プロカウンセラーの「心理の達人」マニュアル

概 要

毎日を楽しく、充実した日々を送っている人々に共通しているのは人間の「心理」に精通していることです。本書はプロの心理カウンセラーが駆使するTA(交流分析)応用心理学や現代催眠(NLP)といった最新の心理技術を、ビジネスやプライベートに応用する方法を分かりやすく解説します。人の心を見抜き、人の心を動かすとともに、自分の心もコントールする、まさに「心理の達人」となるための虎の巻です。

著者 前田大輔
価格 本体1400円(税別)
ISBN 4-7980-1296-3
発売日 2006/04/27
判型 四六
色数 1色
ページ数 288
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 心理カウンセラーに学ぶ「心と関わる達人」の極意

心理カウンセラーに学ぶ「達人」の極意

心理カウンセラーの目標は「健康な心」

「心理のプロ」と「心理学のプロ」はどう違うのか?

これで差がつく!初対面の相手との接し方のポイント

相手の心に深く染み入る話し方

心の問題、悩みの原因はたった一つ

「本当のストレス」は気づかないから怖い

「思い込み」「囚われ」は行動や言葉に現れる

「トラウマ」の正しい扱い方

マズローの欲求段階説はこう使える

自我の欲求段階から抜け出すためには

第2章 TA応用心理学で知る「心を見抜く達人」の極意

TA(交流分析)を駆使する「達人」の極意

だれもが三つの自我状態にあてはまる

相手の関心事はたった二つ

相手が望むこと、恐れることをすばやく見抜く

三つの自我状態の具体的な特徴

失ったときにわかる自我状態

採用面接でTAを活用する方法

会話交流(トランザクション)―互いの自我状態を把握すれば会話もうまくいく

うまくいく会話(パラレル・トランザクション)

ぶつかる会話(クロス・トランザクション)

裏のある会話(ダブル・トランザクション)

会話交流の理論を意識して習慣にしてしまう

存在認知(ストローク)―コミュニケーションのパターンは四つ

ウォームファジーのストローク(暖かい認知)

ルークボルディーのストローク(普通の認知)

コールドプリクリーのストローク(冷たい認知)

目的にあった接し方のエクササイズ

コーナーライフ・ポジション―人の立場は四つに分類できる

各コーナーライフ・ポジションの特徴と傾向

さまざまな態度で分析するコーナーライフ・ポジション

コーナーライフ・ポジションの自我状態

各ポジション別のコミュニケーション術

第3章 現代催眠(NLP)を駆使する「心を動かす達人」の極意

現代催眠(NLP)を駆使する「達人」の極意

催眠術を使わない暗示とは?

現代催眠とNLP(神経言語プログラミング)の違い

催眠は知らず知らずのうち日常的に起きている(催眠サイクルのワナ)

相手を安心させて心を開かせる基本技

第一印象で信頼させる基本中の基本

この世界を知るための三つの方法(表象システム)

相手の心の中を読み取る技法(視線解析)

質問に命令を挿入して抵抗させない技法(挿入命令)

相手に選ばせながら、思い通りの方向に導く技法(前提のコントロール)

相手に勝手に思い込ませる技法(過去完了否定形)

相手に絶対に疑いを抱かせない技法

無意識にメッセージを送り込む技法(例え話と比喩)

正しい暗示の解き方

リソースの存在に気づき悪い催眠から脱け出す方法

すばやく「悪い催眠を解く」ための最良の方法

「主語」の削除と回復がもたらす不思議な説得力

誰の心でも簡単に読めてしまう技法(マインド・リーディング)

心の地図を書き換える技法(アンカーリング)

本質を変えずに印象を変える技法(サブ・モダリティー)

マイナスの物事の意味や状況を好転させてしまう技法(リフレーミング)

PR

秀和システム