ポケット図解 教科書とはひと味違う 世界史のだいごみ

概 要

年号を覚えるだけの授業はつまらない! 歴史って本当はこんなに面白いって知ってますか? 「ピラミッドは王の墓ではない?」「三国志の人気者、劉備は実は卑怯者?」「ヒゲ禁止令が勝利をもたらす」「ナポレオンの愛読書は孫子だった」などなど、歴史にまつわる「へぇ」を本いっぱいに詰め込みました。イラスト・図版も豊富で、時代の流れをビジュアルにつかめます。

著者 越野明
価格 本体1400円(税別)
ISBN 4-7980-1244-0
発売日 2006/02/18
判型 四六
色数 1色
ページ数 356
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ポケット図解
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

序章 歴史との付き合い方

付き合い方その1 「なぜ?」を大切に

付き合い方その2 失敗から学ぼう

付き合い方その3 世界は1つ

付き合い方その4 常識を疑ってみよう

付き合い方その5 「今」を作ったのは、昔の歴史

付き合い方その6 心に刻み込もう

第1章 世界の中心だった中華帝国

1-1 乱世こそ、実力発揮のチャンス

1-2 不老長生を求めて神仙の地・日本へ?

1-3 史上最高の歴史小説、『史記』

1-4 ホントは劉備玄徳って、卑怯者?

1-5 唐を滅ぼす悲劇のロマンス

1-6 入試地獄の始まり、科挙

1-7 世界征服を、本当にやっちゃった民族

1-8 西欧より、一足お先の大航海時代

1-9 辮髪は、ちょんまげの親戚

第2章 東と西をつなぐ、シルクロードと海の道

2-1 インドから仏教が消えたわけ

2-2 仏像の起源はギリシア?

2-3 東は東、西は西、それでも結ばれている

2-4 大帝国は遊牧民が建てる

2-5 インドの分裂は宗教だけの問題か

第3章 交流、闘争と融合の西アジア

3-1 目には目を、歯には歯を。でも、解決は銀で

3-2 ピラミッドは謎だらけ

3-3 オリエントを統一した「諸王の王」

3-4 宗教的寛容がジハード成功の理由

3-5 西欧が野蛮だったころ、中東は先進文明圏だった

3-6 宗教対立を生み出したのは誰か

3-7 差別や対立ではなく、融和が繁栄のカギ

3-8 世界で戦うビジネスマン

第4章 ギリシア・ローマの栄光

4-1 「ヒゲ禁止令」が勝利をもたらす?

4-2 ローマは1日にして成らず

4-3 月桂冠はカツラの代わり

4-4 イエスの肌は黒かった?

4-5 ローマ帝国の衰亡と生き残り

4-6 ワインと暦のおかげで、西欧を支配

4-7 ロシア語の文字は、覚え間違い?

第5章 中世は暗黒時代ではなかった

5-1 西暦九九九年、人類は滅亡する?

5-2 いくさは娯楽か商売か

5-3 神に祝福された強盗集団

5-4 結婚で世界を支配しよう

5-5 いつから王様が、一番エライ?

5-6 縛るな! 私は自由な人間だ!

5-7 コロンブスはアメリカ大陸を発見していない

5-8 ガリレオ裁判は、政争だった

5-9 それは石頭の神学教授から始まった

5-10 天に栄光、地に悲惨

第6章 産業革命が世界を変えた

6-1 封建制から中央集権へ

6-2 業務内容は、貿易、統治、そして侵略

6-3 皇帝陛下は船大工

6-4 合理主義と科学が世の中を変えていく

6-5 蒸気機関車の発明者はスチーブンソンではない

6-6 時計どおりに働く人間を造り出せ

6-7 奇蹟の大逆転、七年戦争

6-8 イギリスに勝ったのは、フランス軍?

第7章 国民国家の時代へ

7-1 戦争→増税→革命という一本道

7-2 ナポレオンの愛読書は「孫子」だった?

7-3 お茶を買う金欲しさの、アヘン輸出

7-4 自由や独立、統一を求める戦い

7-5 手回し機関銃や手動潜水艦も登場した南北戦争

7-6 悲願の統一へ、干渉する外国を破れ

7-7 植民地を増やせば、国は安泰?

7-8 眠れる獅子から病める豚へ

第8章 この先に待つものは

8-1 ドイツ対イギリス、世界戦争への最も危険なゲーム

8-2 火薬庫の上の危うい均衡

8-3 エゴが勝つか、理性が勝つか

8-4 バブル崩壊、各国はどう動いたか

8-5 ヒトラーとは何か

8-6 世界大戦への呼び水

8-7 米ソによる世界支配へ

8-8 植民地支配の時代が、ようやく終わる

8-9 核戦争を回避せよ

8-10 雪融けを待ちながら

8-11 合言葉は「連帯」

8-12 石油が全てを狂わせた?

8-13 模索の二一世紀

PR

秀和システム