ポケット図解 最新消費税がよ~くわかる本

概 要

日々の生活でもっとも身近に感じる税である消費税の仕組みは意外と知られていません。納税義務が免除されるケースや、小規模事業者でも課税事業者となったほうが得なケース、13種類の非課税取引など、さまざまな疑問に簡潔に答えます。消費税額の計算方法だけでなく、各種届出書の作成ポイントもつかめますので、実務担当者も必携です。
「ポケット図解 最新消費税がよ~くわかる本[第2版]」出ました!

著者 奥村佳史
価格 本体600円(税別)
ISBN 4-7980-1349-8
発売日 2006/06/13
判型 四六
色数 2色
ページ数 124
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ポケット図解
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 消費税の概要

1-1 消費税の仕組み

1-2 消費税のかかる取引とは

1-3 消費税の納税義務者

1-4 国税と地方税

第2章 納税義務が免除されるケース

2-1 小規模事業者の納税義務は免除される

2-2 基準期間の課税売上高の計算

2-3 課税事業者になることを選択できる

2-4 納税義務の免除の特例①

2-5 納税義務の免除の特例②

第3章 消費税――かかる? かからない?

3-1 課税対象となる国内取引

3-2 対価を得て行われる取引とは

3-3 非課税取引いろいろ

3-4 輸出取引は免税

3-5 国内取引の課税標準と消費税額

3-6 消費税額の端数処理の特例

第4章 差し引かれる税額

4-1 控除税額の計算

4-2 一般課税による控除対象仕入税額の計算手順

4-3 課税仕入れの集計

4-4 課税、非課税の判定

4-5 個別対応方式または一括比例配分方式

4-6 帳簿および請求書等の保存要件

4-7 調整対象固定資産

4-8 免税事業者から課税事業者になった場合の取扱い

4-9 簡易課税制度とは

4-10 2種類以上の事業を営む場合

4-11 売上にかかる対価の返還等をした場合の消費税額の控除

4-12 貸倒れにかかる税額の調整

第5章 申告と納付

5-1 消費税額の計算(一般課税のケース)①

5-2 消費税額の計算(一般課税のケース)②

5-3 消費税額の計算(一般課税のケース)③

5-4 消費税額の計算(一般課税のケース)④

5-5 消費税額の計算(一般課税のケース)⑤

5-6 消費税額の計算(一般課税のケース)⑥

5-7 消費税額の計算(簡易課税を選択しているケース)①

5-8 消費税額の計算(簡易課税を選択しているケース)②

5-9 消費税額の計算(簡易課税を選択しているケース)③

5-10 消費税額の計算(簡易課税を選択しているケース)④

5-11 確定申告書の提出期限

5-12 中間申告

5-13 修正申告と更正

5-14 ペナルティーとしての附帯税

第6章 各種の届出書

6-1 消費税課税事業者届出書

6-2 消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書

6-3 消費税課税事業者選択届出書

6-4 消費税課税事業者選択不適用届出書

6-5 消費税課税期間特例選択・変更届出書

6-6 消費税課税期間特例選択不適用届出書

6-7 消費税簡易課税制度選択届出書

6-8 消費税簡易課税制度選択不適用届出書

PR

秀和システム