Windows Server 2003 ネットワーク構築ガイド R2対応

概 要

本書はWindows Server 2003(SP1/R2)で、ネットワークサーバを構築・運用するための解説書です。基本操作の解説から、R2ではじめて加わった新機能、セキュリティ、システム管理者の心得など、システム管理者に必要なノウハウのすべてを満載しました。ちょっとパソコンが使えるというだけで管理者にされてしまった――そんなシステム管理の初心者でも、この一冊でWindows Server 2003のサーバを構築・運用できます。

著者 井上孝司
価格 本体3800円(税別)
ISBN 4-7980-1251-3
発売日 2006/02/22
判型 B5変
色数 1色
ページ数 672
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ サーバ構築ガイド
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 Windows Server 2003導入前の準備

1.1 Windows Server 2003の改良点

1.2 Windows Server 2003 SP1/R2での改良点

1.3 製品ごとの仕様の違い

1.4 必要なハードウェアのスペック

1.5 ネットワーク機器の選び方

1.6 Windows Server 2003のライセンス

第2章 サーバとネットワークの環境を検討する

2.1 サーバの用途と台数を検討する

2.2 サーバのディスク構成を検討する

2.3 ネットワークの配線と構成を検討する

2.4 IPアドレスの割り当てを検討する

2.5 名前解決の手段を検討する

2.6 インターネット接続環境を考える

第3章 Active Directoryドメインを設計する

3.1 Active DirectoryとNTドメインの比較

3.2 コンピュータ名とドメイン名のルールを決定する

第4章Windows Server 2003をセットアップする

4.1 「設計図」作成のすすめ

4.2 基本的なセットアップの手順

4.3 セットアップ時の注意点

4.4 Windows Server 2003の起動後に行う作業

4.5 Windows Server 2003 R2のセットアップ

4.6 セットアップ直後の更新実行など

4.7 Windows NT/2000からのアップグレード

4.7.1 Windows NT Server 4.0からのアップグレード

4.7.2 Windows 2000 Serverからのアップグレード

4.8 Windows NTドメインからの移行に関する留意点

4.8.1 Windows NTドメインの構成パターン

4.8.2 ドメイン構成別の移行方法

第5章Active Directoryドメインの構築と、必要な機能の追加

5.1 ドメイン構築作業を開始する前の注意点

5.2 [サーバーの役割管理]ツールの概要

5.3 ウィザードでActive Directoryを構成する

5.4 DNSサーバを導入・設定する

5.5 WINSサーバを導入・設定する

5.6 DHCPサーバを設定する

第6章基本的なドメインの管理業務

6.1 Active Directoryドメインに作成できるオブジェクト

6.2 ユーザー アカウントの作成と設定変更

6.3 ユーザー アカウントのパスワード管理

6.4 ユーザーをグループ分けする

6.5 ユーザー検索画面の使い方

6.6 OUを追加して、オブジェクトを分類する

6.7 ドメイン内でオブジェクトを移動する

6.8 ドメイン上のオブジェクトを削除する

6.9 Active Directoryとフォレストの機能レベルを上げる

6.10 既存のドメインにドメイン コントローラを追加する

6.11 既存のドメインにサブドメインを追加する

6.12 フォレストに別のドメイン ツリーを追加する

6.13 ドメイン コントローラの降格とドメインの削除

6.14 Active Directoryのドメイン名を変更する

第7章クライアントPCを設定する

7.1 ドメインのクライアントで何ができるか

7.2 ドメインのクライアントに必要なネットワーク設定

7.3 Windows 95/NT、MS-DOSにおける注意点

7.4 コンピュータ アカウントの作成と管理

7.5 Windows NT系OSでドメインに参加する

7.6 Windows 9x/Meでドメインに参加する

7.7 Active Directoryに登録された情報を検索する

7.8 コンピュータ名の重複を防止する

第8章フォルダ/プリンタの共有とWebサーバの設置

8.1 共有フォルダを作成する

8.2 共有プリンタを作成する

8.3 共有フォルダを利用する

8.4 別のユーザーの資格情報で共有フォルダに接続する

8.5 共有プリンタを利用する

8.6 スプール ディレクトリの空き容量に注意

8.7 共有資源の利用状況を調べる

8.8 クォータでファイル サーバの独占利用を防ぐ

8.9 分散ファイル システム(DFS)を利用する

8.10 Webサーバを運用する

8.11 オフライン フォルダを利用する

8.12 R2におけるファイル サーバの管理方法

8.13 フォルダにクォータを設定する

8.14 ファイル スクリーンを設定する

8.15 クォータとスクリーンの警告方法について

第9章その他のサーバ機能を提供する

9.1 Macintosh向けにフォルダとプリンタを共有する

9.2 メール サーバを運用する

9.3 Webサーバ以外のIIS利用法(FTPとWebDAV)

9.4 ターミナル サービスを利用する

9.5 Windows Server 2003をルータとして使う

第10章グループ ポリシーを理解する

10.1 グループ ポリシーとは

10.2 ポリシーの継承と設定の上書き

10.3 グループ ポリシーの設定方法

10.4 ポリシー適用のタイミング

10.5 グループ ポリシーの利用例

10.6 グループ ポリシーの適用結果をシミュレートする

第11章Windows Server 2003のセキュリティ対策

11.1 ファイル/フォルダにアクセス権を設定する

11.2 共有資源のアクセス権とファイル/フォルダのアクセス権の関係

11.3 Active Directory自体にアクセス権を設定する

11.4 Active Directoryのアクセス権と共有資源のアクセス権の関係

11.5 グループ ポリシーを活用したセキュリティ対策

11.6 IPsecを設定する

11.7 Windowsファイアウォールを利用する

11.8 セキュリティの構成ウィザード(SCW)とは

第12章一歩進んだActive Directoryの管理・運用術

12.1 MMC管理コンソールのリモート管理機能を活用する

12.2 ユーザー アカウントにホーム ディレクトリを指定する

12.3 移動ユーザー プロファイルを設定する

12.4 OUの制御を他のユーザーに委任する

12.5 ひとつのドメインに複数のサイトを構築する

12.6 ドメイン間で信頼関係を設定する

12.7 操作マスタを移動する

12.8 ワークグループ ネットワークと共存させる

第13章サーバの管理ノウハウいろいろ

13.1 リモート デスクトップで遠隔管理

13.2 イベント ログと、シャットダウン イベントの記録機能

13.3 実行中のサービスを管理する

13.4 オリジナルのMMCコンソールを作成する

13.5 一時的に管理者権限で作業する

13.6 ネットワークを流れる生のデータを調べる

13.7 サーバのボトルネックを調査する

13.8 データなどのバックアップを考える

13.9 サーバの管理運営に役立つ機器いろいろ

13.10 DEPの設定を確認/変更する

第14章リファレンス

14.1 TCP/IPネットワークの基本

14.2 NETコマンドのリファレンス

PR

秀和システム