図解入門 よくわかる最新DVD技術の基本と仕組み

概 要

本書は、理系の学生や初級のエンジニアを対象に、“光速”で進化するDVDと光メリ技術の過去・現在・未来を通覧するDVD技術の入門書です。DVDを実現しているさまざまな技術を基礎から分かりやすくイラストを豊富に使って図解しており、特にHD DVDやBlu-ray Discといった次世代規格のほか、ホログラムなどの未来技術にも紙を割いて解説しています。この1冊でDVD技術の基礎から次世代技術、関連技術の動向まで手軽に理解できます。

著者 勝浦寛治(監修)
価格 本体1600円(税別)
ISBN 4-7980-1171-1
発売日 2005/10/27
判型 A5
色数 2色
ページ数 192
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 光ディスクの基礎技術

1-1 メモリの役割

1-2 光メモリとは何か?

1-3 光メモリの開発の歴史

1-4 光ディスクにはどのようなものがあるのか?

1-5 光ピックアップヘッドの基本

1-6 フォーカス誤差信号─光ピックアップヘッドの仕組み(1)

1-7 トラッキング─光ピックアップヘッドの仕組み(2)

第2章 DVDディスクの仕組みと製法

2-1 DVDの種類

2-2 DVDの製造方法

2-3 原盤製造工程

2-4 複製工程

2-5 光ディスクの検査

2-6 光ディスクの信頼性

第3章 DVDドライブの仕組みと信号仕様

3-1 DVDドライブ・レコーダの構造

3-2 DVDのデジタル信号処理技術─信号の変調・復調

3-3 デジタル信号のエラー修復技術─誤り訂正

3-4 デジタル動画像の圧縮技術

3-5 デジタル動画像のビデオ記録

3-6 不正コピーを防ぐ技術─暗号化 100

第4章 DVDを活用する

4-1 データのストレージ

4-2 データの保存

4-3 DVDを用いたデータファイル装置

4-4 AV用途DVDプレーヤ/レコーダ─AV用途のDVD商品(1)

4-5 DVDカムコーダ─AV用途のDVD商品(2)

第5章 次世代DVDはどうなるか?

5-1 必要とされる次世代DVDとは?

5-2 HD時代に向けた2つの大容量光ディスク規格

5-3 最優先課題は大容量化─Blu-ray Disc(1)

5-4 ディスク製造方法にも工夫あり─Blu-ray Disc(2)

5-5 記録再生フローから技術内容を探る─Blu-ray Disc(3)

5-6 HD画像を意識した論理フォーマット─Blu-ray Disc(4)

5-7 現行DVD技術の継承を重視─HD DVD(1)

5-8 大容量化には信号処理技術が大活躍─HD DVD(2)

5-9 光学技術のメインテーマは互換性─HD DVD(3)

第6章 未来の光メモリはどうなるか?

6-1 近接場光学を利用する

6-2 超解像とは

6-3 多層構造を利用する

6-4 2光子吸収材料を利用する

6-5 ホログラムメモリ

6-6 未来に期待される光メモリ

PR

秀和システム