図解入門ビジネス 最新建築基準法の基本と仕組みがよ~くわかる本

概 要

相次ぐ耐震偽装事件の発覚を受け、平成18年6月に建築基準法が改正されました。本書はこの最新の改正に対応した、建築基準法のやさしい入門書です。イラストを多用しながら難解な法律の条文をわかりやすく読み解いていますので、初心者でも安心して学べます。建築士受験用にも使えます。巻末には罰則事例集や関連法令の抜粋を収載しました。

著者 不動産・建築行政法規研究会
価格 本体1600円(税別)
ISBN 4-7980-1506-7
発売日 2006/11/22
判型 A5
色数 2色
ページ数 240
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。 あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

建築基準法とは?

法令を読むための基礎知識

第1章 用語の定義

1-1 建築物・特殊建築物

1-2 建築設備・居室

1-3 主要構造部・構造耐力上主要な部分

1-4 建築

1-5 大規模修繕・大規模模様替え・用途変更

1-6 延焼のおそれのある部分

1-7 耐火構造

1-8 準耐火構造

1-9 防火設備・特定防火設備

1-10 防火構造

1-11 防火材料(不燃材料等)

1-12 耐火建築物

1-13 準耐火建築物

1-14 建築物の敷地

1-15 面積の算定方法

1-16 建築物の高さ・軒の高さ

1-17 建築物の階数・地階・避難階

1-18 建築士

1-19 建設業者

1-20 簡易な構造の建築物

1-21 仮設建築物

1-22 既存不適格建築物・文化財建築物の特例

第2章 建築物の一般構造

2-1 採光に必要な開口部

2-2 換気設備

2-3 化学物質の発散と衛生上の措置

2-4 居室の天井及び床の高さ

2-5 結露・地階の防湿措置

2-6 遮音構造

2-7 階段の安全上の措置

2-8 トイレの衛生上の措置

第3章 構造強度

3-1 構造設計の原則

3-2 木造建築物の構造

3-3 木造建築物の耐震・耐風

3-4 木造建築物の構造耐力上必要な軸組等

3-5 組積造の構造

3-6 鉄骨造の構造

3-7 鉄筋コンクリート造の構造

第4章 建築設備

4-1 建築設備とは何か

4-2 給水設備

4-3 排水設備

4-4 昇降機

4-5 電気設備・避雷設備

4-6 ガス設備・その他の設備

4-7 消防用設備

第5章 建築防火対策

5-1 建築物の防火対策

5-2 防火地域の建築制限

5-3 準防火地域の建築制限

5-4 特定行政庁の指定と屋根の不燃化

5-5 木造大規模建築物と防火措置

5-6 木造大規模建築物と防火壁等

5-7 防火区画

5-8 特殊建築物等の内装の制限

第6章 避難施設等

6-1 廊下・出入り口の規制

6-2 避難階段の設置

6-3 排煙設備の設置

6-4 非常用の照明装置

6-5 非常用の進入口の設置

6-6 非常用昇降機の設置

第7章 建築基準法と都市計画法

7-1 建築基準法と都市計画法の関係

7-2 都市計画区域と準都市計画区域

7-3 区域区分と建築制限

7-4 用途地域と建築物の用途制限(商業・工業系)

7-5 用途地域と建築物の用途制限(住居系)

7-6 道路

7-7 道路と建築物の敷地

7-8 道路内の建築制限

7-9 容積率の意味

7-10 容積率の制限

7-11 容積率算定の特例

7-12 建ぺい率の意味

7-13 建ぺい率の算定

7-14 建築物の高さ制限

7-15 道路斜線制限とは何か

7-16 道路斜線制限の内容

7-17 隣地斜線制限

7-18 北側斜線制限

7-19 日影規制

7-20 外壁の後退距離・壁面線の指定

第8章 建築確認

8-1 建築確認とは何か

8-2 建築確認を行う機関

8-3 建築確認が必要な建築物

8-4 建築確認の申請手続

8-5 中間検査・完了検査

付録

●これをやったら×! 違反是正措置と罰則事例(抜粋)

●建築基準法等抜粋

PR

秀和システム