図解入門ビジネス 景気変動と経済政策がよ~くわかる本

概 要

本書は、日銀短観、GDP、GNP、国際収支、国債などの景気にまつわる用語の解説と、景気循環のメカニズム、財政政策、金融政策など、景気や経済を読み解く上で必要になる知識をまとめてやさしく解説した経済・金融入門講座です。本書を読めば、自分なりの景気の見通しを立てることができます。また、経済ニュースの見方・読み方がわかります。

著者 山澤成康
価格 本体1500円(税別)
ISBN 4-7980-1442-7
発売日 2006/10/13
判型 A5
色数 2色
ページ数 216
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 なぜ景気は動くのか

1-1 経済主体

1-2 景気と財政・金融政策

1-3 景気循環の局面

1-4 古典的循環論

1-5 在庫循環

1-6 景気循環の理論

1-7 インフレとデフレ

1-8 戦後の景気循環

1-9 プラザ合意とバブル経済

1-10 バブル崩壊

1-11 政策不況

1-12 正常化する日本経済

1-13 IS-LM分析

1-14 新古典派のケインズモデルへの批判

第2章 景気を見るための指標

2-1 景気の見方

2-2 月例経済報告

2-3 景気動向指数

2-4 景気基準日付

2-5 日銀短観

2-6 GDP

2-7 GDPとGNPの違い

2-8 GDPの内訳

2-9 名目と実質

2-10 GDPギャップ(需給ギャップ)

2-11 GDP成長率と景気

2-12 さまざまな消費の仮説

2-13 消費の統計

2-14 さまざまな投資理論

2-15 設備投資の統計

2-16 住宅投資の統計

2-17 国際収支

2-18 生産・企業活動の統計

2-19 企業データ①

2-20 企業データ②

2-21 雇用統計

2-22 物価

2-23 物価が変動する要因

2-24 株価

2-25 為替レート

2-26 海外経済

2-27 原油価格

2-28 経済統計の見方

2-29 季節調整値と伸び率

2-30 前期比年率と寄与度

2-31 指数

第3章 財政政策

3-1 財政とは

3-2 財政政策の決定メカニズム

3-3 国のお金の使い道

3-4 直接税か間接税か

3-5 転嫁と帰着

3-6 経済対策

3-7 公共投資の効果

3-8 減税

3-9 財政政策無効論

3-10 クラウディングアウト

3-11 財政再建

3-12 国債の発行

3-13 基礎的財政収支

3-14 財政投融資

3-15 地方財政と国の財政の関係

第4章 金融政策

4-1 金融の仕組み

4-2 金利とは

4-3 金融市場

4-4 期間構造─金利はどのようにして決まるのか

4-5 リスクとリターン

4-6 債券の価格と金利

4-7 銀行の種類

4-8 日本銀行の役割

4-9 金融政策の波及メカニズム

4-10 金融政策の決定メカニズム

4-11 お金とは何か?

4-12 民間にあるお金の量がマネーサプライ

4-13 銀行は預金を使ってお金を流通させる

4-14 ハイパワードマネー

4-15 マネーサプライとGDPの関係

4-16 金融政策の歴史

4-17 ゼロ金利政策

4-18 量的緩和政策

4-19 インフレターゲット

4-20 非不胎化介入

4-21 金融システムの安定

第5章 これからの景気を考える

5-1 景気循環の図式

5-2 消費と景気

5-3 投資と景気

5-4 企業収益と景気

5-5 金利と景気

5-6 株と景気

5-7 為替レートと景気

5-8 海外経済と景気

5-9 原油価格と景気

5-10 少子・高齢化と景気

5-11 環境問題と景気

5-12 規制緩和と景気

PR

秀和システム