ポケット図解 ピーター・ドラッカーの「マネジメント論」がわかる本

概 要

経営学の世界的権威であるピーター・ドラッカーのマネジメント論を本格的に知ろうとすると、分厚く難解な本を何冊も読破しなければなりません。本書は、ドラッカーの代表的な著作からマネジメントにまつわるエッセンスを抽出し、図解を多用しながらわかりやすく解説した入門書です。姉妹編『ピーター・ドラッカーの事業戦略論がわかる本』と併読すればさらに効果的です。

著者 中野明
価格 本体600円(税別)
ISBN 4-7980-1307-2
発売日 2006/04/28
判型 四六
色数 2色
ページ数 136
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ポケット図解
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 ドラッカーとマネジメント

1-1 社会生態学者としてのドラッカー

1-2 ドラッカーの軌跡

1-3 ドラッカーの著作を概観する

1-4 マネジメントに関する主要著作

1-5 著書『マネジメント』の体系を知る

1-6 『マネジメント』を読み解くために

第2章 マネジメントとは何か

2-1 マネジメントの定義

2-2 マネジメントの必要性

2-3 マネジメントの3つの課題

2-4 マネジメントと企業

2-5 顧客を創造するために

2-6 生産性を高めるために

2-7 利益とは何か

2-8 自社を定義する

2-9 顧客は誰なのか

2-10 事業の将来、あるべき事業

第3章 目標および計画の策定

3-1 事業目標の設定

3-2 マーケティング目標

3-3 イノベーション目標

3-4 3つの経営資源と生産性の目標

3-5 社会的責任の目標

3-6 利益目標

3-7 目標から実行へ

3-8 戦略計画への落とし込み

第4章 「マネジメントする人」の仕事と技能

4-1 「マネジメントする人」とは誰か

4-2 「マネジメントする人」の課題と仕事

4-3 目標と自己管理によるマネジメント

4-4 意思決定の技法

4-5 コミュニケーションの技法

4-6 管理の手段、評価の技法

4-7 マネジメントする人の明日

第5章 マネジメント組織のあり方

5-1 悪い組織の症状

5-2 組織設計の基本事項

5-3 組織の必要条件

5-4 組織の建築ブロックの分析手法

5-5 5つの組織構造

5-6 職能別組織

5-7 チーム型組織

5-8 分権組織

5-9 疑似分権組織

5-10 システム型組織

5-11 責任型組織

第6章 トップ・マネジメントと戦略

6-1 トップ・マネジメントの役割

6-2 トップ・マネジメントの構造

6-3 取締役会

6-4 企業の適正規模

6-5 多角化

6-6 企業の成長とマネジメント

6-7 イノベーションの必要性

6-8 組織にイノベーションを組み込む

第7章 現代のマネジメントの課題

7-1 知識社会の到来

7-2 責任による生産性向上のマネジメント

7-3 知識労働者の生産性向上

7-4 変革の担い手になる

7-5 社会の中における企業の責任

7-6 機会の源泉としての社会問題

7-7 責任の限界と責任の倫理

PR

秀和システム