ポケット図解 最新憲法がよ~くわかる本

概 要

改憲・護憲をめぐって、憲法をめぐる議論はさらに激しさを増しています。本書は日本国憲法の内容をコンパクトにわかりやすく解説したものです。成り立ちから、その目的、構成を取り上げながら、私たちにとって最も関係の深い権利規定の解説を中心に、憲法になじみのない人でも楽しく憲法の基本を身につけることができる日本一わかりやすい入門書です。

著者 中井多賀宏
価格 本体800円(税別)
ISBN 4-7980-1473-7
発売日 2006/11/02
判型 四六
色数 2色
ページ数 164
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ポケット図解
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

現在サポート情報はありません

目次

第1章 憲法総論

1-1 法律って何だろう?

1-2 憲法って何だろう?

1-3 日本国憲法の三大原理 ~国民主権~

1-4 日本国憲法の三大原理 ~平和主義~

1-5 日本国憲法の三大原理 ~基本的人権の尊重~

1-6 日本国憲法の最高理念である「個人の尊厳」(憲法13条)

1-7 個人の尊重(尊厳)及び幸福追求権(13条)

1-8 法の下の平等(14条)

1-9 公務員の選定・罷免権(15条)

1-10「請願権」(16条)、国及び公共団体の賠償責任(17条)

1-11 奴隷的拘束・苦役からの自由(18条)

1-12 思想及び良心の自由(19条)

1-13 信教の自由(20条)

1-14「政教分離の原則」について

1-15 集会・結社・表現の自由、通信の秘密(21条)

1-16 表現の自由がもつ2つの価値

1-17「知る権利」について

1-18 検閲の禁止・通信の秘密について

1-19 居住・移転及び職業選択の自由・外国への移住及び国籍離脱の自由(22条)

1-20 学問の自由(23条)

1-21 家族生活における個人の尊厳と両性の平等(24条)

1-22 生存権、国の生存権保障義務(25条)

1-23 教育を受ける権利、教育を受けさせる義務(26条)

1-24 勤労の権利・義務、勤労条件の基準、児童酷使の禁止(27条)

1-25 労働者の団結権・団体交渉権その他団体行動権(28条)

1-26 財産権(29条)

1-27 納税の義務(30条)及び適正手続の補償(31条)

第2章 統治機構

2-1 国会・内閣・裁判所の関係(三権分立について)

2-2 行政権から立法権への抑制手段 ~衆議院の解散~

2-3 国会から裁判所への抑制手段

2-4 司法権から立法権への抑制手段

2-5 行政権から司法権への抑制手段、司法権から行政権への抑制手段

2-6 国会~国民に最も近い国家機関~

2-7 「国権の最高機関」について(41条)

2-8 「国の唯一の立法機関」について ~国会単独立法の原則~

2-9 「国会単独立法の原則」の例外

2-10 衆議院の優越、衆議院の解散

2-11 国会の権能

2-12 財政に関する統制権

2-13 議院の権能

2-14 国政調査権の法的性質

2-15 司法権との関係

2-16 議員の特権

2-17 内閣

2-18 議院内閣制と大統領制との違い

2-19 内閣総理大臣の地位と権能

2-20 内閣の権能(73条)

2-21 裁判所

第3章 地方自治

3-1 地方自治の意義

3-2 地方自治の本旨

第4章 天皇

4-1 天皇

PR

秀和システム