オープンソース徹底活用 Ploneによる簡単Webコンテンツ管理

概 要

PloneはオープンソースのWebCMS(ウェブ・コンテンツ・マネージメント・システム)で、「Web2.0的なサービスを構築したい!」「ブログを利用しているがセキュリティが心配!」「企業サイトを効率的に更新したい!」などの様々なサイト構築・運用の悩みを解決します。本書はPloneのインストールから各種設定といった導入方法をやさしく解説するとともに、デザインのカスタマイズや組織内での運用を見据えたWebワークフローも取り上げました。 Webサイト管理者必見のオープンソースツールです。

著者 寺田学、永井孝、伏見潤、株式会社CMSコミュニケーションズ(監)
価格 本体2000円(税別)
ISBN 4-7980-1269-6
発売日 2006/03/04
判型 B5変
色数 2色
ページ数 220
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ オープンソース徹底活用
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

chapter1 Ploneとは

1-1 CMSとは

1-2 Ploneとは

1-3 Ploneの特徴的な機能

chapter2 インストール

2-1 準備

2-2 Windowsへのインストール

2-3 Mac OS Xへのインストール

2-4 Linuxへのインストール

2-5 Ploneの起動設定

2-6 起動と終了方法

chapter3 基本的な使い方

3-1 画面構成の説明

3-2 新規アイテムの追加方法

3-3 機能の説明

3-4 ユーザとグループの追加

3-5 ZMIの使い方

chapter4 デザインカスタマイズ

4-1 デザインカスタマイズの方法

4-2 Ploneの簡単デザインカスタマイズ

4-3 デザインカスタマイズの手順

4-4 バナー画像の挿入

4-5 パーソナルバーの消去

4-6 コンテンツの入力

chapter5 Webワークフロー

5-1 Webワークフローの概要

5-2 Webワークフローの流れ

5-3 ワークフローカスタマイズ

chapter6 Ploneのプロダクト

6-1 COREBlog2

6-2 CMFContentPanels

6-3 LinguaPlone

6-4 日本語環境に必要なプロダクト

6-5 その他のプロダクト

chapter7 テンプレートのカスタマイズ

7-1 ページテンプレート

7-2 Script(Python)

7-3 新たなポートレットを作る

7-4 更新情報をRSSで配信

7-5 連絡フォームのカスタマイズ

chapter8 運用について

8-1 動作チェック

8-2 バックアップ

8-3 データベースのパック

8-4 セキュリティアプデート

8-5 ほかのシステムとの連携

PR

秀和システム