仕事でイライラしない「こころ」の技術 ~"仕事うつ"にならないために~

概 要

「仕事がうまくいかない」「些細なミスがいつまでも気になる」「人間関係で傷ついている」そんな悩みを抱えこんで落ち込んでいる人が増えています。いつまでも暗い気持ちを引きずってしまう自分とおさらばしたいと思いませんか? 本書はそんなあなたの希望をかなえます! メンタルカウンセリング指導の第一人者である著者が、誰にでもすぐにできるセルフ・コントロール法を分かりやすく伝授。本書で「こころのウサ」の晴らし方をマスターすれば、ストレスが逆に成功パワーに変わります!

著者 小池能里子
価格 本体1200円(税別)
ISBN 4-7980-1174-6
発売日 2005/11/08
判型 四六
色数 1色
ページ数 198
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第一章 「いい言葉」はいい人間関係をつくる

いい言葉は必ず人を動かす

人間関係を大事にする人の話し方

「自分はいつも正しい」と言い張る人の盲点

「いい人」をやめるとこころが軽くなる

適度な甘えは人間関係をスムーズにする

頭のいい人・悪い人の断りかた

第二章 「対話力」が人間的魅力を育てる

家族の対話からいい人間関係はスタートする

でも、家族だからこそ言葉は選んでほしいもの

「ネアカ」な人の周りにはいつも人が集まってくる

たまには肩書きや世間体を忘れてみる

相手に負担をかける人の共通項とは?

話が一方通行になってまったくかみ合わない

相手の立場に立って話をする「対話力」を身に付ける

第三章 「職場力」を高めるこころの技術

「仕事ができる人」になる二つの基本

ビジネスとプライベートでは「時間の概念」が違う

一人で無理をするよりも素直に第三者の力を借りる

責任感の強さからくるストレス

自分のタイプを知り優先順位を考える

日常的にどれだけ情報を集めておけるかが決め手

女性の力をうまく引き出せるかどうかが勝負の別れ目

女性は自分の感情を大切にする

女性だから…とは考えない

日常のこまやかな気配り=甘やかすということではない

言えば得する「一言効果」

第四章 「仕事が気持ちよくできる人」になるこころの改造法

性格は何歳になっても必ず変えられる

性格面だけでなく見た目や態度も改造する

「素直」と「迎合」はまったく違うもの

「完璧主義」は心身に必要以上の負担をかける

「正しいことだけがベスト」だと勘違いしてはいけない

第五章 「自分では気づかないこころの中」がわかる三つの心理テスト

「自分では気づかないこころの中」とは?

その1 気質(性格タイプ、傾向)を知る心理テスト

それぞれの気質はどんな行動を示すのか

その2 自分は外向型タイプか、内向型タイプなのかを知る心理テスト

その3 自分はプラス思考タイプか、マイナス思考タイプなのかを知る心理テスト

人馬一体となるための「こころ」の使い方

第六章 「もう一人の自分」に気づくこころのコントロール法

意識と無意識のココロジー

無意識とは「もう一人の優れた自分」である

「無意識」を敵にしていませんか?

無意識を見方につける「自己暗示」

プラス思考を定着させる「こころのクセ」

第七章 「こころのウサ」を晴らし能力を高めるトレーニング

その1 イメージ・トレーニング

イメージの実験

イメージトレーニングのやり方

イメージトレーニングで成功した実例

インナー・イメージトレーニング

その2 自律訓練法

自律訓練法がもたらす効果

自律訓練法の公式

自律訓練法のやり方

カラーイメージ呼吸法

行う際の注意

訓練時に現れる具体的な状態

受動的な注意の集中(パッシーブ・コンセントレーション)

意志訓練公式と特定器官公式

自律性解放症状とは

自律訓練法で自意識過剰から解放された実例

その3 オーリングテスト

エネルギーの回転方向について

その4 セルフ・ヒーリング法

セルフヒーリングのやり方

PR

秀和システム