ポケット図解 ドイツ連邦がよ~くわかる本

概 要

ドイツ年、サッカーワールドカップなど、ドイツへの注目は以前にもまして高まっています。本書はゲーテ、マルクス、ニーチェ、バッハ、ベートベン、ワーグナー、ヒトラーなど、思想、芸術、文化、歴史など、多方面で日本に影響を及ぼしてきた遠くて近い国、ドイツを知るために、歴史、民族、文化、社会など、様々な角度から焦点をあて、ドイツの魅力を余すことなく紹介します。旅行、留学、海外赴任などで、ドイツに関する予備知識を必要とする人にもおすすめです。

著者 大野昰
価格 本体1300円(税別)
ISBN 4-7980-1267-X
発売日 2006/03/03
判型 四六
色数 2色
ページ数 272
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ポケット図解
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 ドイツの地理と観光

1-1 領土問題に悩まされてきたドイツの悲劇

1-2 ドイツの気候と風土

1-3 連邦国家ドイツ

1-4 ドイツ再統一のために払った犠牲

1-5 ドイツ一六州の簡単な展望

1-6 ドイツの各都市を結ぶ交通手段

1-7 ロマンティック街道

1-8 メルヘン街道

1-9 ゲーテ街道

1-10 ファンタスティック街道

1-11 エリカ街道

1-12 ドイツ・アルペン街道

1-13 古城街道

1-14 ドイツ・ワイン街道

1-15 ライン河の旅

1-16 ミュンヘンのオクトーバー・フェスト

第2章 ドイツの経済

2-1 戦後ドイツ経済の奇跡の復興

2-2 「社会的市場経済」の導入

2-3 欧州経済共同体(EEC)への道

2-4 外国人労働者の問題

2-5 ドイツ経済はいまや南高北低

2-6 ドイツの労使協調路線

2-7 コメコンの一員として

2-8 統一後の東ドイツ経済の歩み

2-9 再統一後、一五年のドイツは

2-10 EUの拡大とユーロの導入

2-11 ドイツの通信事情

第3章 ドイツの政治

3-1 ドイツの敗戦と東西ドイツの分断

3-2 ドイツ再統一とEUの発足

3-3 再統一を支えた基本法第二三条

3-4 ドイツの政党政治と地方自治の仕組み

3-5 連邦制が支えるドイツの民主主義

3-6 ドイツの政党と連立内閣の歴史

3-7 ドイツ史上初の女性首相誕生

3-8 コンラッド・アデナウアー

3-9 ドイツ社会民主党(SPD)

3-10 アンゲラ・メルケル新首相の誕生

第4章 ドイツの社会と生活

4-1 ドイツの教育制度

4-2 ドイツの徒弟制度

4-3 子供は社会の共有物

4-4 ドイツ料理は本当にまずいのか

4-5 ドイツへ行ったらこれだけは食べよう

4-6 ビール王国ドイツ

4-7 ドイツワインも捨て難い

4-8 ビールとワインの評判

4-9 外食なら中華とイタリア料理

4-10 ドイツのスポーツ

4-11 ドイツ人と日本人の違い

4-12 ドイツと日本、マナーの違い

第5章 ドイツの歴史

5-1 最初のゲルマン国家の成立

5-2 カール大帝の戴冠

5-3 神聖ローマ帝国の成立

5-4 カール四世と金印勅書

5-5 宗教改革と三十年戦争

5-6 ドイツ語はどのようにして生まれたか

5-7 ドイツ人の宗教

5-8 マルティン・ルターと宗教改革

5-9 フランス革命とナポレオンの影響

5-10 ビスマルクのドイツ帝国

5-11 第二帝国からワイマール共和国への道

5-12 ヒトラーの時代

第6章 ドイツの文学と思想

6-1 ゲーテの時代

6-2 ドイツ人にとってハイネとは

6-3 一九世紀末のウイーン

6-4 ユーゲント・シュティルの誕生

6-5 二つの大戦を生きた世代

6-6 ドイツ現代文学

6-7 ドイツの現代演劇

6-8 ドイツ映画の今昔

6-9 ドイツ観念論

6-10 マルキシズム

6-11 ニーチェ

6-12 フッサールからハイデガーへ

6-13 ドイツの現代思想

第7章 ドイツの音楽

7-1 ドイツ音楽を代表する3B

7-2 いまなお最も愛されるモーツァルト

7-3 メンデルスゾーンとシューマン

7-4 ワグナーとバイロイト音楽祭

7-5 ワグナーとルードヴィッヒ二世

7-6 名指揮者たち

7-7 名演奏家たち

7-8 いまも人気を集めるオペレッタ

7-9 いまも大衆に愛され続けるワルツ

7-10 ドイツにも流行歌があります

第8章 ドイツの絵画と彫刻

8-1 リーメンシュナイダーの世界

8-2 アルブレヒト・デューラー

8-3 後期ルネサンスのドイツの画家たち

8-4 ピーター・ブリューゲル

8-5 「青騎手」展までの空白

8-6 オーストリアの一九世紀末絵画

8-7 ミュンヘンの美術館、博物館

8-8 ベルリン博物館島と絵画館

8-9 ウイーンの博物館、美術館

8-10 ドイツの現代絵画

第9章 ドイツの建築

9-1 ケルン大聖堂

9-2 アーヘンの宮廷礼拝堂

9-3 ヴュルツブルクのレジデンツ

9-4 ヴィースの巡礼教会

9-5 ヴァルトブルク城

9-6 バウハウスとワルター・グロピウス

9-7 リューベックのホルステン門

9-8 ルードヴィッヒ二世が建てた三つの城

9-9 ハイデルベルク城

9-10 ドイツを知るための貴重な遺産

9-11 ドイツの現代建築

第10章 環境大国ドイツ

10-1 「環境大国」への道のり

10-2 「緑の党」と原発の廃止

10-3 ドイツの風力発電

10-4 環境先進都市フライブルク

10-5 牛肉は安全なのか

10-6 「黒い森」に酸性雨が

10-7 ドイツ政府の環境への対応

PR

秀和システム