図解入門ビジネス 最新LLPとLLCの基本と仕組みがよ~くわかる本

概 要

LLP(有限責任事業組合)制度とLLC(合同会社)制度をご存知ですか? どちらも「会社」と「組合」の有利な点を取り入れた新しい事業体として注目を集めている新しい会社制度です。本書は、LLPやLLCの設立手続き、運営方法、会計・税務、活用方法などを、豊富な図版とともにやさしく解説。モデル事例も数多く紹介していますので、これから起業を考える人にとって最適の入門書です。すぐに役立つ登記資料サンプル付き。

著者 株式会社リーディング・イノベーション
価格 本体1400円(税別)
ISBN 4-7980-1288-2
発売日 2006/03/29
判型 A5
色数 2色
ページ数 192
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 今、なぜLLP・LLCなのか

1-1 日本の産業活性化策はどうなっているか

1-2 ベンチャー創出の施策はどうなっているか

1-3 なぜ、LLP・LLCが注目されるのか

1-4 アライアンス型の新規事業にLLP・LLCを活用する

第2章 LLP・LLCとは

2-1 なぜLLPやLLCが必要となったのか

2-2 日本版LLPとLLCの誕生

2-3 新会社法でどう変わったか

2-4 新会社法施行後の会社制度はどうなる

2-5 LLPの特徴は何か

2-6 LLPのメリットは何か

2-7 LLPの構成員とその役割

2-8 LLCの特徴は何か

2-9 LLCの構成員とその役割

2-10 LLP・LLCと株式会社との違い

第3章 ベンチャー、新規事業開発とLLP・LLC

3-1 ベンチャー企業にはどんな種類があるか

3-2 なぜ、ベンチャーが期待されるのか

3-3 ベンチャーの弱点は何か

3-4 技術特化・自主企画開発型ベンチャー

3-5 技術特化・下請け受注型ベンチャー

3-6 専門サービス特化・下請け受注型ベンチャー

3-7 専門サービス特化・自主企画開発型ベンチャー

3-8 アライアンス型の新規事業

第4章 LLP・LLCを設立するには

4-1 LLPを設立するには

4-2 LLCを設立するには

4-3 LLPの「組合契約書」をつくるには

4-4 LLCの「定款」をつくるには

4-5 LLPの財産はどうなるか

4-6 LLPと外部との関係はどうなるか

4-7 後からLLPの組合員になるには

4-8 後からLLCの社員になるには

4-9 LLP・LLCを運営するには

第5章 LLP・LLCの会計・税務

5-1 LLP・LLCの会計・税務の特徴は何か

5-2 LLPの会計・税務はどうすればよいか

5-3 LLPの損益分配や内部留保はどうする

5-4 LLPの利益分配の例をみてみよう

5-5 LLPの組合員の損益計上はどうする

5-6 LLPの税務署への申告はどうする

5-7 LLPの損失の取り込みには制限がある

5-8 LLPの消費税の申告はどうする

5-9 LLCの会計・税務はどうすればよいか

第6章 LLP・LLCの事例をみてみよう

6-1 LLPの設立傾向をみると

6-2 先端技術マーケティング普及型LLP

6-3 研究開発・知的財産・実用化型LLP

6-4 中小企業連携・マーケット開拓型LLP

6-5 クリエイター・ネットワーク型LLP

6-6 コンテンツ・共同プロデュース型LLP

6-7 テーマ特化コンサルティング型LLP

6-8 地域ブランド・特産品創出型LLP

6-9 新産業・新起業インキュベーション型LLP

6-10 海外のLLP・LLCはどうなっているか

第7章 LLP・LLC成功のポイント

7-1 LLP、LLC、株式会社のどれを選ぶか

7-2 LLP・LLCのメリットをいかす

7-3 LLP・LLCの選択のポイント

付録

1 日本版LLPの組合契約書(例)

2 日本版LLPの登記関係資料(例:法人の場合)

3 日本版LLPの登記関係資料(例:個人の場合)

4 LLCの定款(例)

5 LLCの登記関係資料(例:法人の場合)

6 LLCの登記関係資料(例:個人の場合)

7 LLPに関する40の質問と40の答え

8 参考文献

PR

秀和システム