NY流 魅せる「外見」のルール

概 要

できる男は「見た目」も違う! 服や小物を工夫するだけで、第一印象は大きく変わります。イメージ・コンサルティングの本場・ニューヨークで活躍する著者が、世界に通用し、誰でもすぐに使える自己演出ノウハウを大公開。これであなたも明日から「出会いの3秒で人を惹きつける」トップ・ビジネスパーソンに変身できます!

著者 日野江都子
価格 本体1600円(税別)
ISBN 4-7980-1233-5
発売日 2006/02/03
判型 B6
色数 1色
ページ数 276
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Prologue イメージ・コンサルティング――なぜビジネスパーソンに「自己演出」が必要なのか?

1 第一印象の影響力――「出会いの三秒」がビジネスの成否を決める!

2 イメージ・コンサルティングの威力――自己演出力はキャリアアップの必須スキル

3 自己演出の手順――効率的で効果的なプロのやり方を真似る

Chapter1 イメージ分析――装いのベースとなる「個性」の分析方法

1 イメージ・アナライズ――すべては「自分を知ること」から始まる

2 パーソナル・カラー――自分の肌の色の傾向を知る

3 パーソナル・フィギュア――自分の顔型と体型のパターンを知る

4 職業イメージ――四つのスタイルでイメージを使い分ける

Chapter2 ビジネスドレス――仕事力をアップする装いのルール

1 ビジネスドレス――「ビジネスパーソンらしい服装」を形作る四アイテム

2 スーツ(色)――ビジネスに必須の知性と信頼を示す色使い

3 スーツ(ジャケット①)――デザインは体型と個性に合わせる

4 スーツ(ジャケット②)――できる男は自分のサイズを知っている

5 スーツ(ズボン)――スマートで脚長に見せるズボン選び

6 ワイシャツ①――意外と知らない色と素材の選び方

7 ワイシャツ②――襟と袖がデザイン・サイズ・手入れのポイント

8 ネクタイ――男を上げる色・柄・結び方のセオリー

9 ホーズ(靴下)――ズボンと靴の隙間を自然に埋める「つなぎ役」

Chapter3 ビジネスカジュアル――親しみやすさと信頼感のバランスを取るテクニック

1 ビジネスカジュアル(BC)――休日カジュアルとは違うビジネス向けのカジュアル

2 ジャケット――BCを「ビジネス」たらしめる重要アイテム

3 ズボン――リラックスできるズボンで仕事の効率も上がる!

4 シャツ――襟・色・柄・素材・サイズすべてが問われる難アイテム

5 セーター――寒い季節には「暖かさ」の演出を

Chapter4 小物&アクセサリー――地位と知性をスマートに演出する小道具の選び方

1 ビジネスシーンのアクセサリー――個性を表現できるアイテム達

2 靴――ステータスを証明する一生ものを履きこなす

3 ベルト――スーツ姿を引き締める「締めの一品」

4 鞄(ビジネスバッグ)――シンプルで上質な革鞄を使い込め

5 時計――手元の印象を決める男の貴金属

6 カフリンクス――華やかなイメージを演出する上級アイテム

7 ステイショナリー――見落としがちな細部こそセンスが現れる

Chapter5 グルーミング――清潔感と生命力をアピールするためのボディーケア

1 グルーミング――万人に好かれるサクセス・ボディーを手に入れる

2 スキンケア――清潔感とパワーを感じさせる顔を作る方法

3 ヘアケア&スタイリング――ビジネスパーソンの髪はスタイルよりも清潔感

4 シェービング――大人の男なら知っておきたい髭の手入れ法

5 デオドラント――自分では気付きにくい「ニオイ」で損をしないために

6 香水――かすかな香りが与える大きな印象

Chapter6 ポスチャー――自信に満ちあふれた表情と姿勢の作り方

1 表情・姿勢・ジェスチャー――装いと同じくらい重要な「伝える動作」の三点セット

2 目――できる男は目で語る

3 口――ポジティブ志向を生む口角上げテクニック

4 表情筋――魅力ある表情を作り出すためのストレッチ法

5 立ち方――スーツが映え、颯爽と歩ける理想の姿勢

6 座り方――正しい姿勢が表現力を強化する

7 ポージング――ネガティブな印象を与える仕草に注意する

8 ポートレート――写真写りを良くするちょっとしたテクニック

PR

秀和システム