オープンソース徹底活用 Xen3.0による仮想化サーバの構築

概 要

インターネットの普及に伴って各種サーバの設置・増設に要するコストは膨大なものとなっています。本書は、オープンソースの仮想化ソフトウェアであるXenを使って、分散するサーバ群を1つにまとめる方法を紹介します。最新のXen3.0とFedoraCore5を使った仮想化技術の基礎から環境構築のほか、仮想マシンにWindowsXPをインストールする方法といった応用例まで幅広く解説しました。FedoraCore5と仮想OSのイメージが収録されたDVD-ROM付きです。Xenを使って限りあるネットワークシステムの資源を有効利用しましょう!

著者 山本雅也
価格 本体2400円(税別)
ISBN 4-7980-1411-7
発売日 2006/08/09
判型 B5変
色数 1色
ページ数 264
CD/DVD Linux/UNIX DVD
対象読者 中級
シリーズ オープンソース徹底活用
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

Chapter 1 仮想化技術と仮想マシン環境

1-1 仮想化技術について

1-2 仮想マシン環境について

1-3 仮想マシン環境のメリット

1-4 仮想マシン環境の種類

Chapter 2 Xen を動かす

2-1 Xen についての基礎知識

2-2 ベースシステムの準備

2-3 Xen のインストールとDomain0 の構築

2-4 サンプルDomain で動作確認

Chapter 3 Domain の管理

3-1 コマンドラインインタフェース

3-2 Web インタフェース

3-3 VM Applet

Chapter 4 Domain の構築

4-1 インストールスクリプトで自動構築

4-2 イメージファイルに構築

4-3 物理ファイルシステムに構築

4-4 LVM の論理ボリュームに構築

Chapter 5 仮想化サーバの構築

5-1 概要

5-2 ドメインの取得

5-3 テンプレートの作成

5-4 DNS/DHCP サーバの構築

5-5 NIS/NFS サーバの構築

5-6 MAIL サーバの構築

5-7 Web/FTP サーバの構築

Chapter 6 応用テクニック

6-1 Domain のバックアップ

6-2 LVM によるDomain 領域の管理

6-3 Domain へグラフィカルにアクセス

6-4 Domain のMigration

Chapter 7 HVM Domain の利用

7-1 VT による完全仮想化

7-2 HVM 対応Xen のインストール

7-3 HVM Domain の設定

7-4 Windows XP のインストール

7-5 リモートデスクトップ接続

PR

秀和システム