1時間でわかる 図解Web 2.0

概 要

最近、「Web2.0」という新語を耳にしたことがありませんか? 本書は、いまITビジネス、ネットワークビジネスの世界で話題を集めている「Web2.0」という概念の本当の姿や、これからのネットビジネスの方向性を考えるヒントをやさしくわかりやすく解説します。Web 2.0の仕組みを知りたいならこの1冊がお勧めです。

著者 内山幸樹
価格 本体1000円(税別)
ISBN 4-7980-1347-1
発売日 2006/07/12
判型 B5
色数 2色
ページ数 96
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

対談① 竹内崇也×内山幸樹 Web 2.0は、「皆が何かに貢献する」世界

1 Web 2.0を学ぶ前に

Web 2.0の概要

オライリーが提唱した「Web 2.0」

Web 2.0の意義

人とコンピュータは得意分野が違う

Web 2.0以前

人に聞いたほうが早い

コンテンツの選別が不十分

インターネットは人にやさしくない

Web 1.0時代の情報発信とコミュニケーション

2 Web 2.0のすべて

Web 2.0 の全体像

利用者の参加

ブログとは

ブログのトラックバックとは

友達の友達はみな友達:SNS

利用者の知恵の再利用

検索エンジンの革命:ページランクの仕組み

ランキング・サービス

クチコミから新しいサービスを作る

みんなで作る百科事典とホームページリンク集

情報の流通性の拡大

ロングテール

アドセンス

ほしい情報を届けてくれる:RSSリーダー

インタフェースの革命:グーグルマップとAJAX

情報の公開と組み合わせ:マッシュアップ

コラム Web 2.0を体験してみよう

3 Web 2.0とマーケティング

検索連動型広告

SEOとは

ブログがなぜSEOに効くか

SEOブログの経済効果

コミュニティ・ブログの経済効果

テキストマイニングとblogWatcher

対談② 吉松徹郎×内山幸樹 「集合知」で変わったネットビジネス(前編) 70

4 Web 2.0を支える技術

RSSとは

AJAX

フォークソノミー(ソーシャルタギング)

5 Web 2.0の今後

脳業の時代

マイ・コンシェルジュが起こす知識循環

ロングテールによる働き方の変化

知識循環インフラ

対談② 吉松徹郎×内山幸樹 「集合知」で変わったネットビジネス(後編) 90

PR

秀和システム