図解入門 よくわかる生理学の基本としくみ――メディカルサイエンスシリーズ

概 要

「どうしてお腹は減るのかな?」「なぜ眠らないといけないの?」「なぜ汗をかくの?」こうした体の仕組みの疑問に答えるのが生理学です。本書は専門の学生だけでなく、一般の方々をも対象に、生理学に興味を持ってもらうために、その考え方やメカニズムをわかりやすく解説しました。本書を読んで、あらためて「自分のからだ」の不思議さに感動してください。

著者 當瀬規嗣
価格 本体1800円(税別)
ISBN 4-7980-1222-X
発売日 2006/01/18
判型 A5
色数 2色
ページ数 276
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門メディカルサイエンス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 自分のからだに感動しよう!

第2章 食べること(消化器系)

2-1 ヒトはなぜ食べなければならないのか

2-2 栄養素とはそもそもどういうものか

2-3 消化は体の“外”で! 吸収で体に入る!

2-4 食べる! 口の役わり

2-5 胃が必要な本当の理由

2-6 かけがえのない十二指腸

2-7 吸収したあとは?

第3章 息をすること(呼吸器系)

3-1 呼吸するわけ -吸うだけが能じゃない-

3-2 気体を液体に溶かす方法

3-3 肺は風船である!?

3-4 血液が酸素を運ぶ方法

第4章 体を動かす(筋肉、運動系)

4-1 ごはんを食べて力を出す!

4-2 筋肉の構造が力の源

4-3 思い通りに筋肉を動かすには

4-4 上手に運動しましょう!

4-5 縁の下の力持ち平滑筋

第5章 ちょっとおトイレに(腎泌尿器系・排便機構)

5-1 おしっこ出ないと死んでしまう!

5-2 血液から“ゴミ”を除去する方法

5-3 いったん出してから回収!

5-4 膀胱はおしっこを作る場所ではありません

5-5 うんちの正体

5-6 うんちの正しい出し方

第6章 ぐっすりとおやすみ(生体リズム、睡眠機構)

6-1 ヒトはなぜ眠らなければならないの?

6-2 脳の基本は睡眠状態

6-3 睡眠はヒトのリズムの基本

第7章 ここで細胞について考えてみる(細胞生理学)

7-1 細胞は生物の基本

7-2 そもそも細胞って何?

7-3 細胞膜の重要な働き

7-4 細胞どうしの連絡が生理学!

第8章 熱き血潮の役わり(血液・循環器系)

8-1 血液は流れてこそ!

8-2 心臓:疲れを知らないポンプ

8-3 心臓は自分で動く

8-4 心臓のリズムの正体と心電図

8-4 心筋は骨格筋とちょっと違う

8-5 血管:しなやかなホース

8-6 血圧とはどういうもの?

第9章 太る? やせる?(中間代謝、エネルギー代謝)

9-1 なぜたべると脂身になる?

9-2 砂糖は脳の栄養ってどういうこと?

9-4 インスリンの役わりは血糖を下げることではない

9-5 エネルギー代謝と“ダイエット”

9-6 エネルギーと体温の関係

第10章 体調を整える(内分泌系)

10-1 ホルモンって何だろう

10-2 細胞の化学反応を調節するしくみ

10-3 体を元気にするホルモン(甲状腺ホルモン)

10-4 生きることの基本を作るホルモン(副腎皮質ホルモン)

10-5 “いざ”という時のホルモン(アドレナリン)

10-6 人生のシナリオをつくる(成長ホルモン、性ホルモン)

10-7 事態即応! (自律神経)

第11章 痛い!冷たい!見えた!聞こえた!(感覚系)

11-1 五感:“第六感”じゃない本当の感覚

11-2 危険信号としての痛覚

11-3 痛みにはいろいろある

11-4 皮膚は偉大なセンサー

11-5 目の二つの役わり

11-6 においと味の微妙な関係

11-7 聴覚と平衡覚は同じしくみ

11-8 “からだ”を感じること

第12章 脳を使って脳を考える(脳機能)

12-1 コンピュータと脳

12-2 脳の素子:神経細胞とネットワーク

12-3 神経情報の正体:活動電位

12-4 感じるのは脳である:認知

12-5 我々は言葉で考える:言語機能

12-6 感情の基本構造:大脳辺縁系

12-7 忘れる記憶、忘れない記憶

12-7 人間は人間らしく:前頭連合野

PR

秀和システム