TECHNICAL MASTER はじめてのJavaフレームワーク Struts/Spring/Hibernate対応

概 要

本書はWebアプリケーションの効率的な開発を可能にするJavaフレームワークを利用して、人気の高いStrutsや、軽量コンテナのSpring、データベース接続のHibernate、差し込み印刷などを可能にするテンプレートエンジンのVelocityなどのツールの基本と使い方を実践的にわかりやすく解説します。開発環境(Windows版)のほか、サンプルプログラム入りCD-ROM付き。
Eclipse+Javaの関連書籍を、こちらで紹介

著者 岡田賢治
価格 本体2800円(税別)
ISBN 4-7980-1428-1
発売日 2006/09/01
判型 B5変
色数 1色
ページ数 408
CD/DVD Windows
対象読者 中級
シリーズ TECHNICAL MASTER
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 01 開発環境を整える

01-01 実習環境を構築する - OS編

01-02 JDK 1.5.0をそろえよう

01-03 Eclipseをインストールする

01-04 PostgreSQLを導入する

01-05 HTMLエディタプラグインを導入する

01-06 Tomcatを導入する

Chapter 02 Webアプリケーションの全体像

02-01 動作を知ろう

02-02 静的コンテンツと動的コンテンツとは

02-03 外部プログラムを呼び出す

02-04 サーバ側のスクリプト

02-05 標準的なJSP/Servlet環境を理解する

02-06 データベースとつなぐ

Chapter 03 JSP/Servletをプログラミングする

03-01 JSP/Servletについて学習する

03-02 Servletについて学習する

03-03 JSPについて学習する

03-04 CookieではなくHttpSessionで管理する

03-05 JSP/Servletの実習

Chapter 04 データベースの基礎

04-01 PostgreSQLって何だろう

04-02 PostgreSQLの構成を学習する

04-03 データベースのコマンドを学習する

04-04 データベースの高度な機能とは

04-05 psqlコマンドを用いて簡易データベースを作成する

Chapter 05 JDBC

05-01 Javaから接続する

05-02 JSP/Servletから接続する

05-03 サンプルデータベースを構築する

05-04 JDBC経由でデータベースにアクセスする

Chapter 06 Hibernateを導入する

06-01 言語とデータを対応付ける

06-02 SQLに似た言語でJavaから利用する

06-03 サンプルデータベースにアクセスする

06-04 設定ファイルを自動生成する

Chapter 07 フレームワークの基礎

07-01 フレームワークはハリウッドモデル

07-02 フレームワークの詳細な利点を見てみよう

07-03 ライブラリとは

Chapter 08 Strutsを導入する

08-01 Strutsについて学習する

08-02 ActionFormクラスについて学習する

08-03 Actionクラスについて学習する

08-04 値を検証する

08-05 Strutsをインストールする

Chapter 09 小規模アプリケーションの開発

09-01 簡単なアプリケーションを開発する

09-02 アプリケーションの動作を理解する

09-03 アプリケーションを開発する

09-04 クラス依存の問題を検証する

Chapter 10 Springを導入する

10-01 ビジネスロジックを導入しよう

10-02 データアクセスのパターンをつかもう

10-03 Springの考え方を理解しよう

10-04 オブジェクトに属性を注入する

10-05 Hibernateと連携しよう

10-06 トランザクションを管理しよう

Chapter 11 Velocityを導入する

11-01 差し込み印刷で理解しよう

11-02 デザインとアプリケーションを分ける

11-03 Velocityをインストールする

11-04 簡単なアプリケーションを実行する

Chapter 12 テンプレートエンジンを使う

12-01 サンプルプログラムの表示を変更する

12-02 表示用Beanの導入

12-03 Velocityでアプリケーションを書き換える

Chapter 13 中規模アプリケーションの開発

13-01 アプリケーションの動作を考えよう

13-02 アプリケーションを設計する

13-03 アプリケーションを開発する ①

13-04 アプリケーションを開発する ②

13-05 こんなところに気をつけよう

PR

秀和システム