図解入門 よくわかる最新量子論の基本と仕組み

概 要

ベストセラー『99.9%は仮説』著者によるビジュアル量子論入門! 量子論は相対性理論と並ぶ現代物理学の基礎であり、素粒子から宇宙誕生のしくみまで記述する驚くべき物理法則です。本書は「シュレディンガーの猫」「ボームの量子ポテンシャル」「ファインマンのくりこみ」を3本柱に、我々の常識をはるかに超えた驚くべき量子論の世界を、やさしく解きほぐした解説で定評のあるサイエンスライター竹内薫氏(日本テレビ「NEWS ZERO」火曜キャスター)がイラストや図をふんだんに用いてガイドします。

著者 竹内薫
価格 本体1300円(税別)
ISBN 4-7980-1491-5
発売日 2006/10/27
判型 A5
色数 2色
ページ数 184
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 シュレディンガーの猫(量子論の確率解釈)

1-1 量子とはなにか

1-2 シュレディンガーの登場

1-3 量子論の歴史

1-4 シュレディンガー方程式を解剖する

1-5 Ψは、なぜ波動なのか

1-6 波動関数Ψの隠された意味

1-7 確率波を見てみる

1-8 観測により確率波は100%、どこかに収縮する

1-9 ハイゼンベルクの不確定性原理

1-10 「実在論」対「実証論」

1-11 「シュレディンガーの猫」のパラドックスをじっくり考える

1-12 「シュレディンガーの猫」の現代的な展開

第2章 ボームの量子ポテンシャル(異端の量子論)

2-1 2スリット実験(波動の場合と粒子の場合)

2-2 2スリット実験(量子の場合)

2-3 量子論でとらえた原子の姿

2-4 異端の物理学者ボームの登場

2-5 隠れた変数とは何か

2-6 スピン変数とシュテルン・ゲルラッハ装置

2-7 スピン変数も観測しないと決まらない?

2-8 EPRパラドックスとベルの定理

2-9 ベルトルマン博士の靴下

2-10 ベルの不等式

2-11 量子のからみあい

2-12 アスペの実験

2-13 真打ち登場 デヴィッド・ボームの反乱

2-14 量子ポテンシャルを見てみる

2-15 量子ポテンシャルと経路

2-16 不確定性が効いてくるので予測は確率的

2-17 トンネル効果のコペンハーゲン解釈

2-18 トンネル効果のボームによる解釈

2-19 トンネルを通り抜ける量子の経路

2-20 量子論はニュートン力学にブラウン運動を足したもの?

2-21 「ボーム流量子論」についての補足

第3章 ファインマンのくりこみ(無限大の困難)

3-1 くりこみの例(数学から)

3-2 くりこみ理論を考えた物理学者たち

3-3 ファインマン図入門

3-4 ファインマン・スコープの使い方

3-5 過去と未来の意味

3-6 真空偏極

3-7 無限大の困難

3-8 「摂動」という考え方

3-9 走る結合定数

3-10 「切断」と高次のくりこみ

3-11 かえって話がこんがらがってしまったひとのためのまとめ

PR

秀和システム