図解入門 よくわかる最新金属の基本と仕組み

概 要

金属は、自動車や家電製品、ジュース缶など、あらゆる工業製品の素材となり、我々の生活を支えています。本書は、機械や金属についての素朴な疑問から、金属の性質、加工、生産、非鉄金属、表面処理まで、図解とわかりやすい解説で紹介します。また、技術士(金属)試験の副読本としても使えます。

著者 田中和明
価格 本体1600円(税別)
ISBN 4-7980-1486-9
発売日 2006/10/26
判型 A5
色数 2色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 金属の基礎

1-1 金属とは

1-2 金属の学び方

1-3 周期表における金属

1-4 原子の構造と結合

1-5 金属の構造

1-6 磁性

1-7 弾性・塑性

1-8 酸化・還元

1-9 金属の色と炎色反応

1-10 電気物性・熱物性

1-11 金属の存在比率

第2章 金属材料の基礎

2-1 金属材料の構成

2-2 結晶の構造

2-3 合金の構造

2-4 格子欠陥

2-5 鉄-炭素系平衡状態図

2-6 金属の強度

2-7 金属の強化機構

2-8 加工硬化・回復・再結晶

2-9 時効と析出

2-10 脆性破壊と延性破壊

2-11 疲労破壊

2-12 水素脆性破壊

2-13 鋼の熱処理にともなう脆性

2-14 クリープ破壊

第3章 金属加工入門

3-1 均質な素材―素材製造のための塑性加工①

3-2 ロール圧延―素材製造のための塑性加工②

3-3 せん断加工―製品加工のための塑性加工①

3-4 曲げ加工―製品加工のための塑性加工②

3-5 深絞り加工:ディープ・ドローイング ―製品加工のための塑性加工③

3-6 張り出し成形:バルジング―製品加工のための塑性加工④

3-7 引き抜き加工:ドローイング ―製品加工のための塑性加工⑤

3-8 押し出し加工―製品加工のための塑性加工⑥

3-9 鍛造:フォージング―製品加工のための塑性加工⑦

3-10 熱処理の目的―熱処理の概要①

3-11 焼入れと組織―熱処理の概要②

3-12 焼もどし―熱処理の概要③

3-13 焼なましと焼ならし―熱処理の概要④

3-14 特殊熱処理―熱処理の概要⑤

3-15 各種接合方法―接合①

3-16 サブマージドアーク溶接の機構―接合②

3-17 切る技術―除去加工技術①

3-18 溶断技術―除去加工技術②

3-19 切削と研磨―除去加工技術③

3-20 粉末冶金と粉末成形

第4章 鉄鋼生産の仕組みと基本

4-1 鉄鋼生産量の大変革―いま、鉄鋼業に何が起こっているのか①

4-2 中国の大増産と世界的な企業の集約化 ―いま、鉄鋼業に何が起こっているのか②

4-3 主な鉄鋼生産プロセス

4-4 製銑プロセス

4-5 転炉―製鋼プロセス①

4-6 二次精錬―製鋼プロセス②

4-7 連続鋳造概要―鋳造プロセス①

4-8 鋼の欠陥―鋳造プロセス②

4-9 熱延プロセス(加熱炉、デスケーリング、熱間圧延)

4-10 冷延プロセス(酸洗、冷間圧延、焼鈍炉)

4-11 鋼の種類―JISの読み方

4-12 ステンレス鋼―SUS材

4-13 主要産業別必要鋼材

4-14 自動車向け鋼材の最近の話題

第5章 非鉄金属入門

5-1 非鉄金属

5-2 各金属の精錬方法

5-3 銅と銅合金の性質

5-4 アルミニウムと合金の性質

5-5 マグネシウムの性質

5-6 チタンの性質

5-7 新機能素材にまつわる最新トピックス

第6章 表面技術入門

6-1 錆びとスケール

6-2 主要腐食メカニズム

6-3 錆びと腐食を防ぐ方法

6-4 表面処理

6-5 湿式改質法

6-6 溶融法

6-7 物理蒸着と化学蒸着

6-8 表面清浄化法

6-9 表面熱処理

PR

秀和システム