ヶ月で見事短期合格!

63 苦学七年の末に手にした栄冠

64 理系出身者の挑戦

65 マイペースな独学

コラム この相談者には振り回されましたが…

第7章 合格後のビジョンを持とう

66 大型事務所の出現

67 小規模事務所の良さ

68 ビジョン(開業の準備①)

69 資金計画(開業の準備②)

70 仕事の増やし方(開業の準備③)

71 共同事務所や他士業連携

72 情報ビジネス(資格の活かし方)

コラム 職域争いの中で(利用者の視点を大切に)

第8章 独立開業のためのマメ知識

73 開業関連書籍の紹介

74 宣伝、営業方法と依頼ルート

75 人脈作り

コラム 司法書士はミニ弁護士になるか? 公証人になるか?

第9章 お役立ちリンク集

76 受験機関の案内

付録

1 不動産登記記述式問題を見てみよう

2 商業登記記述式問題を見てみよう

PR

秀和システム